裁判前の小沢氏への離党勧告と自業自得の前特捜部長

検察審査会の決定で強制起訴となった小沢一郎氏に、「自ら身を引くべきだ。それができなければ党として離党勧告なり、除名処分になる」と発言した牧野国対委員長代理が辞任した。 記者から辞任について問われ、今でも自分の考えは正しかったと発言していたが、こういう人物が衆議院議員などになれるくらいだから、日本人はいつまでたっても「推定無罪の原則」「疑わしきは被告人の利益に」を学習しないのだ。 起訴されただけで、まだ有罪になるかどうかも分からない小沢一郎氏について、離党や除名などの処分を言及するのは、痴漢えん罪で逮捕された会社員を白眼視するご近所さんと同じレベルの、救いがたい遵法意識の欠如だ。 この国民にして 続きを読む 裁判前の小沢氏への離党勧告と自業自得の前特捜部長