震災下の日本人の美徳は、政府・東電トップの機能不全と表裏一体

大震災後、被災者が落ち着いて行動していること、日本人の規律や結束力、助け合いの精神などを、海外メディアが日本の「社会的資産(social assets)」として褒めたたえている。 …などといい気になっている日本人はごく少数だと思うが、こうした日本の「社会的資産」と、民主党政府や東京電力のトップマネジメントの機能不全は、ご承知のように同じコインのオモテとウラでしかない。 まず、日本人にほんとうに上述のような美徳があるとすれば、すでに起こってしまった過去のことに対する美徳であって、これから起こる未来のことに対しては、驚くべき無頓着さを示すのが日本人というものだろう。 日本人に、これから 続きを読む 震災下の日本人の美徳は、政府・東電トップの機能不全と表裏一体