タグ別アーカイブ: タブレット

Android PoliceがNEC新機種Medias X 06Eをやや冷笑的にレビュー

Android関連の最新情報をとるなら、Android Policeという英語サイトがいちばんおすすめだ。
たまたま今日このサイトが、NECのNTTドコモ向け最新機種「Medias X 06E」を、かなり冷笑的に取り上げていたのを見つけた。世界初の水冷CPUスマホだ。
[WTF Japan] NEC Unveils A Water-Cooled Smartphone – With Jewelery – Especially For Women (2013/05/15 Android Police)
Android Policeの記事の文面は、いつも言葉の端々に皮肉が効いている。この記事をできるだけ原文どおりに試訳してみる。
「あなたが探していたのはたぶん水冷式のスマートフォンではないだろう、でも日本のスマートフォンメーカーNECは今日、Medias X 06Eと大まじめに名付けられたNTTドコモ向け端末を発表した。CPUをH2Oで冷却する世界初のスマートフォンだが、性能は決定的にふつうで、NECはHTCのRhymeと本質的に同じように、”女性の”電話としてマーケティングするつもりだ。」
「正直に言って、Medias X 06Eはちょっとひどい冗談のように聞こえる。必要以上に女性的なデザインと水冷システムというギミックは、望ましい機能より注目を集めるための叫び声のように見える。たぶん、女性のためのスーパーフォンというのはありだが、私は興味が無い。」
このAndroid Policeの記事の引用元は、『The Verge』の下記の記事だ。
NEC knows what women want: a water-cooled smartphone (2013/05/15 The Verge)
ちなみにこのThe Vergeは、NECの2画面折りたたみ式「Medias W N-05E」について、以下のように書いていた。
NEC says two phone screens are better than one with Medias W (2013/01/21 The Verge)
タイトルからして「NECはMedias Wについて電話の画面は1つより2つのほうがいいと言っている」と、人を食ったようなタイトルだ。
そして本文の冒頭。
「世界でもっとも奇妙なデザインの電話を提供することにかけては、いまや日本に頼れるだろう、しかしシャープや富士通のような会社はどこにでもあるようなストレートな平板のAndroidを生産することで落ち着いている。NECに感謝」
本文の末尾。
「これを日本以外で見ることができるだろうか?まずありそうにない。しかしNECは最初に2画面の試作品を発表したときこれを”グローバルモデル”だと確かに呼んだ――輸入業者はしっかり注目したいと思うかもしれない」
NECがグローバルモデルだと言い張るからには、本当に海外市場に輸出するのかどうか、海外の輸入業者は注目したくなるだろう、という意味だ。
さて、水冷CPUのNEC新機種の記事にもどろう。
「私たちは、日本の電子機器メーカーNECがワイルドなデザインの電話(訳注:上記の2画面スマホのこと)を嫌がらないことを既に知っている。しかし、同社は画期的なスマートフォンの機能を発表した。世界最初の水冷CPUだ。」
「では性能上の利点はあるのか?そうとは言い難い。内臓チップ(APQ8064T)は、今日発表されたいくつかのドコモ向け製品を含め、他の多くの電話と同じ1.7GHzだ。クアルコムは1.9GHzまでのクロックアップに対応しているにもかかわらずである。NECによれば、冷却に酔って過熱しがちにならないので、プロセッサがフルパワーでより長く稼働するという。しかしCPUがバッテリー寿命を最適化するために、電力消費を動的に低減しているのに、そういった特定の問題がどれくらいの頻度で起こるのか、興味深いところだ。」
平均的な性能のスマートフォンに、水冷システムを組み込んでいる点に、The Vergeの記者は明らかに懐疑的だ。
さて、日本の電気機器メーカーが、グローバルな観点からしてもおかしくない開発センスを取りもどすのは、いつの日のことだろうか。

Android ZT-180タブレット、購入3週目で早くも起動不能

新年早々、悲しいお知らせである。2台目の中国製Android 2.1タブレット SENITHINK ZT-180が、購入3週目で早くもお亡くなりになった。
電源を投入すると、最初の「ePAD」ロゴ、Linuxペンギンアイコン、CUI表示の「ANDROID _(アンダーバーは点滅)」までは進むのだが、その後、待てど暮らせど初期画面が起動しなくなった。
やむを得ずシャープペンシルの先端でRESETボタンを押しこんで、電源を再投入したが、やはり起動しない。何度やっても無理だった。
機能的には、感圧式タッチパッドの感度も全体的な処理速度も全く問題なかったのだが、起動しなくなったのではどうしようもない。
完全にお金のムダだった。そういうことで、皆さん、やっぱり中国製のAndroidタブレットは買わないように。(汗)

Androidタブレット(中国製)HAIPADのレビュー(4)

