宮台真司『民主主義が一度もなかった国・日本』(幻冬舎新書)を読んだ

宮台真司・福山哲郎著『民主主義が一度もなかった国・日本』(幻冬舎新書)を読んだ。 2009年秋の政権交代によって、日本はようやく、全く新しいゲームが始まりつつある国際経済・国際政治に追いつけるチャンスを得た、という主旨の本。 たとえば、鳩山前首相の温暖化ガス25%削減演説や、前原前国交省の八ッ場ダム建設中止を批判する人たちは、すでに国際経済・政治が、新しいルールにもとづくゲームを始めていることを分かっていない、と書いてある。 今さら、「地球温暖化の理由は本当にCO2なの?」と問うて足踏みすることは、日本の国益にとってマイナスにしかならない。すでに国際社会は、温暖化ガス削減という新しいルールによ 続きを読む 宮台真司『民主主義が一度もなかった国・日本』(幻冬舎新書)を読んだ