タグ別アーカイブ: ソニー

シャープの轍を踏む東芝の「BookPlace」

東芝が発売する電子書籍端末「BookPlace DB50」、この強い既視感はいかんともしがたい。
シャープが芥川賞作家の平野啓一郎を招いて、電子書籍端末「GALAPAGOS」を大々的に発表したのは2010/11/29のことだった。
『シャープ、作家の平野啓一郎氏を招き「GALAPAGOS」イベントを開催』(2010/11/29 PC Watch)
正確にはもう少し前に「GALAPAGOS」は発売されていたが、それを平野啓一郎という若手純文学作家をダシに、端末機器の性能だけでなく、配信されるコンテンツ面からも力を入れますよ、というシャープのアピールだったと思われる。
しかし、純粋な電子書籍端末としての「GALAPAGOS」が大失敗に終わったのは、周知の事実だ。
そして東芝は、あれから1年強しか経っていないのに、同じ過ちをくり返そうとしている。
『東芝、電子書籍専用端末「BookPlace DB50」リリースの理由』(2012/01/26 19:00 IT Media)
さすがに純文学作家の平野啓一郎では、「平野啓一郎。誰それ?」という一般人に訴求しないと思ったか、「キレイどころ」の東京大学卒女性タレント・三浦奈保子と、より柔らかい作風の大衆小説家・井沢元彦の二人をそろえた。
東大卒の女性タレントと大衆小説家をゲストに呼ぶ時点で、すでに「電子書籍はコンテンツ次第で端末機器はどーでもいい」ということを、東芝は完全に見誤っている。
まず、この「BookPlace DB50」が情報端末としてどこまでのことができるかは、以下のGIGAZINEの記事が詳しい。
『東芝の電子ブックリーダー「ブックプレイス(BookPlace)DB50」で何ができるかまとめ』(2012/01/26 15:46:17 GIGAZINE)
Android端末としては使えないので、せっかくのWSVGA液晶やmicroSDカードスロットが、ほぼ完全にムダなスペックであることがわかる。まさにシャープが大失敗した最初の「GALAPAGOS」と同じ考え方で作られた製品だ。
では東芝は何で差別化しようとしているのかといえば、価格であって、価格しかない。
実売価格はネットの各種記事によれば22,000円前後になり、BookPlace専用の電子書籍販売サイトの5000円分ポイントが付いてくるらしい。それでも米国Kindle Fireより高い。
しかし、そもそもシャープの「GALAPAGOS」が大失敗し、ソニーの「Reader」がヒットしない根本原因は、価格ではない。日本の書籍流通が旧態依然たる構造になっていて、電子化される書籍にろくな本がないからだ。
「GALAPAGOS」発売のときにも同じことを書いたような気がするのだが、ゴミみたいな本しか読めないことはBookPlace専用のコンテンツ販売サイトに接続して、例えば「文学」や「ビジネス・社会・IT」、「ノンフィクション・ドキュメンタリー」をクリックしてみるといい。
まず、池田信夫氏に敬意を表して池田信夫著の書籍を検索すると、4件しか出てこない。あの多作の宮台真司にいたってはたったの5件。なんじゃこれは。
しかも、例えば最近、書店で平積みになっている池田信夫氏の新刊『イノベーションとは何か』は1,600円。
Amazon.co.jpで紙の『イノベーションとは何か』を注文すれば2,100円で翌日に届き、読み終わったら同じくAmazon.co.jpで古書として売り払えば、差し引き実質500円くらいで読めるだろう。ブックオフに売っても実質1,500円くらいでは読めるはずだ。
それに対して、BookPlaceで同書を購入してしまうと1,600円かかり、古書として売りさばくことさえできないどころか、自分のPCやスマホで読むことさえできない。
同じことは、現在日本国内で販売されている全ての電子書籍端末に当てはまる。この状況で電子書籍を購入する人は、金があり余ってどうしようもない人か、経済観念のまったくない人だろう。
いい加減、シャープ、東芝、ソニーなどなど、国内の電機メーカーは、日本国内の紙の書籍流通の現状を無視して、電子書籍がビジネスとして成立するという大いなる勘違いをし続けるのはやめたらどうか。

著作権保護つき電子書籍の普及は、弱者から本を奪う

電子書籍について、Apple社がソニーのiOS用Readerアプリを、App Storeに登録すすることを拒否したらしい。
I heard that Apple rejected the registration of Sony’s Reader to App Store.
