高橋源一郎」タグアーカイブ

内田樹氏のブログ「暴言と知性について」を批判する

松本復興相の辞任について、Twitter上で内田樹氏のブログを引用しているツイートがあった。その内田樹氏のブログの原文は、以下のリンクから読める。
「暴言と知性について」(ブログ「内田樹の研究室」2011/07/05)
このブログの最後の部分だけを引用しておくが、読者の皆さんは必ず全文をお読みになった上で、以下の僕の反論をお読みいただきたい。
「松本大臣の『暴言』は単なる非礼によって咎められるのではなく(十分咎めてよいレベルだが)、この危機滴状況において、彼の威圧的態度が『バカを増やす』方向にしか働かないであろうこと(それは日本の危機を加速するだけである)を予見していない政治的無能ゆえに咎められるべきだと私は思う」
内田氏の論旨は、松本前復興相の威圧的な発言は、相手を恫喝することで、相手の知的能力を低下させる方向にしか働かず、いまの日本の危機的状況においてはデメリットの方が大きい、ということだ。
この内田氏の議論がおかしいのは、松本前復興相の「暴言」と呼ばれているものを、「暴言」だと報道したマスメディアの存在を、まったく問題にしていない点である。
内田樹氏を含め、僕らのほとんどが、松本前復興相と知事たちのあの日のやりとりについて、マスメディアを通した情報しか手に入れていないはずだ。あの場にじっさいに立ち会ったのは、立ち入りを許された記者たちだけだろう。
だとすれば、マスメディア経由でうけとった情報について、それを伝えたメディアに偏りがなかったかどうかを、まず検証する必要がある。その後でなければ、松本前復興相の人柄や言動について、あれこれ言えないはずだ。
たとえば、あの「暴言」が会議室の中で話されるまで、松本前復興相と知事たちの間には、他にもやりとりがあったはずだ。
そのいくつかは記者たちの記録からも漏れたかもしれないし、記録はされたが報道されなかった部分もあるはず。
メディアは、放送時間や紙面に限りがあり、すべてを伝えることはできない。それぞれのメディアが伝えるべきだと判断した部分だけを編集して伝える。これは仕方ないことだ。
ただし重要なのは、メディアが情報を編集するとき、まったく主観が入らない中立的で客観的な編集などというものが存在するかということ。
もちろん、まったく主観が入らない編集などというものは存在しない。
メディアの中立性に限界があることをわかった上で、メディアが僕らに伝える情報をどう解釈するか。それがいわゆるメディア・リテラシーの基本中の基本だ。
日本の学校教育では、メディア・リテラシーの「メ」の字も教育されないので、メディアというフィルタを通して受けとった情報を、まるで自分が直接見てきた事実であるかのように、そのまま信じる人たちが、残念ながら多い。
もう少し具体的に書こう。
あの松本前復興相の発言が、最初に報じられたとき、すべてのメディアが「暴言」や「失言」というマイナスの評価をしていたわけではない。
細かい経緯になるが、松本前復興相は会議室の中にいる記者たちに、この発言は「オフレコだぞ」というバカげた指示をしたらしい。
メディアには報道の自由があるのだから、事前の約束でもない限り、松本前復興相がメディアの流す情報を一方的にコントロールする権利はない。この発言だけを取り上げれば、まったくひどい政治家だ。
しかし「オフレコだぞ」という言葉に反して、勇敢にも会議室内での一連の発言を報道したのは、なんと意外にも東北放送の一社だけだった。
その東北放送のニュースを見た視聴者が、録画したものをYouTubeにアップロードすることで、ネット上で一気に松本前復興相の会議室での発言が広まった。
それも、ほぼ東北放送が報道したかった意図、つまり、被災者の心情を逆なでするひどい発言だ、知事を見下すような発言だ、という意図のとおりに広がっていった。
