鬼束ちひろの新曲は『ever after』という題名らしい

鬼束ちひろファンの情報収集能力はすごいなぁ。 彼女の最近のアルバムやMVを手がけている柿本ケンサク氏の所属事務所DECADEの紹介ページに、「スチール/Music」作品として「鬼束ちひろ『ever after』CDジャケットフォト」の1行が追加されているのを見つけて、鬼束ちひろの新曲だと指摘している。 DECADEの柿本ケンサク氏の紹介ページ 知らなかったのだが、この柿本ケンサク氏はangelababy(アンジェラベイビー)主演のWebドラマ『恋するセリフ』の監督でもあるらしい。 いつも中国大陸の検索エンジン百度の掲示板サービス「貼吧(ティエバ)」で、angelababyと鬼束千尋(中国語では 続きを読む 鬼束ちひろの新曲は『ever after』という題名らしい

百度の掲示板で日本人に対する嫌がらせ?

昨夜、中国の検索サイト「百度」の掲示板サービスに書き込みをしたら、下図のような奇妙な現象につきあたった。 「日本人」の「日」の字の部分が、投稿すると自動的に、パンダのBOBOのアニメーションGIFに変換されてしまったのだ。 たぶん「百度」掲示板の管理人が、日本人全体か、あるいは以前書いたように、僕が「百度」掲示板の合併管理人にクレームを入れたために、僕個人に対する嫌がらせのために、こっそりプログラムを書き換えたのだと思われる。 こういうことをしていると、日本で検索サービスを提供しようとしている「百度」は、日本人にますます嫌われると思うのだが…。 とにかく、日本の百度(Baidu)で、Baidu 続きを読む 百度の掲示板で日本人に対する嫌がらせ?

中国の検索サイト「Baidu(百度)」の官僚主義的腐敗

最近、日本の柴田淳ファンとの交流でイヤな思いをしたので、ツイッターでalanファンの方々のリストをフォローしていた。 ちなみにalan(右の写真)とは、エイベックスから2007年に日本デビューした中国四川省美人谷出身の女性歌手。映画『レッドクリフ』の主題歌を歌ったことで有名。 それで、中国の検索サイト「Baidu(百度)」のalan掲示板(貼吧)をのぞくことが多かったのだが、とっても理不尽なことが起こっているのを見つけた。 Baidu(百度)の掲示板には、alanが日本デビューする前からある「達瓦卓瑪」(=alanの本名のファーストネーム)という掲示板と、ずばり「阿蘭」(=alanの本名のラス 続きを読む 中国の検索サイト「Baidu(百度)」の官僚主義的腐敗