「アップルが iPhone版 ソニー Reader アプリを却下、独自ストアを締め出し?」(『エンガジェット・ジャパン』2011/02/01 07:45)
“Apple rejects Sony Reader app, really doesn’t want you buying content from others (update: Apple says it needs official in-app purchases)” (ENGADGET Feb 1st, 2011 12:39PM)
個人的な推測だが、AppleはAmazonなど、他社の独自ストアまで締めだすつもりはなく、ソニーが自社レーベルの楽曲をiTunes Storeに提供していないことを、根に持っているだけじゃないかと思うのだが。
I personally suppose Apple has no intention to reject other stores such as Amazon’s digital book store for Kindle. Apple simply doesn’t like Sony because Sony doesn’t sell their music on iTunes.
まあ、それはどうでもいいとして…。
Anywhere, that’s none of my business…
電子書籍について、シャープがGALAPAGOS(ガラパゴス)みたいなものに、開発費や広告宣伝費を投じるなんてバカげていると考えるうちに、次のような疑問が浮かんだ。
When I was thinking why Sharp learns too slowly to stop spending shareholders’ money on advertising and improving their proprietary digital book reader ‘GALAPAGOS’, an idea came to me.
電子書籍図書館というものができたら、著作権法違反になるのではないか?
digital book libraries might be involved in a lawsuit because of copyright infringement.
電子書籍には「古本」市場がないのではないか?
There might be no used book stores for digital books.
読み終わった電子書籍は、寄付することができないのではないか?
After I finish reading digital books, I might not be able to donate them.
極端な話、世の中のすべての本や雑誌が、クレジットカード決裁のオンライン・ストアでしか買えない電子書籍になると、クレジットカードを持てない「貧しい」人たちは本を読めなくなる。
In an extreme case, if all books in the world go electronic which can be bought only with credit card, the poor who can’t hold credit card will no be able to read any books.
そこまで行かなくても、いったい図書館というものはどうなるのか。
Even not in an extreme case, what will the future of library look like?
自分で決済手段を持てない子どもたちや、貧しい人たちは、紙の本であれば、たとえ一冊1万円近い専門書でも、図書館から無料で借り出して学ぶことができる。
Children and poor people who don’t have their own way of online payment can borrow even expensive books from libraries in the real world.
読み終わった本を図書館などに寄付することで、図書館は図書購入費をわずかでも節約できるかもしれない。
If people donate the books they finish reading, the libraries can reduce purchase cost a little.
本や雑誌が電子化された後も、図書館という無料貸し出しモデルを維持しようと思えば、端末ごと無料で貸し出す必要があるだろう。
If libraries want to continue lending out books for free even after many books go digital, they also have to lend e-book readers for free.
でも、よほど端末の価格が下がらない限り、端末も無料で貸し出すのは、図書館にとって運営リスクが高すぎるだろう。
However, lending digital devices for free is too risky for the libraries from the viewpoint of operational cost, unless such devices get cheaper enough.
例えば、今や性能の低いノートパソコンは1万円以下で手に入るが、館外持ち出し可のノートパソコンを準備している図書館なんてあるだろうか。
For example, low-spec laptop PCs already cost only 100 dollars or so, but we can’t find libraries which lend laptop PCs for free, at least in Japan.
それに、「まねきTV」の判例などを見ると、図書館が大量の電子書籍端末を、任意の電子書籍を読める状態で保管し、任意の利用者に貸し出せるようにすれば、著作権法違反になるのではないか。
In addition, there was a surprising subrime court decision in Japan. It says a company called Maneki TV infringes the copyright of television stations because this copany helps customers to watch Japanese domestic television programs in another country by using Sony’s device called ‘Location Free’.