その後、他のマスメディアが、松本前復興相の発言を「失言」だ「暴言」だと非難し始めたのは、みなさんご承知のとおりだ。
さて、最初に会議室内の例の発言「だけ」を切り取ってニュースにした東北放送というメディアは、松本前復興相と知事たちとの間で交わされたコミュニケーションを、完全に客観的かつ公平に伝えたと、誰が断言できるだろうか。
というより、完全に客観的かつ公平に伝える必要があるだろうか。
被災地である東北にある放送局が、すでにさまざまな角度から非難されている菅政権の一大臣の威圧的な言葉づかいを、非難する意図で報道するのはきわめて自然だ。
東北放送には松本前復興相の発言を、そのような意図で編集、加工してから報道する自由がある。僕はその報道の自由を否定するつもりは全くない。
ただし、その報道をうけとる僕らは、あらゆる報道の背後には一定の意図や作為があり、その意図や作為にそって編集されていることを、ちゃんと知っておかなければならない。
それを知った上でどう判断するかは個人の自由だけれども、内田樹氏のブログのように、松本前復興相の発言が、客観的な事実として「暴言」であることを暗黙の前提であるかのように議論を始めるのは、議論として雑だ。
そもそもメディアというものは、内田樹氏が良しとしている「発言のマナー」を、とてもよくわきまえている。
そして、視聴者たちの「知性のパフォーマンスを高める」(上記ブログから引用)ように、「相手のペースに合わせて、相手が話にちゃんとついてきているかどうかを慎重に点検しながら」(同引用)、短いニュースへ編集することにかけては、いわばプロである。
内田樹氏はそういったメディアの功罪の両面を、上記のブログの中で十分に考慮しているとは思えない。
この日本の危機的状況において、相手のペースに合わせることで、相手の知性のパフォーマンスを高めることを、無条件に良しとしていいのか。それこそ国民の思考停止という、別の危機的な状況をまねくのではないか。
むしろ相手に反感を抱かせることで、批判的な目を開かせることも必要なのではないか。
現にメディアの総攻撃によって、国民は松本氏を辞任に追い込むことに成功した。しかも、民主党への政権交代が起こる前、自民党政権の時代から、ここ10年ほど似たようなことがくりかえし起こっている。
国民の意志を政府に反映させるには、「選挙」という法的な手続がある。それをふむことなく、ほとんどメディアの力だけによって世論が動き、というより動いたように見え、自民党時代をふくめて首相がつぎつぎに交代してきた。
これは他でもなく、メディアが「発言のマナー」をわきまえているからだ。
メディアは、国民をバカにするような、上から目線の物の言い方を慎重に避ける。
メディアは、わかりやすく話せる司会者を起用し、わかりやすい言葉で、わかりやすいビデオで、視聴者の身にしみる実例を挙げて、国民に「なるほど・・・そう言われれば、そうですね」と思わせることに努力してきた。
だからこそ、選挙という、本来ふむべき法的な手続きもないまま、内閣がつぎつぎに交代するということが起こり続けてきたのだ。
このようなメディアの最大の罪は、国民に「あなたたちはバカではありません。十分に知的ですよ。だから、私たちが伝えている以上のことを勉強する必要はありませんよ」と、暗に伝えつづけることで、国民を本当のバカにしつつあることだ。
そしてメディアは、決して客観的でも中立でもない。たとえば、テレビ局の大手スポンサーには電力会社がいて、その広告収入で、日本の原発は安全ですと、これまで大半の国民に信じさせることに、現に成功してきた。僕自身も含めて。
この事実をふり変えれば、メディアが「発言のマナー」の達人であることがわかるし、「発言のマナー」をわきまえることが、必ずしも相手(=国民)の知的レベルを上げることにつながらないこともわかる。
