児童ポルノ規制に興奮する首長の皆さん

石原都知事も、大阪の橋下知事も、児童ポルノに嫌悪感を抱くのは分かるのだが、その個人的な感情と、条例で規制してよいかどうかは全く別問題だということを、どうしてもっと冷静に考えられないのだろうか。 『児童ポルノ、水着写真も規制…大阪府条例改正へ』(読売オンライン 2010/11/26 17:36) 大阪府青少年問題協議会という団体が橋本知事に提出した答申は、児童ポルノ全般に関して「表現の自由の保証外」と指摘し、「水着姿の子供が過激なポーズを取るなどした写真や映像を新たに『性的虐待の記録』と定義し、製造・販売や所持しないよう努力義務として条例で規定する」よう求めているとのこと。 そして橋下知事は、「 続きを読む 児童ポルノ規制に興奮する首長の皆さん