PowerShellでフォーム認証Webアプリのログイン後セッションを使いまわす

PowerShellでフォーム認証のWebアプリケーションにログインし、そのセッションを利用していろいろな操作をする方法。 詳細者こちらのMicrosoftのページ $loginURLにはログインフォームのあるページのURLを代入しておく。 フォームのあるページのソースコードを表示して、ユーザ名、パスワードそれぞれの入力欄のnameプロパティを調べておく。 ここではそれぞれ「username」「password」だと仮定する。 -SessionVariableで「ss」と指定しているので、セッションは$ssという変数に格納される。 $ret = Invoke-WebRequest $login 続きを読む PowerShellでフォーム認証Webアプリのログイン後セッションを使いまわす

マイクロソフトが言いたがらないOffice365の実態

たまたま下記のスレッドを、マイクロソフト公式Office365フォーラムで見つけた。 「Office365バージョンアップ後からプロキシサーバの接続セッション数が異常に増加」 (マイクロソフトOffice 365フォーラム) Office365のユーザ企業が、Exchange Onlineが2010から2013にバージョンアップした結果の仕様変更というより仕様「改悪」のため、プロキシサーバー増設という追加投資をせざるを得なくなった、という内容だ。 Outlookから接続するとき、Exchange 2010の場合はクライアントアクセスサーバへのセッションだけだが、Exchange 2013からは 続きを読む マイクロソフトが言いたがらないOffice365の実態