それでも内田樹氏は、「できるだけ『バカが多い』方が自分の相対的優位が確保できる」(同引用)と思っている「エスタブリッシュメントの諸君」(同引用)を否定するのだろうか。
バカにするような「暴言」を吐かれると、萎縮して思考停止になってしまい、逆に持ち上げられると、自信をもって勉強にはげむ。
現実にそうなるかどうかは、純粋に一人ひとりの性格や資質によるのであって、すべての日本人が普遍的に「暴言」に対して萎縮して思考停止するわけではないだろう。
内田樹氏が、学生との1対1の関係における経験を、日本人全員に普遍化している点には明らかに無理がある。
むしろ「暴言」を吐かれても、「甘言」にまどわされそうになっても、その「暴言」や「甘言」の背後にどういう意図があるのか、冷静に考えられる能力こそ、危機的な状況にある日本にとって必要なのではないか。
特に、その「暴言」や「甘言」がメディアによって伝えられるとき、表向きの乱暴さや、表向きのわかりやすさの背後にある意図を、あらためて考えてみる能力、つまり、メディアリテラシーが必要になるのではないのか。
その意味では、「暴言」を一方的に危険視する内田樹氏の論は、この危機的な状況にある日本にとって、かえって危険な考え方だと言える。

藤波心さんを理想化するトホホな大人たち

昨晩、Twitter(ツイッター)で僕がつぶやいた、藤波心さんについてのツイートが原因で、彼女の支持者たちと面倒なやりとりに巻きこまれた。
そのなかで藤波心さんの支持者たちが、意外にもひどくナイーブで、おめでたい人たちであることがわかった。それを検証するために、次のような問いを立てて、以下、論じてみたい。
問い:「藤波心さんとアグネス・チャンは脱原発で共闘できるか?」
まずTwitter上での藤波心さんと僕のやりとりの経緯をまとめておく。
最初に僕はJ-WAVEに出演した彼女の潔い話っぷりに心を打たれ、以下のようにつぶやいた。藤波心さんあてに@をつけてつぶやいたわけではない。
「反原発運動のジャンヌ・ダルク」、藤波心さん。只今J-WAVEに出演中。原発問題を熱く語ってます。彼女のDVDは今後も児童ポルノ扱いにならないのでしょうか。中学生のきわどい半裸に興奮する男がいなければ、今の彼女はなかったわけで…。
2011/06/14 21:23
これに対してある方から、藤波心さんは「児童ポルノ」と呼べるようなきわどい仕事はしていないですよ、というご指摘を頂いたので、ネットを検索して下のような図をお送りした。(職場でご覧の方はご注意を)
DVD『となりのココロ 下巻』ジャケット写真
ちなみに、このDVDの発売日は東日本大震災のちょうど1か月前の2011/02/11、藤波心さんは14歳である。
ご存知のように、近年日本では児童ポルノの単純所持まで処罰しようという議論があるため、藤波心さんの出演作品も、アマゾンや楽天のような大手サイトは自主規制をしており、入手できないものが多い。
参考までに藤波心さん出演のDVDのジャケット画像、および、グラビア画像をいくつか貼り付けておく。(職場でご覧の方はご注意を)
DVD『コドモココロ オトナココロ コドモココロ編』(2009/02/03発売 当時12歳・小6)
DVD『コドモココロ オトナココロ オトナココロ編』(2009/02/03発売 当時12歳・小6)
DVD『ここまにょ 第1巻』(2009/07/10 当時12歳・中1)
DVD『ここまにょ 第2巻』(2009/10/09 当時12歳・中1)
DVD『ここまにょ 第3巻』(2010/01/08 当時13歳・中1)
DVD『小悪魔 COCORO』(2010/09/10 当時13歳・中2)
DVD『コスって!!COCORO』(2010/12/31 当時14歳・中2)
藤波心さんグラビア画像1
藤波心さんグラビア画像2
藤波心さんグラビア画像3
