IFRSを無抵抗に導入する日本企業の愚かさ加減

岩井克人・佐藤孝弘『IFRSに異議あり』(日経プレミアシリーズ)を読んだ。ものすごく痛快なIFRS入門書。 東京大学経済学部卒で、MITの博士号まで持っている、超一流の経済学者・岩井克人が、IFRSみたいな企業会計の細かい技術的な問題について、批判書を書いていると知って、読まないわけにはいかないだろう。書店で見つけて迷わず買ってしまった。 じつはご多分にもれず、うちの会社もIFRS導入準備のために、すでに昨年度から四苦八苦が始まっているらしく、一度打ち合わせに同席した。 GAAPのテキストを読んで勉強したことがあり、一応「英文会計2級」という意味不明の資格を持っていて、原価計算の実務経験もある 続きを読む IFRSを無抵抗に導入する日本企業の愚かさ加減