タグ別アーカイブ: エイベックス

日中合作アニメ『チベット犬物語』は日本で成功しない

今日(2011/07/15)から、中国全土で日中合作アニメ長編映画『チベット犬物語』(原題『藏獒多吉』)が劇場公開される。日本でも年内に公開されるらしい。
エイベックス所属の中国人女性歌手、alanが主題歌を担当、登場人物の一人、メイドラム役の声優も担当している。
新作映画を紹介する中国のテレビ番組を見て、『チベット犬物語』がどういった映画なのか、だいたい分かってしまったので、日本公開を待たずにレビューするという思い切ったことをしてみたい。
物語については、以前から中国の各種サイトで紹介されている内容のとおり。今は初老になった男性が、子供の頃、父親の仕事の関係で生活したチベット自治区で出会った、チベット犬との思い出を回想するというもの。
チベット自治区の美しい大自然が、精緻な背景画で再現され、人間とチベット犬の強い絆、悪を具現した巨大な怪獣との戦い、自然と共存しつつ暮らすチベット族の生活などが、感動的に描かれる。
主人公は子供時代の語り手である、ティエンジン。そして、あまりデフォルメなく、リアルに描かれたチベット犬、ドルジ。
ドルジが巨大怪獣と戦うシーンや、ドルジがティエンジンを雪崩から救い出すシーンなど、スピード感のあるアクションシーンも豊富なようだ。
『チベット犬物語』の物語や演出、作画を見ると、日本でこの作品を観るとすれば、ジブリアニメのファン層と重なるだろう。問題はジブリアニメのファン層が、日中合作のアニメを観ようという気になるかどうかだ。
ジブリアニメのファン層は、コアなアニメファンというより、ファミリー層が多いと思われる。
宮崎駿自身は完全な左翼だとしても、『チベット犬物語』は、ある程度、中国とチベット自治区についての予備知識がないと「的確に」鑑賞できないと思われる。
中国人の観客にとって、チベットはエキゾチックな魅力があるかもしれないが、日本人にとって、経済成長いちじるしい中国と、ダライ・ラマと仏教のイメージが強いチベットは全く別物だ。
ふつうの日本人は、国家としてのチベットと、中国のチベット自治区の区別など関心がない。逆に関心がある人は、中国政府はチベットを弾圧する悪者という「FREE TIBET」の立場をとる人がほとんどだ。坂本龍一もふくめて。
日本の一般的なファミリー層が、チベットに強い関心があるとは思えないので、残念ながらジブリアニメのファン層が『チベット犬物語』を観ようという気にはならないだろう。
しかも『チベット犬物語』には、コアなアニメファンを惹きつける要素が一つもない。
「萌え」な少女もツンデレ少女も登場しないし、クールでかっこいいお兄さんも登場しない。もちろん腐女子の喜ぶボーイズ・ラブ要素もないし、逆に百合の要素もない。
過去に背負ったトラウマを引きずる少年や少女もいないし、超能力に突然めざめる少年や少女もいない。ロボットも当然、登場しない。
一人の少年や少女が地球規模で秩序を変えてしまうような「セカイ系」要素もないし、平々凡々たる日常が延々と続くこともない(適度にハラハラする事件がおこる)。
相手の読みのウラのさらにウラをかくような騙し合いもないし、グロい戦闘描写もない。板野マジックが冴えるような空中戦もないし、パースが極端に歪んだ前衛的な表現があるわけでもない。
いかなる点でも、コアなアニメファンを満足させるだけのものが『チベット犬物語』には全くない。このあたり、オタクを軽蔑している「リア充」の方々には分からないだろうなぁ。
同じ中国製のアニメなら、2011/07/08から中国で公開されている『魁抜』の方が、よほど日本のコアなアニメファンにも理解できる要素がたくさん詰め込まれている。
中国国産アニメ『魁抜』(YouTube)
あるいは、こちらは自主制作だが中国製アニメ『カンフー料理娘』も秀逸だ。
中国製 自主制作アニメ『カンフー料理娘』(YouTube)
結論:『チベット犬物語』は日本で公開されても大失敗する。(天津ほどの大都市でも上映館がなく、中国本土でもalanファンなど、特定の層しか観に行かなさそうだし)

alanのニューシングル『みんなでね/生きる』2011/06/29発売

alanの2011/06/29発売の両A面ニューシングル『みんなでね/生きる』。
いつものalanの曲と同様、どちらの曲も最近のヒット曲に共通する強いビートや印象的なリフレインがなく、ウェルメイドで上品なポップスなので、爆発的にヒットすることはまずないだろう。

