古賀茂明『官僚の責任』(PHP新書)を読んだ

古賀茂明著『官僚の責任』(PHP新書)を読んだ。 テレビでもおなじみ、経産省から退職を迫られている改革派官僚、古賀茂明氏の発売されたばかりの新書を読んでみた。 本来は単行本『日本中枢の崩壊』(講談社)を読もうかとも思ったのだが、論旨は読む前からわかるので、細かいエピソードの記述が冗長だろうと思い、やめていた。そこへコンパクトな新書が発売されたので、さっそく読んでみた次第。 一言で要約すると、官僚は自分の利権を守ることしか考えていない、という、言い古された内容になるが、やはり古賀氏が身をもって体験した具体例を読むと、ここまでひどいのかと、暗い気持ちになる。 それでも古賀氏のような人物が経産省の内 続きを読む 古賀茂明『官僚の責任』(PHP新書)を読んだ