パチンコ屋を閉めろという石原都知事のポピュリズム

東京電力管内にある飲料自販機をすべて止めても、真夏の電力需要ピークの0.5%程度の節電効果しかないことは、昨日ここに書いたとおりだ。 「自販機を止めろという石原都知事のポピュリズム」(2011/04/14) では、石原都知事がもう一つやり玉にあげているパチンコ店についても、試算をしてみようと思ったら、もうやっている人がいた。 「パチンコ店の消費電力量を調べてみた ~パチンコ店閉鎖で、50万世帯分の電力が浮く?」(ブログ「不楽是如何」2011/03/22) ただ、あえて申し上げると、このブログ記事の分析は不十分だ。夏の電力需要ピークに対して、どれくらいの節電効果があるかまでを計算していないためだ 続きを読む パチンコ屋を閉めろという石原都知事のポピュリズム

自販機を止めろという石原都知事のポピュリズム

石原都知事が自動販売機なんて止めてしまえと言っているが、この発言にどれほどの説得力があるのか検証してみる。 今日、NHKの7時のニュースで、自動販売機2台と一般家庭一世帯の平均電力使用量がほぼ等しいという報道があった。 自販機2台 = 一般家庭1世帯 一般社団法人 日本自動販売機工業会のウェブサイトによると、2010年末の飲料自動販売機の全国普及台数は259万台となっている。 「2010年末自販機普及台数及び年間自販金額」 全国の飲料自販機:259万台(2010年) 一方、東京電力のウェブサイトにある「平成22年度 数表でみる東京電力」によれば、2010年の「電灯」(=一般家庭と小規模事業者) 続きを読む 自販機を止めろという石原都知事のポピュリズム