『電池のないEV』:低炭素化都市に逆行するキャパシタ

日経ビジネスオンラインには、ちょくちょく奇怪な記事が載るので面白い。 「『電池のないEV』がなぜ走る?【交通編4】発送の大転換、ちょこちょこ充電するクルマが拓く大きな未来」(日経ビジネスオンライン2010/08/06掲載記事) 「キャパシタ」というワイヤレス給電が可能な新しい充電池をもつクルマを、市街地の短距離で低速な「新交通システム」として、東京大学新領域創成学研究科・堀洋一教授の研究チームが、実用化に向けて研究中という記事だ。 しかし、そもそもクルマとは、米国のように鉄道の未発達な広大な都市で、長距離を高速に移動する個人用の交通手段として使われ始めたものだ。 日本やヨーロッパのように、コン 続きを読む 『電池のないEV』:低炭素化都市に逆行するキャパシタ

コカ・コーラ「い・ろ・は・す」の超偽善的「エコ」マーケティング

「い・ろ・は・す」という天然水を最近コカ・コーラ売っているが、何がエコなのか僕にはさっぱり分からない。 まず一点め。ペットボトルの最もエコな利用法は、中身を飲み終わった後、きれいに洗って、容器として再利用することであって、捨てることではない。 僕は天然水のペットボトルは、何度も洗って再利用し、浄水器でろ過した水道水を詰めて持ち歩くようにしている。そうすれば、お金の節約にもなるし、新たにペットボトルを消費することもない。 したがって、「しぼって捨てられる」という「い・ろ・は・す」の売りは、ペットボトルの消費を促している点で、逆に環境を破壊する製品である。 二点め。「い・ろ・は・す」のペットボトル 続きを読む コカ・コーラ「い・ろ・は・す」の超偽善的「エコ」マーケティング