以上、藤波心さん出演のDVD情報はこちらのウェブページを参考にさせて頂いた
さて、藤波心さんが日本では児童ポルノ自主規制スレスレの、いわゆる「ジュニアアイドル」もののDVDに出演していることを知った上で、僕は次のようにつぶやいた。これも藤波心さんに対して@をつけたツイートではない。
ちなみに「脱原発のジャンヌ・ダルク」藤波心さん、先程のJ-WAVE出演の最後に「芸能界の底辺のB級アイドルとしてもがんばります」とサラッと語ってました。小学生でマイクロビキニ姿を撮られるのを、仕事として受け入れるのは容易ではないでしょうね。
2011/06/14 22:27
僕がこのツイートをした2日後、なんと当の藤波心さんが、どこからか知らないが僕のこのツイートをみつけて、リツイートをして下さったのだ。そのリツイートは以下のとおり。
マイクロシーベルトは受け入れられないですけどね。(笑) グラビアは好きです。@todkm 先程のJ-WAVE出演の最後に「芸能界の底辺のB級アイドルとしてもがんばります」とサラッと語ってました。マイクロビキニ姿を撮られるのを、仕事として受け入れるのは容易ではないでしょうね。
2011/06/16
ちなみに、僕は現状の日本における児童ポルノの法的規制には反対だ。
その理由は、そもそも児童ポルノの規制は被写体である児童の人権保護が目的であるにもかかわらず、日本における法規制が児童ポルノの流通や単純所持を規制するという、まったく見当違いの方に向かっているからだ。
このようなことを書くと、「藤波心さんの出演するDVDが児童ポルノにあたるかのように書くことこそ、彼女に対する冒とくだ」と非難されるかもしれない。
ただ、日本のいわゆる児ポ法はご承知のように、性器や性行為の描写がなくても、出演者が18歳未満であり、「性欲を興奮させ又は刺激する」ものであれば規制の対象とする。
その上、東京都では、実在の児童でなくても、マンガやアニメなどの架空の児童をも法規制の対象にしようとしている。
実際の同法の運営はきわめて恣意的におこなわれているので、藤波心さんのDVDの販売が同法に抵触するのか、はっきりしたことは分からない。
ただ、アマゾンや楽天など、メジャーなサイトが、特に小学生時代の藤波心さんが出演したDVDの販売を自粛していることは、れっきとした事実である。
また、上にあげたようなDVDジャケットの写真をご覧になって、これらのDVDを4,000円で購入する人が、性的な刺激を得るためではなく、純粋に藤波心さんが子供らしく、かわいいから買うのだ、と思う方は、どうぞ合理的な反論をして頂きたい。
性的な刺激を得るためでないなら、なぜ藤波心さんがビキニ姿で脚を広げる必要があるのか。わざわざお尻にくい込むほど小さなマイクロビキニを着る必要があるのか。少なくとも僕は、合理的に説明できない。
要するに、藤波心さんが出演するDVDを購入する人の多くが、若干の性欲の興奮や刺激を求めて買っているのは、厳然たる事実である。
そして重要なのは、藤波心さん自身、それを分かった上で、9歳のころからこうした「ジュニアアイドル」の仕事を続けているということだ。
藤波心さんは、悪い大人にだまされているわけではない。自分の出演しているDVDが、購入した男性の自慰行為に使われることを知らないまま、マイクロビキニを着ているわけではない。
そういった背景を自覚した上で「ジュニアアイドル」の仕事をしているのだということを、まずおさえておこう。
なので、僕が藤波心さんから上述のツイートを頂いたときには、マイクロビキニとマイクロシーベルトをひっかけて、自虐をよそおいつつ脱原発の政治的主張をする彼女の聡明さに関心したのだ。
ところが、である。
その後、上述の藤波心さんのツイートについて、完全に間違った理解をする大人が続出したのである。最初に僕あてにとどいたのが以下のツイートだ。
