日本のGDPR十分性認定、個人情報保護委員会が誤解を招く発表

2018/12/26になって日本の個人情報保護委員会が欧州議会(EP)によりGDPRに関する日本の十分性認定が可決されなかった旨、発表があった。 欧州議会の十分性認定否決の決議がなされた2018/12/12からすでに2週間たっており、個人情報保護委員会の情報公開は遅すぎると言わざるを得ない。 日欧の個人データ移転に係る相互認証の時期について しかしこの発表は欧州側の発表と完全に食い違っている。 まず、最終決定が1月中にずれ込んだ原因は、EDPB(欧州データ保護会議)の事務的な手続きのためではなく、EDPBが採択した日本の十分性認定に関する意見書を、欧州議会(EP)が採択しなかったことだ。 また 続きを読む 日本のGDPR十分性認定、個人情報保護委員会が誤解を招く発表

GDPRの日本に対する「相互的十分性認定」は実際は「不十分」かつ「片務的」のように見える:個人情報保護委員会のパブコメへの回答から

欧州個人データ保護規則(GDPR)について、日本が欧州から欧州個人データの域外移転について十分性認定を受け、今年2018年中には正式に発効する。 その十分性認定を受けることができたのは、日本の個人情報保護委員会が、既存の個人情報保護法への補完的ルールとして「個人情報の保護に関する法律に係るEU域内から十分性認定により移転を受けた個人データの取扱いに関する補完的ルール」(以下「補完的ルール」)を制定、パブリックコメント募集を経て正式に発効させたことだ。 しかも今回の十分性認定は「相互的 mutual」なもので、欧州個人データを欧州から日本へ「without being subject to an 続きを読む GDPRの日本に対する「相互的十分性認定」は実際は「不十分」かつ「片務的」のように見える:個人情報保護委員会のパブコメへの回答から