善意の図書館と、悪意の「図書館」を技術的に分類するには、日本だけでなく、世界で統一された著作権管理の規格が必要になるだろう。ネット上の図書館には国境などない。
We will need global standard for managing copyrights in order to distinguish ‘good’ libraries from ‘bad’ libraries because the online libraries is borderless.
だが、電子書籍の販売がビジネスである以上、規格どうしの競争がつづき、世界統一規格など望むべくもない。
As long as selling digital books is a pure business, the competition among different technologies for managing copyrights will go on. Why can we expect the one and the only standard technology for managing copyrights?
また、古本の流通がなくなってしまうと、やはり経済的な弱者が読書の機会を奪われることになる。
Another problem is the vanishment of used book market. This also deprives poor people of opportunities of reading expensive books.
今までなら、値段の高い本でも、古本なら何とか買えるということで、手に入ったかもしれない。
Even poor people can buy expensive books for the time being because there are used book markets.
しかし、電子書籍は物理的に劣化しないので、「古本」という概念そのものがなくなる。値段を下げて売る根拠がなく、すべての電子書籍は「新品」だ。
However, digital books will never deteriorate. There can’t be any “used digital books”. There is no reason for discounting digital books even if read thousands of times. Every digital book is “new”.
このように電子書籍は、経済弱者から教育の機会を奪い、経済格差による教育の格差をいま以上に拡大させるおそれがある。
As you can see, digital books might deprive the poor people of educational opportunity and produce the widening disparity of education caused by economic inequality.
書籍の権利者が、電子書籍の著作権管理を厳しくすればするほど、経済弱者から学習の機会を奪うことになる。
The more strictly the copyright holders manage their copyrights, the less opportunities the poor people will have.
もちろん、逆にインターネットを通じてタダで手に入る知識や情報も増えているが、それにしてもインターネットをいつでも使えることが前提だ。
Of course, the Internet provides more and more knowledge and information for free on the asumption that the users can access the Internet anytime.
著作権管理のシステムや、クレジットカード決裁、特定のウェブサイトへの登録など、電子書籍を使うためのしきいを上げれば上げるほど、そもそも活版印刷が人間に何をもたらしたのか、という話になる。
If the prerequisites for using digital books continue increasing, e.g. copyright management systems, credit card payment and registration to the vendor’s website, why did the human-being invent movable types?
活版印刷によって、それまで一部のエリートしか手に入れられなかった知識を、より多くの人たちに伝えることができるようになった。
Movable type has made it possible that more and more people can access to the knowledge and information which only elites was able to access before.
ところが、電子書籍の普及によって、逆に電子書籍化された知識が、経済的に豊かだったり、IT知識のある人たちだけのものになるなら、いったい何のために活版印刷で情報を大量に印刷できるようにしたのか。
If the digital books encourage the monopoly of digital knowledge, why did we facilitate information exchange by inventing the movable type?
経済弱者やIT弱者は、電子書籍が自分たちの手に落ちてくるまで、指をくわえて見ていろ、ということなのだろうか。
Do the poor and IT illiterate people have to wait with envy until cheap digital books and e-book readers drop into their hands?
>>「シャープの電子書籍端末『ガラパゴス』は完全にバカげている」(2010/09/28)
>>「続・シャープの電子書籍端末『ガラパゴス』は完全にバカげている」(2010/12/14)
>>「SHARP、GALAPAGOSが海外展開するというアホらしさ」(2010/12/31)
>>「SHARP、GALAPAGOSをインドやアフリカの電子教科書に!?」(2011/01/03)
>>「電子書籍なんて、やめてしまえばいい」(2011/01/25)
>>「SHARP、GALAPAGOS(ガラパゴス)の哀れをもよおすテレビCM」(2011/02/01)
>>「電子書籍端末って、一体だれが、どこで使うの?」(2011/02/04)