(やっぱ再掲)しょーもない突っ込みを、格上げツイートできる彼女に脱帽。 QT @fujinamicocoro: マイクロシーベルトは受け入れられないですけどね。@todkm マイクロビキニ姿を撮られるのを、仕事として受け入れるのは容易ではないでしょうね。
2011/06/18
僕が「マイクロビキニ姿を撮られるのを、仕事として受け入れるのは容易ではないでしょうね」と書いたのは、藤波心さんが、自分の意志で「ジュニアアイドル」の仕事を選んだとはいえ、もしかしたら内心の葛藤があったのでは、という意味だ。
決して、「脱原発みたいな偉そうなことを言ってるくせに、マイクロビキニなんか着てるんじゃねぇ~よ」、という意味で書いたのではない。それは僕のツイートの文脈を読めば誰でもわかる。
そのちょっと読めばわかることを、「まるこ @maruco2271」さんは勝手に誤解して僕を非難したのだ。僕としては迷惑千万である。
おまけにこの「まるこ @maruco2271」さんの誤解を真にうけて、さらにリツイート(転送)する人がたくさん出てくる始末。
なかでも最も理解に苦しむのは「Tatsuhiko Fuyusawa @fuyusawa」さんの以下のご意見である。
15歳の少女に向かってマイクロビキニ云々は、セクハラの要件を満たします。30代にもなって、そんなことにも思い至らないのですか。 RT @todkm: J-WAVEに出演した藤波心さんの、潔い言葉に心を打たれ、その感想をつぶやいただけなのに、
2011/06/18
藤波心さんが自分の意志で選んだ「ジュニアアイドル」の仕事で、自分の意志で着ているマイクロビキニについて、内心の葛藤があったんじゃないかと、僕がツイートしたことが、どう解釈すれば、藤波心さんに対する「セクハラ」になるのだろうか。
たぶんこの「Tatsuhiko Fuyusawa @fuyusawa」さんは、藤波心さんが過去にどのようなDVDや写真集を出しているか、まったく知らずに彼女の脱原発の主張に共感しているのではないか。
「脱原発のジャンヌ・ダルク」という藤波心さんの呼称は、まわりの大人が勝手に彼女を理想化して名付けたものだろうだが、この「Tatsuhiko Fuyusawa @fuyusawa」さんは、そうした藤波心さんを理想化する大人たちの動きに、ナイーブに同調してしまったらしい。
そして「藤波心さんに対してマイクロビキニなどと下品なことを言うのは失礼だ!セクハラだ!」と、僕に対して怒ったのである。
しかも僕が藤波心さんあてに@マークをつけて「マイクロビキニ」とつぶやいたのではなく、藤波心さんが、僕のツイートをどこからか見つけ出して、ウィットにとんだ返答をしたにもかかわらず。
他にも僕が「マイクロビキニ」という言葉を、藤波心さんについて使ったことを、「セクハラ」だと非難するツイートを頂いた。それがどれほど見当違いであるか、たぶん彼らには分かっていないだろう。
よく考えてみてほしい。
藤波心さんは、彼女がJ-WAVEの番組で自ら語ったように、「芸能界の底辺にいるB級アイドル」という自分の立ち位置を自覚している。
その上で、ブログで脱原発の意見を表明することが、どれだけ世間の誤解を招くおそれがあるか、どれだけ世間から非難をあびるおそれがあるか、分かった上で発言している。
藤波心さん自身は、自分の矛盾を理解した上であえて行動しているのに、彼女の脱原発の主張に賛同する大人たちが、彼女のかかえる深刻な矛盾を理解せず、彼女の理想化にナイーブに同調しているという、この皮肉…。
ここで、あくまで仮定の話として、アグネス・チャンに登場してもらおう。アグネス・チャンは、ことこういった問題についてはナイーブさの象徴だからだ。
おそらくアグネス・チャンは、子供の未来を危うくする原発を稼動しつづけることに反対のはずだ。同時に、アグネス・チャンは子どもの人権を侵害する児童ポルノに強く反対している。
