日本の森林が危機なのも橋本行財政改革が原因らしい

今日のNHK『クローズアップ現代』で、日本の森林が外資の買収対象となっており、森林資源、水資源の保護の観点から、将来に禍根を残すかもしれないという報道があった。 NHK『クローズアップ現代』ウェブサイト「日本の森林が買われていく」2010/09/07放送 なぜ外資が容易に日本の森林を購入できるようになったのか。直接の原因は1997年6月に成立した法律によって、土地利用の規制が緩和されたことだという。 またもや、第二次橋本内閣の行財政改革の登場だ。 「愛と苦悩の日記」の読者諸氏はご承知のように、日本の年間自殺者数が一気に3万人台に跳ね上がったのも、第二次橋本内閣の緊縮財政で需要が一気に収縮した結 続きを読む 日本の森林が危機なのも橋本行財政改革が原因らしい