二維火」タグアーカイブ

中国式QRコード決済について(2):QRコードの快適さと出来たての料理のどちらを取るか

中国のQRコード決済に関する書物についてのツッコミ第2弾はこちら。

『体験の出口を争う日本のキャッシュレス、体験の入口から作る中国のキャッシュレス』(2019/04/04)

この記事に書かれているのは中国の二維火という会社の飲食店向け業務システム(ERP)のことで、QRコードが主な機能の業務パッケージではない。

同社は2017年、すでに日本に進出し、記事にあるのと全く同じ業務パッケージを飲食店向けに販売している。

QRFood (2Dファイヤー・ジャパン株式会社)

公式サイトは情報が少なすぎるので社長のインタビュー記事を参照しようと思ったら、リンク切れでGoogleキャッシュしか残っていない。

「2Dファイヤー・ジャパン株式会社代表取締役 董 楓」(SUPER CEO)

↓同誌『SUPER CEO』のYouTubeチャンネルの動画は残っていた。

2Dファイヤー・ジャパンとしてのプレスリリースとしてはこちら。

「中国のグルメアプリを運営する「杭州迪火科技有限公司」が日本進出  春に日本でグルメアプリ『二維火』を使ったサービス開始」(2018/02/05 2Dファイヤー・ジャパン)

グルメアプリ「二維火」の機能としては、「飲食店の広報・予約~注文・決済から、在庫管理までスマホで行うことができます。また注文データはクラウドで管理し、飲食店から個人会員向けの販促にご活用いただけます」とある。

そして「日本進出の背景とサービス提供内容」では「訪日外国人の受け入れに飲食店が抱えている課題への解決策として、また訪日外国人の利便性を高めて、以下のサービスを提供します」と書かれている。

QRコードで順番がとれる、待ち時間が分かる、事前の注文が取れるなど、冒頭にあげた記事に書かれている機能は飲食店にとっては理想的であることは間違いない。

ただ、インバウンド客にフォーカスしてこのクラウド型業務パッケージを導入する利用料で採算がとれるかが最大の問題だ。

そこで店舗がこの業務パッケージの端末として利用するアプリのダウンロード実績を見てみる。

QRFood店舗 (Apple Store)

QRFood (Google Play)

どちらもユーザの評価が一つもない。Google Playにいたってはインストール数が「1+」、つまり1桁となっている。

どうやら日本ではあまり普及していないようだ。

その理由は比較的かんたんである。この業務パッケージを使ってパッケージの利用料分の利益を出す部分が見当たらないからだ。

このアプリで待ち時間を正確に計算するには、店の座席数と、いま埋まっている座席数、いま食事中の顧客の平均食事時間を予測する必要がある。

座席数は事前にマスターデータとして入力できるとして、後者の2つは誰がどうやって計算し、システムに入力するのだろうか。

店のすべての座席にセンサーを付けて埋まっている席数を自動把握し、平均食事時間は機械学習させるのだろうか。

筆者にはこの待ち時間計算の仕組みの想像がつかなかった。

たとえば日本のQBハウスという定額理髪店は、ネットで全店舗の待ち時間を公開しているが、待ち時間の予測が可能なのは、カット時間が10分間前後と決められているからだ。

しかも各店舗の座席数は多くても1ケタにおさまるため、予想待ち時間は自動計算でき、リアルタイムでネット公開できる。

二維火に話をもどそう。

待ち時間に顧客に事前注文をしてもらうためには、店舗はメニューのデータをすべて入力し、キャンペーンなどで価格を変更する場合も、そのつど更新入力する必要がある。

また、事前注文を受けても食材がなくなってメニューを出せないのでは困る。

そのため在庫管理ができると書いてあるが、こちらも食材の入荷のつど食材名と数量を入力しなければ、まともな在庫管理はできない。

製造業の在庫のように各品目の在庫数量が大きければ、発注点管理などシステム化する費用対効果はある。

しかし飲食店の食材は種類が多いわりに数量が少なく、単価も安いため、システムで在庫管理しても費用対効果を見込めない。

在庫管理に費用対効果がなければ、在庫管理をシステム化する意味がなく、在庫管理をしなければ、事前注文をうけても食材不足で料理を出せない可能性が高くなる。

その結果として、席についてQRコードでチェックインすると、すぐ食事が出てくるという機能も意味がなくなる。

よく考えてみて欲しいのだが、事前注文を受けた料理が席に「チェックイン」するとすぐ出てくるということは、事前に調理してあるということだ。出来たてではないということだ。

私たちがなぜ、飲食店で席に座ってから注文する、あるいは注文した後に料理が出るまで待つという不便さを受け入れているんだろうか。ファーストフードでさえ注文した後に出来上がるまで待つ。

それは単純な話で、出来たてを食べたいからだろう。

コンビニ弁当を電子レンジで加熱して食べるのではなく、わざわざ飲食店で料理を食べるのは出来たてを食べたいからではないのか。

この業務システムは、飲食店で顧客が求める食事体験の本質と食い違ってしまっている。

したがって、会計のときの支払いがQRコードで出来るのは良いが、注文データをそのまま支払いデータに連携してレジ打ちを不要にするためだけに、ここまでに書いた待ち時間管理、在庫管理、事前注文管理の機能を導入する費用対効果はあるだろうか。

ないと言っていいだろう。

したがって、たとえ導入資金がたっぷりあって二維火を導入した飲食店であっても、最初は顧客が物珍しさで通ってみるものの、店舗の実際のオペレーションが回らず、肝心の食事体験の質が下がる。

そうなるとQRコードでキャッシュレス決済が出来るかどうかは、もはや問題にもならない。

現場の(オフラインの)オペレーションをオンライン化するということは、必ず誰かが現実の状況をシステムにデータとして入力するか、現実の状況をセンサーなどをつかって自動でシステムに連携する必要がある。

この二維火を導入しようとしたとき、この点が最大の問題になる。

QRコードで待ち時間管理も、注文管理も、決済も自動化できれば便利なのは誰にでも分かる。

しかし、そのコスト(手間)は誰かが負担しなければいけない。

例えば日本では、飲食店を徹底して低コストで運営するために、食券販売機で顧客自身に、注文と決済を同時に行ってもらう方法が普及している。この決済でQRコードを使うのはアリだ。

しかし「入口」にあたる待ち時間管理は、上述のような理由でそもそも実現不可能である。

なぜ実現不可能な機能を二維火は実現できるとうたっているのか。

それはおそらく、二維火を導入している店舗に通い続ければ分かるのだろう。導入してしばらくすれば、待ち時間管理や事前注文は、まともに機能しなくなっているはずだ。