ドキドキ堂で購入したAndroid OS 2.1、10インチ液晶タブレットHAIPAD M1001だが、機能、内蔵リチウムイオン・バッテリーの持ちがあまりに悪いので、手持ちのUSB出力付きeneloopから充電すべく、USB充電ケーブルを注文した件。
セレクト通販 Shop U 楽天市場店舗
こちらの「USB電源ケーブル」で、外径2.35mmのDCプラグ、極性が正と逆を両方注文し、届いたのでさっそく試してみた。
極性は正が正解だったが、USB出力付きeneloopリチウムイオンバッテリーとUSB電源ケーブルでつないで、eneloop側の充電開始ボタンを押してみる。
確かに最初の10秒ほどはHAIPAD M1001が充電状態になるのだが、すぐにeneloop側の充電モードが自動でOFFになってしまう。何度やっても同じで、結局、極性は正しいが、充電は不可能だった。
たぶん、このeneloopリチウムイオンバッテリーの出力が5Vしかなく、HAIPADの充電池が9Vの出力を要求しているのが原因と思われる。
eneloopシリーズには出力9Vの製品もあるが、そのためにまた8,000円近く出費するのもややバカらしい感じがする。
やはりHAIPAD M1001は重量を思い切って軽くした分、外へ持ち出す用途としては、バッテリー容量が決定的に不足していると言えそうだ。
タッチパッドの反応も、やはり手持ちのソフトバンクHTC Desire II(静電式)に比べると圧倒的に悪い。
またもや使えないシロモノをつかまされた感が強くなってきた。
だったら最初からiPadのWiFiモデルを買えよという話だが、あくまでAndroidにこだわるのだ。ここでスティーブ・ジョブズに負けている場合ではない。
iPadのWiFiモデル16GBは47,000円前後。もう一台、中国製Androidタブレットを購入しても、まだ損はしていない。。。と自分に言い聞かせるのであった。。。

Androidタブレット(中国製)HAIPADのレビュー(3)

ドキドキ堂で購入したAndroid OS 2.1、10インチ液晶タブレットHAIPAD M1001だが、機能、内蔵リチウムイオン・バッテリーの持ちがあまりに悪いと分かった。

そこで、何とか手持ちのUSB出力付きeneloopから充電できないかと思い、HAIPAD M1001に合うUSB電源ケーブルを探した。
DCプラグにはいろいろ種類があるが、HAIPAD M1001のDCプラグはいちばん細い外径2.35mmのものらしいと分かった。そこで楽天市場を探し回って下記の店舗を見つけた。
セレクト通販 Shop U 楽天市場店舗
こちらで「USB電源ケーブル」をクリックすると、様々な外径のDCプラグを持つUSB電源ケーブルが見つかる。HAIPAD M1001のDCプラグの極性が正なのか逆なのか分からなかったので、取りあえず両方を注文した。
さてさて、この電源ケーブルを使って、ちゃんとSANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリーから給電できるかどうか、後日のレポートを乞うご期待。(って引っ張るほどのことじゃないな)

Androidタブレット(中国製)HAIPADのレビュー(2)

ドキドキ堂で購入したAndroid OS 2.1タブレットのHAIPAD M1001のレビュー続き。
HAIPAD M1001製品ページ(ドキドキ堂)
まず、キーボードとマウスのUSB接続を試してみた。
2つあるミニUSBポートの両方とも、本製品付属のミニUSBホストケーブル(ミニUSBオス~USBメスケーブル)にキーボードを接続したところ、全く問題なく使えた。
BUFFALOのドライバレス無線マウスも、受信器をUSBホストケーブルに挿したところ、やはり問題なく使えた。
ただ、キーボードで特定のキーを素早く連打すると、Android OSがフリーズしてしまい、電源の強制断するしかなくなった。したがってキーボード入力は避けたほうがいいと判明。
また、USB経由の充電は不可能と判明。
PCにUSBケーブルで接続して、外部ストレージとして認識させるには、「設定>アプリケーション>開発>USBデバッグ」で「USB接続時はデバッグモードにする」をONにすればいい。
すると、PC(Windows Vista Home Premium)に最初に接続したとき、PC側で自動的にドライバのインストールが完了し、タブレット内部のmicroSDHCカードをPCから閲覧できるようになる。
USB関連は以上。
次に個人的にいちばん心配していたリチウムイオン・バッテリーの持ちだが、無料ソフトBattery Indicatorをインストールしたところ、フル充電しても100%表示にならず、80%で止まる。
そこから、ときどきスリープさせつつ、バックグラウンドでtwiccaと口袋微博とギューニュースを動かして、定期的にWiFi通信させる状態にしておいた。
すると、2時間半でバッテリーが切れた。ちょっとこれは外へ持ち出すには致命的な短さで、常に付属のACアダプタで電源供給できる場所でないと厳しい。
以上、HAIPAD M1001のレビュー2回目でした。