背筋が寒くなる検察捜査のずさんさ

村木元厚労省局長の裁判では、裁判所は検察の供述調書偏重主義を批判し、客観的な証拠に基づくべきだとし、今後検察は立件方針の大幅な見直しを迫られそうな感じだ。 今日のTBS『報道特集』を見ていたら、大阪地検の捜査がいかにズサンだったかがよく分かった。 大阪地検特捜部のシナリオでは、ダイレクトメール違法発送業者の倉沢元会長が、石井議員に対して、2004/02/25に議員会館で口添えを頼んだことが、今回の郵便不正事件のすべての発端になっていた。 ところが、大阪地検が打ち合わせがあったとした日時に、石井議員はゴルフ場におり、ゴルフ場にその記録と、クレジットカードの記録も残っているというのだ。 大阪地検特 続きを読む 背筋が寒くなる検察捜査のずさんさ

国民は小沢氏の疑惑より、検察の権限濫用を心配した方がいいよ

東京地検は、小沢氏を不起訴の方向で最終検討中とのことだ。 東京地検は、あれだけあちこち強制捜査をしたにもかかわらず、小沢氏を起訴するだけの決定的な証拠をつかめなかったことになる。 石川議員らが、小沢幹事長の直接的な関与を否定しても、東京地検は、あれだけ国民の税金をつかって、あちこち強制捜査をしたのだから、客観的な証拠を見つけ出して、小沢一郎氏を起訴まで持っていくべきだった。 ところが東京地検は、決定的な証拠を見つけられなかった。(税金返せ!) おそらくマスコミも含め、愚かな日本国民のほとんどは、「小沢一郎が証拠隠滅をはかったからだ」と考えるに違いない。 しかし、そもそも政治資金規正法は、収支報 続きを読む 国民は小沢氏の疑惑より、検察の権限濫用を心配した方がいいよ