涼宮ハルヒは無知によって凡庸な世界の創造主たりえている

中国でも人気のラノベ(軽小説、ライトノベル)小説家が登場するくらいなので、ラノベについて全く何の認識もないのは問題だと、ふと思った。 それでアマゾンで谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』『涼宮ハルヒの溜息』の古書をそれぞれ1円+送料で購入して、さっそく読んでみた。 なぜ涼宮ハルヒ・シリーズを選んだのかといえば、何となくいちばんよく名前を聞くからで、それ以上の理由は特になかった。 シリーズ第一巻の『涼宮ハルヒの憂鬱』を読み終えてみて、率直な印象は、思ったほど幼稚っぽくなかったが、やはり大したものではないな、といったところだ。 まずテーマは、退屈な日常の主題化。大前提として社会に対する不満がなく、何の不自由 続きを読む 涼宮ハルヒは無知によって凡庸な世界の創造主たりえている