GDPR十分性認定で欧州在住日本人と日本在住日本人の権利保護に差別がうまれる件

日本が既存の個人情報保護法に追加ガイドラインを定めることでGDPR十分性認定を得る予定になったが、その結果、日本の国内法が日本国民より欧州人を優遇するという結果になる。(欧州人と書いたが正確には国籍を問わずEEA域内に存在する個人) 追加ガイドラインは「EU域内から十分性認定により移転を受けた個人データ」についてのみ追加の取扱いを定めているので、日本国民の個人データにはその追加の取扱いは適用されない。 例えば欧州人の個人データについては、性生活、性的指向又は労働組合に関する情報が含まれる場合、要配慮個人情報の扱いになるが、日本国民の場合はそうならない。 欧州人の個人データについては、外国にある 続きを読む GDPR十分性認定で欧州在住日本人と日本在住日本人の権利保護に差別がうまれる件