タグ別アーカイブ: 台湾

イランのサキネさんの死刑に日本人や中国人は反対する資格があるか?

死刑のお話。日本人が他国の死刑執行について意見する資格があるのか、ということについて。
中国のTwitter(ツイッター)にあたるマイクロブログサービス「新浪微博」で、中国の有名女性歌手・女優をフォローしていると、ときどき同じニュースに別の人が同時に意見するので面白い。
実際には彼女らが同一人物をフォローしているだけなのだが、ついさっきも、イランで姦通罪で石打ちによる死刑を宣告されている、サキネという女性を助けようという署名活動を、レネ・リウ(劉若英)と小S(徐熙娣)の二人が同時に訴えていた。
ただ、この署名活動のウェブページはフランス発で、フランスではすでに死刑が廃止されている。レネ・リウと小Sの活動の本拠地である台湾は、日本と同様、死刑制度が存在している。
現に台湾では、死刑反対論の法相が、世論の批判をあび、総統からも見放されて辞任に追い込まれるということが、つい最近、2010/03に起こっている。
「死刑反対論の台湾法相が辞任 世論から批判」(朝日新聞)
日本でも最近、政権交代後に初めて2名の死刑囚の死刑が執行された。
ここからは僕個人の意見だが、姦通罪が死刑に価するかどうかは、純粋に各国の文化、価値観の問題である。イランはたまたまイスラムの宗教国家で、国家制度がイスラム教の考え方を基礎にして作られているのだろう。
死刑の手段の残虐性も、各国の文化や価値観による相対的なものだ。首まで地面に埋めて石で頭を叩く死刑と、日本で行われている絞首刑と、米国で主流となっているらしい薬物注射による死刑の、どれが最も残虐か、などと問うことはほぼ無意味だ。最終的には殺すのだから。
そうした各国の文化や価値観にまで、他国の国民が口を突っ込む資格はない。
しかし、今回のイランの件では、フランスはサキネさんの死刑に反対する資格がある。何故ならフランスは死刑制度そのものをすでに廃止しているからだ。
別の言い方をすれば、フランス政府やフランス国民は、イスラム教の考え方や価値観を批判することなく、イランに死刑制度が存在すること自体を批判することができるし、そのようにイスラムの考え方を批判せず、死刑制度の存在自体を問題にする方法で批判すべきである。
死刑制度が存在する中国・台湾や日本の国民は、残念ながらイランのサキネさんの石打による死刑について、個人として死刑廃止論者でない限り、反対することは出来ないはずだ。
僕は個人として死刑廃止論者なので、もちろんサキネさんの死刑にも反対する。同時に日本政府も一刻も早く死刑を廃止すべきだと考える。
僕が死刑廃止論者である理由は、死刑は一度執行したら取り返しのつかない刑罰なので、国家が国民を裁く司法において、国家が決して持ってはいけない「過剰な」権力だと考えるからだ。
今回の件についても、レネ・リウと小Sに、「中国・台湾の死刑制度についてはどう思いますか」と聞いてみたい気がする。
でも実際にそんなことを中国大陸にサーバーのある新浪微博でつぶやこうものなら、僕の新浪微博アカウントが知らない間にどうなってしまうか、予測もつかないので、やめておくことにする(汗)。
(※追記:あっ、ビビアン・スーも、フィッシュ・リョンも、イランのサキネさんの死刑反対署名を呼びかけた。。。汗)

ビビアン・スーは日本の芸能界に再適応できるか?