さて、そんなアグネス・チャンは、藤波心さんのような「ジュニアアイドル」が、脱原発の意見をはっきり述べているのに対して、なんと答えるだろうか。
これがアグネス・チャンではなく石原慎太郎都知事なら、かんたんに想像できる。「君ね、子供のくせしてポルノまがいの作品に出て、脱原発なんて分かったような口をきくんじゃないよ」と、こんな感じのことを言うに違いない。
ところで、石原慎太郎の対極にある、バリバリ新左翼の高橋源一郎が、藤波心さんの脱原発の主張に感銘をうけるのは当然である。ちなみに高橋源一郎は、僕の高校の大先輩ということもあり、日本の小説家の中で僕がいちばん尊敬する人物だ。
そして高橋源一郎は、藤波心さんが児童ポルノの自主規制すれすれで、現に大手サイトが販売を自主規制したDVDや写真集に出演している事実を知っているはずだ。
児ポ法について、高橋源一郎の意見を直接目にしたことはないが、きっと言論の自由の立場から法規制に反対しているに違いない。
さて、アグネス・チャンはナイーブであるとはいえ聡明なので、藤波心さんが自らの意志で「ジュニアアイドル」の仕事を選択し、自らの意志でマイクロビキニを着ている、そんな一人の人間としての意志は尊重したいだろう。
ただ、それによって結果的に児童ポルノの流通に加担していることについては、アグネス・チャンと藤波心さんは対立せざるを得ないだろう。しかし、アグネス・チャンには藤波心さんから職業選択の自由を奪うことはできない。
ぜひお二人が原発問題について対談するところを見たいものだ。
最後に、僕の立場をあらためて明確にしておく。
僕は児童ポルノの現行の法律による規制には反対であり、単純所持の禁止などもってのほかだと考える。ゾーニングがあれば十分だ。そうすることで、藤波心さんのように、自ら選んで「ジュニアアイドル」の仕事をしている人たちから、就業の機会を奪うことも避けられる。
また、藤波心さん自身は、自分が「芸能界の底辺にいるB級アイドル」であり、DVDや写真集できわどいポーズをとる「ジュニアアイドル」であるという立場に自覚的だと、僕は考える。
もっと言えば、自分のDVDや写真集が「ジュニアアイドル」愛好者の自慰行為のネタになっている現実を分かった上で、この仕事を選んでいると僕は考える。そんなことさえ自覚できないほど、藤波心さんは頭の悪い人ではないし、おめでたい人でもないし、ナイーブな人でもないと僕は考える。
他方、その藤波心さんを「脱原発のジャンヌ・ダルク」と持ち上げ、理想化している大人はおめでたい人であり、ナイーブな人である。
藤波心さんは、僕のつかった「マイクロビキニ」という単語に「マイクロシーベルト」という単語をひっかけたツイートをし、僕もそのウィットを楽しんだ。
にもかかわらず、勝手に「聡明な少女と下品な男」という対立図式に仕立て上げる大人は、おめでたい人である。
彼女について「マイクロビキニ」のような、さほど下品でもない言葉をつかったことに、「セクハラだ!」とつっかかってくる大人は、藤波心さんを必要以上に理想化している。
とても複雑な世界を生きている藤波心さんに対して、ナイーブな反応しかできないおめでたい大人が、これほど熱心に僕に非難の言葉を投げかけてくるとは、正直、予想していなかった。
藤波心さんを支持している大人は、もっと「大人の事情」を分かっている大人だとばかり思っていた。
現実には彼女を支持する大人が、無意識のうちに彼女を理想化しているのだとすると、藤波心さんをとりまく状況は、彼女自身が感じているほど楽観視できないかもしれない。
それを確かめるためにも、藤波心さんには、アグネス・チャンや、脱原発かつ児童ポルノ単純所持禁止派の橋下徹大阪府知事あたりとの対談を、ぜひやって頂きたいものだ。
そうすればナイーブな大人の目が覚めるかもしれない。