タグ別アーカイブ: フリー

上杉隆氏は日本の社会に絶望するのが遅すぎた

フリージャーナリストの上杉隆氏は、日本の記者クラブ制度批判の急先鋒だ。

上杉隆氏の著作『ジャーナリズム崩壊』(幻冬舎新書)については、以前この「愛と苦悩の日記」でも取り上げたことがある。
「上杉隆著『ジャーナリズム崩壊』を読んだ」(2009/01/18)
だが、ついに今回の福島原発のような大きな事件にいたっても、日本の記者クラブ制度が相変わらずに既得権益のしがみつく現実を目にして、どうやら今年いっぱいで無期限活動休止するらしい。
2011/04/01「無期限活動休止のおしらせ」(上杉隆 公式ウェブサイト)
民主党政権に限らず、日本政府と記者クラブのもたれあいで情報が隠蔽されているという指摘はもっともだが、はっきり言って、それって日本という国に数々存在する悪しき慣習の一つでしかない。
記者クラブ制度を非難するとき、上杉隆氏がよく「アメリカでは云々」と、少なくとも日本よりはましな米国の情報公開を引き合いに出すが、この点に上杉隆氏の使命感のようなものの限界がある。
つまり、日本の記者クラブの情報隠蔽など、今回の福島原発事故ように世界的に影響のある事件の場合は、海外のより自由な報道によって、いとも簡単に化けの皮がはがされてしまう。
日本政府が自国の国益を守ろうとして情報を隠しても、諸外国も同じように自国の国益や価値観を守ろうと、日本に情報公開を迫るべく外圧をかけるからだ。
米国に記者クラブ制度がないこと自体は、絶対的に正しい価値観ではなく、世界に無数に存在する多様な価値観の一つにすぎない。たまたま米国の建国以来の歴史の中で、米国では自由な報道という特定の価値観が形づくられただけだ。
まったく歴史の違う日本で、記者クラブ制度のような同業者の馴れ合いのない、米国のように自由な報道が確保されないのは、いってみれば当然のことだ。だって、日本は日本であって米国ではないのだから。
なのに上杉隆氏は日本の記者クラブを解体することに、ジャーナリスト生命をかけている。
世界中に存在する様々な報道の形態の中の一つとして俯瞰すれば、日本という小さな国に根づよく残る記者クラブ制度なんて、ジャーナリスト生命をかけてまで壊す価値のあるものだろうか。
情報を隠す人たちが存在するということは、その反対側に、真実を知ることよりも、自分の利害関心が満たされることを求めている人たちが存在するというだけのことだ。
本当に日本国民の大多数が真実を知りたいと思っているなら、極端にいえば、英語ができる人に米国のニュースを翻訳してもらって、日本政府の発表ではなく、米国の報道だけを信じるなどの行動をとるはずだ。
多くの日本人がそのように行動せず、お笑い芸人やタレントのコメントを聞いて納得してしまっているのだから、この視聴者にして、この記者クラブあり。それだけのことだ。
誤解を恐れずにいえば、日本の人々が記者クラブの存続を求めているのである。
そんな日本社会で、記者クラブだけを狙い撃ちして解体しようとしても、報道の受け手が心の奥底では真実を知ることを望んでいないなら、遅かれ早かれ記者クラブに代わる、新たな情報隠蔽のしくみが出来上がるだけだ。
そういう社会システムの上に運営されている、日本という国に、あきれてモノが言えないというなら、上杉隆氏はさっさと日本など見捨てて米国に永住すればいい。日本など沈むに任せればいい。
僕自身、一人の平社員として民間企業で働いているわけだが、いったん組織の中に入ってしまえば、たとえ内部告発が制度として存在したところで、情報公開など期待すべくもない。
むしろ、組織の利益をまもるために情報の出し方を操作するのは、会社員としての仕事の重要な一部である。そのことが個人として倫理的にガマンならないなら、僕は会社を辞めるしかない。しかしそれでは生活していけない。
そのように個人の生活を守るために、個人として食いつないでいくために、日本のあらゆる組織人は、自分の属する組織の利益のために、情報の出し方を意図的にコントロールしているのだ。東京電力の経営層や従業員たちも例外ではない。
日本はそういうシステムの社会なのだ。
上杉隆氏の最大の欠点は、あきらめるのが遅すぎることかもしれない。今年いっぱいで無期限活動休止するということは、12年もかけて、やっと日本社会に可塑性がないことを悟ったらしい。