『みんなでね』の方は上野動物園にやってきたパンダを歓迎する曲。alanの出身地である中国四川省にパンダの一大育成基地があることと、もちろん無関係ではない。
alan自身も『ゲッカヨ』のインタビューで、今回の『みんなでね~PANDA with Candy BEAR’s~』という曲で、単身来日して歌手としてデビューした自分自身と、四川省からやってきたパンダのリーリー、シンシンを重ねあわせている。
なので「日本のみなさん。私たち人間も、パンダも、みんな地球という大きな家の家族です。みんなでいっしょに生きましょう」というメッセージがこめられている。
これはalanのデビュー以来、エイベックスがalanといっしょに発し続けている一貫したメッセージだ。日本の若年層が、こういう地球規模の「キレイごと」のメッセージに共感できるかどうかは別として。
こういう普遍的なメッセージは、だいたい欲にまみれた私生活を送っているオジサンに、いちばんウケが良い。
『みんなでね』のサビのアレンジは、なぜか大瀧詠一『ナイアガラトライアングル』風になっている。
そして両A面のもう一曲『生きる』は、うわさによれば松本隆が作詞したらしい。alanの日本語の発音は、テンポの遅いバラードでも、まだ少し不明瞭なところがあるので、聞き取りづらいが、おそらく以下のような歌詞と思われる。
明らかに東日本大震災の被災者のみなさんを意識した内容になっている。
「夕映え 天と地とのすき間で いただいてみる
静まりかえる海 きれいね
心は塵(ちり)になって 何度も砕かれたけど
立ち上がる元気も あるから
新しい価値観が あの日から
私の中 目ざめてく
未来ってどこにあるの 神様は無言のまま
今日と明日をつなぐ糸を つなわたりするように
未来って死語じゃないね 私たち生きてる
喜怒哀楽そのすべてを 両手に抱いて 生きる
不幸に目かくしされ 孤独に捨てられたって
星はくつの先を 照らすよ
古い自我脱ぎすてて 顔上げて
胸もすこし はりながら
未来ってどこにあるの さがしても見つからない
私たちの心の目が 描いたり創るもの
未来って死語じゃないね 私たち生きてる
喜怒哀楽そのすべてを 両手に抱いて 生きる
未来ってどこにあるの 迷っても歩き出そう
目配せして 笑みかわして 腕くんでスキップして
未来ってどこにあるの さがしても見つからない
私たちの心の目が 描いたり創るもの
未来って死語じゃないよ 私たち生きてる
喜怒哀楽そのすべてを 両手に抱いて 生きる」
ふつうポップの歌詞には出てこないような「いただいてみる」「価値観」「死語」「自我」「喜怒哀楽」といった単語が出てくるので、さらっと聴いただけでは、何を歌っているのかピンと来ない。
スローテンポな曲だけでなく、歌詞の面でも、若年層向きではなく、明らかに中年層向けの一曲。まさか「死語」が「死後」とダブルミーニングになっているとか、そこまではないと思うけれど。
どちらにしても、菊池一仁の作る曲はつねに王道で、ウェルメイドで、上品で、美しいメロディーのポップスなだけに、最近のヒット路線ではない。おそらくこのalanの両A面のニューシングルも、ファンしか買わないだろう。
個人的には、日本人にもっと分かりやすい、女子十二楽坊的なビートの強い中華風アレンジのアップテンポなシングルを、2~3枚連続リリースして、衣装もチャイナドレスほど露骨でないにしても、きれいな刺繍のある、赤をアクセントにしたタイトなラインのワンピースとかにして、とりあえずより多くの日本人に名前を知ってもらう方がいいと思うのだが…。
まあ一人のファンが何を言っても、どうやらエイベックスのalanプロデュース陣は、意地でもalanを「日本に適応した、音楽に国境はない歌姫」路線で売りつづけるつもりらしいので、やむをえまい。

