SMAP北京公演は中国の若者文化の多様性を見落としている

先日(2011/09/16)行われたSMAP北京公演だが、工人体育館の収容人数の約半分に座席を制限して、その状態でほぼ満席の約4万人を動員し、1階席の多くは日本人、2階席は中国人で満杯だったらしい。 どうやら中国国内でも、このSMAP公演については評価が分かれるようだが、J-POPや日本のアニメが好きな層には好意的に受け入れられたようだ。 個人的に中国ツイッター(新浪微博)の中国人ネット友だち(多くは20代)に質問してみたのだが、ほとんどが木村拓哉の名前は知っているが、彼がSMAPのメンバーだということを最近まで知らなかったと答えたことに驚いた。 木村拓哉が出演する日本のテレビドラマは、彼らが 続きを読む SMAP北京公演は中国の若者文化の多様性を見落としている