『FREE~<無料>からお金を生みだす新戦略』を読んだ

クリス・アンダーソン『フリー~<無料>からお金を生みだす新戦略』(NHK出版)を読んだ。

この本を読む気になった理由は、エイベックスで中国美人谷出身の女性歌手、alanのプロデュースをしている菊池一仁氏が、ツイッターでミュージシャン仲間にすすめていたからだ。
「フリー」という題名なんだから、音楽CDの海賊版についてもふれているに違いない。そんな書物を、音楽業界人がすすめているということは、「フリー」という題名は単なる引きで、結局、著作権者サイドの内容なのではないかと思い、読んでみた次第だ。
ところが、意外にも本書は、電子データが無料で流通することの利点を強調している。
たとえば、複製コストがゼロのデジタル著作物の価格が、著作権保護技術が解読され、解除されることで、事実上無料で流通してしまうのは、重力の法則と同じように必然だ、とまで書いている。
また、中国でWindowsやOfficeなどの海賊版が大量に流通したことは、マイクロソフトにとって損失なのではなく、逆に発展途上国で「あらかじめ」独占的な地位を得ることにつながっていると書いてある。
つまり、マイクロソフト製品の海賊版が大量に出回ることで、中国大陸のユーザは同社製品にロックインされる。
やがて中国が経済発展をとげ、国際世論の圧力もあり、正規版を購入するようになったとき、マイクロソフトは中国大陸から巨額の収益をあげられる、という理屈だ。
そして本書は、音楽業界人にとって、電子データのかたちの音楽を無料で流通させることの利点も書いている。
発展途上国のミュージシャンにとって、アルバムはコンサートの集客のための宣伝媒体であり、無料で配布してかまわない。それによって、コンサートやグッズの販売による収益があがるからだ。
その他、行動経済学を引き合いにした考察など、いろいろな具体例がちりばめられており、読み物としてはおもしろい。ただし、決して経済学や企業経営の専門書として読むべきではない。
さて、本書の主旨を、エイベックス所属のプロデューサである菊池一仁氏が、ちゃんと理解したとすれば、次のような疑問をもつはずだ。
「すでに固定ファンがたくさんいる浜崎あゆみや倖田來未の楽曲と、まだまだファンを増やす必要のあるalanのような新人の楽曲が、同じ1曲200円でダウンロード販売されるのは、おかしいんじゃない?」
本書が投げかけている本質的な提案は、複製コストがほぼゼロの著作物を、複製コストのかかる著作物と同じ考え方で価格設定するのは、むしろ権利者にとって損失になる、ということだ。
たとえば、浜崎あゆみの熱狂的なファンは、1曲が300円になってもダウンロードするだろう。300円なら買わないというなら、楽曲の品質がその程度にしか評価されていないだけのこと。
しかし「alanってだれ?」という消費者にとって、alanの楽曲の価値はゼロだから、200円という価格は、期待する品質に対する価格としては200円÷ゼロで無限大の壁になる。
まだ無名のalanの楽曲を100円であれ200円であれ、有料で配信することは、その歌手を知らない多くの消費者にとって、「エイベックスはalanを売る気はありません」という意思表示になってしまう。
仮にエイベックスの音楽制作部門が、制作部ごとの独立採算制になっているとすれば、組織自体がデジタル配信時代に追いついていない、ふるくさい組織ということになる。
浜崎あゆみやEXILEからあがる収益は、エイベックス内部で、無名の新人を売り出すコストをまかなうために、積極的に流用されて当然だ。他のレコード会社でも同じことが言える。
さもないと、そのレコード会社は全体としてジリ貧になる。
もしも著作権管理団体の体制が、デジタル配信時代に追いついておらず、作品ごとにきめ細かい価格決定をするのをさまたげているなら、JASRACにメスを入れるべきだろう。
さもないと、個々の歌手をいくら一生懸命売りだそうとしたところで、音楽業界は寡占状態になり、多様性をなくし、創造性が犠牲になる。それでいいのかという話だ。