今日も日本復帰したビビアン・スーが日本テレビに出るからというので、『DON!』を見ていたのだが、やっぱり「違う」と思わざるをえなかった。
中華圏では35歳にもなれば、立派な大人なんだから、芸能人であっても、ひとかどの人物として振る舞わなければいけないのだろう。だから今日の『DON!』でも、ビビアンは南野陽子の美容の話に、逐一自分の意見を付け加えていた。

ところが日本では、こと芸能人に対しては、立派な意見を言う見識など求められていない。女性の場合は特にだ。残念ながらそれが動かしがたい事実である。
なので、ビビアンが無事に日本に復帰しようとするなら、昨日約10分間だけ出演していた『PON!』(日テレの情報番組のタイトルのつけ方は安直すぎる)のように、「天然ボケのカワイイ愛玩動物」役に徹するのが正しい。
欧米人ではなくアジア人なら、なおさら日本のテレビでは自己主張しない方が、視聴者の反感を買わないに決まっている。
ところが、ビビアン・スーの後ろには、何千万という中華圏のファンがいる。日本でブラックビスケッツのメンバーとして活躍し、台湾にもどった後のビビアン・スーを、中華圏のトップスターに押し上げた、中華圏のファンたちだ。
昨日、ツイッター(Twitter)に似た中国大陸のマイクロブログ「新浪微博」で、ビビアン・スーは中華圏のファンに対して、こう呼びかけていた。
7年沒上日本節目、粉緊張…雖然日文講的不完美,但是絕對不會給你們丟臉的
7年も日本の番組に出てないから、すごく緊張…日本語は完璧に話せないけど、絶対みんなに恥をかかせないよ
(2010/08/30 15:46ビビアン・スーの新浪微博より引用)
ビビアン・スーは中華圏のファンたちに恥をかかせないように、日本で35歳の女優に恥ない、ひとかどの人物としての振る舞いをしようとしている。
(※ちなみに「新浪微博」でビビアン・スーをフォローしている人数は2010/08/31時点で1,438,710人という、日本の人気ツイッター・アカウントと比較にならない数だ。中国大陸のネットユーザーは既に米国を超えたとされるので、当然と言えば当然だが)
ところが、日本に復帰したビビアン・スーに、日本の視聴者が求めているものは、そんなものではない。13年前のブラックビスケッツのときと同じような、不器用な日本語がカワイイ、天然ボケキャラのビビアンなのだ。
日本の芸能界は、35歳どころか、浅田美代子しかり、50歳を超えても、十分、天然ボケが愛される世界で、そこが中華圏の芸能界とは決定的に違うところだ。
7年も日本の芸能界から離れていたビビアン・スーは、勘を取りもどして日本の芸能界に再適応できるだろうか。それとも中華圏の芸能界のやり方を引きずったまま行って、鳴かず飛ばずで中華圏に帰っていくだろうか。
いずれにせよ、お笑い番組好きで、ブラックビスケッツを懐かしく思い出す日本人の一人としては、ビビアン・スーの今後の日本での動向から目が離せない。

千田愛紗がボーカルのDa Mouth、昨日北京で最優秀グループ賞受賞

昨夜の北京でのMUSIC RADIO(音楽之声)中国TOPランキング授賞式で、日本人が「最優秀グループ賞」という大きな賞を受賞して舞台に上がったことを、認識している日本人が何人いるだろうかと、ふと思った。

大嘴巴の女性ヴォーカル、千田愛紗のことだ。受賞コメントも完璧な中国語なので、知らない人は台湾人だと思っただろう。
背が低いとか、大して美人じゃないとか、悪口を言う人もいるようだが、単身台湾にわたって、あそこまで完璧な中国語をマスターし、しかも台湾でHIP HOPグループとして、若者なら知らない人はいないまでの人気を獲得し、今回、大陸でも大きな賞を受賞するのに、どれだけの努力が必要だったか。
言葉や文化の壁を乗り越えることは、歌手としての実力を高めることに増して困難なことに違いない。自分自身のアイデンティティーに関わるのだから。
それでも日本のマスメディアは、千田愛紗の活躍を全く取り上げない。今回の受賞も全く取り上げないだろうね。
大嘴巴 Da Mouthのマイクロブログ(新浪微博)
千田愛紗の中国語ブログ