中村うさぎ『私という病』(新潮文庫)を読んだ

中村うさぎ『私という病』(新潮文庫)を読んだ。 僕は中村うさぎという人の本を読むのは初めてだ。本書を手に取るきっかけは、何だか知らないけどAmazonをブラブラしていたら、たまたま本書を見つけて、カスタマレビューの評価がとても高かったこと。 確かに、たった3日間のデリヘル嬢体験を、深い自己分析から女性嫌悪社会への根本的な批判へと、飄々としたタッチで無理なく展開していく筆致は絶妙だと感じた。 ただ、大学時代、フェミニズム活動にどっぷり浸かっていた僕なら、手放しで賞賛しただろうが、今となっては素直に賛同できない。 大学時代、フェミニズム活動にどっぷり浸かった結果、僕が出した結論は、異性愛者、かつ、 続きを読む 中村うさぎ『私という病』(新潮文庫)を読んだ