音楽が売れなくなったのは違法コピーのせい、という大ウソ(1)

音楽業界の人たちはよく、違法コピーが増えたから音楽の売上が減ったと言う。 違法コピーではなく正規版を購入すべきなのは当然だが、違法コピーが増えたから音楽の売上が減ったというのは、大ウソである。 もっと厳しいことを言えば、自分たちの失敗を、リスナーの違法コピーのせいにしているフシがある。 この音楽業界人の大ウソを、誰でも入手できる統計をもとに検証してみる。 まず、Chart 1ご覧いただきたい。 赤色の折れ線は、名目GDPの時系列統計を1971年を100として指数化したものだ。 オレンジ色の折れ線は、日本レコード協会による音楽生産金額の総額を、同じく1971年を100として指数化したもの。 右端 続きを読む 音楽が売れなくなったのは違法コピーのせい、という大ウソ(1)