原発の必要性を教育しようと奮闘中の福島県の小学校!?

今朝2011/07/05の『NHKおはよう日本』のクローズアップ「問い直される原子力教育」を見て、ぶっ飛んでしまった。 福島県いわき市の小学校で、原子力教育を「見直す」取り組みのビデオの最後に、こんなナレーションが入っていた。 「原子力発電所の危険性に向き合いつつ、その必要性を学ぶために、教育現場では模索がつづいています」 一字一句正確ではないが、「危険性に向き合いつつ必要性を学ぶ」という部分は正しいはずだ。 要するに、文部省の指導かどうか知らないが、福島県の小学校でさえ、依然として原子力発電所は無条件に必要という前提で、子供たちに教育が続けられているのだ。 子供たちが校庭で放射線量を測定して 続きを読む 原発の必要性を教育しようと奮闘中の福島県の小学校!?

サマータイムは原発を維持したい経産省のプロパガンダと思いたくなる

東京電力管内で電力供給不足が懸念される夏に向けて、マスコミがまたバカげた「サマータイム」キャンペーンを始めている。 サマータイムにどういう節電効果があるのか、具体的な説明もないまま、きわめて無責任なキャンペーンだ。 東京電力管内でいっせいにサマータイムを導入しても、電力消費ピークの「分散」効果がないのは当たり前。やるなら「時差出勤」、つまり企業ごとに標準勤務時間帯をズラす方式でなければ、まったく意味がない。 今朝のテレビ朝日『やじうまテレビ!』はとくに意味不明。サマータイムが導入された企業の男性社員が、早めに帰宅することで、保育園に子どもを迎えにいき、夕食も作れるようになったと、笑顔で語ってい 続きを読む サマータイムは原発を維持したい経産省のプロパガンダと思いたくなる