鬼束ちひろシングル初動売上げを調べてみた

鬼束ちひろのシングルの初動がどれくらい落ちているのか調べてみたくなったので、オリコンシングル週間チャートで調べてみた。初登場順位、初登場時の売上枚数、200位圏内に何週間入っていたかの3つの数字だ。 『everyhome』2007/06/11初登場9位、18,836枚 6週間。 『蛍』2008/08/18初登場11位、10,133枚 7週間。 『陽炎』2009/09/14初登場13位、5,067枚 4週間。 うむむ。『everyhome』の初動って2万枚も売れたんだ。今やアルバム『DOROTHY』の通算が2万枚だからかなりの違い。本人のメディア露出がないので、やむを得ない。まぁ鬼束ちひろ様、体 続きを読む 鬼束ちひろシングル初動売上げを調べてみた

鬼束ちひろ『ONE OF PILLARS』レビュー(1):「惑星の森」が与える洗礼名は関係性

鬼束ちひろのベストアルバム『ONE OF PILLARS』(2010/04/28発売)を近所のSOUND 1stでフラゲ(=フライングでゲット)した。豪華28ページ歌詞カード付き。 過去にも鬼束ちひろのベストアルバムは発売されているが、いずれも本人は関与していないので、この『ONE OF PILLARS』は本人が制作に関与した初めてのベストアルバムだ。 一曲目の『月光』から通して聴いてみると、不思議と「ああ、鬼束ちひろはこういうベストが作りたかったんだ」と納得させられる流れになっている。 ほぼ発売順に並んでいる曲と、シングルの発売順を見比べると、落とされたのは以下の6曲。 1stシングル『シャ 続きを読む 鬼束ちひろ『ONE OF PILLARS』レビュー(1):「惑星の森」が与える洗礼名は関係性