alanの3rdアルバム『JAPAN PREMIUM BEST』売上不振について

たまには、かる~い芸能ネタを。
alanの日本語3rdアルバム『JAPAN PREMIUM BEST & MORE』は、既発の全シングルと新曲4曲のベストアルバムになっているが、売れ行きはふるわない。
参考:「alan」(ウィキペディア)
オリコンによれば、各アルバムの初週売上、累計売上は以下のとおり。
1stアルバム『Voice Of EARTH』 初週 11,056枚/累計 25,025枚
2ndアルバム『my life』 初週 11,748枚/累計 21,065枚
3rdアルバム『JAPAN PREMIUM…』 初週 8,385枚/累計 11,340枚
ちなみに、1stアルバムの発売1か月後、日本で『レッド・クリフ PartII』の上映が始まり、主題歌『久遠の河』(2009/04/08発売)もリリースされた。
この『久遠の河』は、彼女のシングルとしては週間チャート最高3位。同じ中国出身の女性歌手フェイ・ウォン『Eyes On Me』(1999/02/24発売)の週間チャート最高9位を抜いたとして、alan関係者と中国「だけ」では大きな話題になった。
(ただし累計売上では『Eyes On Me』は335,620枚、『久遠の河』は37,740枚。ケタ違いに『Eyes On Me』の方が売れている。1999年当時が「J-POPバブル」だったことと、ファイナル・ファンタジー人気が主因だろう)
『久遠の河』のおかげで、この曲が収録されていない1stアルバム『Voice Of EARTH』は、登場回数15週のロングヒットとなった。それでも累計売上は25,025枚と、J-POPアルバムとしては一般的。
僕のようにalanを2007年デビュー当時から知っているファン以外は、ほとんどが『レッド・クリフ』の主題歌をきっかけにalanを知ったと思われる。その人数が、『Voice Of EARTH』の初週売上と累計売上の差、1.4万枚にあらわれている。
では『Voice Of EARTH』で2.5万人がalanを認知したはずなのに、なぜ2ndアルバムの初週売上が1stの初週売上と同水準なのか。
これはエイベックスの宣伝不足が原因だ。その証拠に2ndアルバムの累計売上は、最終的に2万枚を超えている。『レッド・クリフ』でalanを認知した人が、2ndアルバムの発売を知るのが遅すぎた。
2ndアルバムの初週売上と累計売上の差は、新たにalanを認知した人数とは考えづらい。『レッド・クリフ』のような大きなタイアップがなかったからだ。
では今回のベストアルバムも、現時点の累計が1万枚強にとどまっているのは、まだ発売に気づいていないalanファンが、あと1万人残っているということだろうか。
僕はそうではないと思う。たぶんベストアルバムの売上は、これ以上大きく伸びないだろう。
3rdアルバムの発売前、alanはニコニコ生放送に4週連続で出演したが、その時の入場者数は最大で24,240人強、最終的には12,361人に落ち着いている。僕は4週とも見ていたが、alanファンとしても、正直やや退屈だった。
なので4週目の12,361人は、ほぼコアなalanファンののべ人数(ニコニコ生放送の視聴者数は放送時間中の入場のべ人数なので)と考えていい。
つまり実際にはコアなファンは1万人を切っている。それが3rdアルバムの売上に反映されており、4週間の累計でさえまだ11,340枚にとどまっている。
以上のことから、2ndアルバムと3rdアルバムの間に起こったことは明白だ。コアなalanファンの一部が、ファンをやめつつあるのである。
その多くは、KARAや少女時代など、他の日本以外のアジア地域の女性アイドルに流れていると見るのが妥当だろう。
韓国の国策、日本の大手メディアとの密接な関係もあり、韓国アイドルの露出が圧倒的なのは仕方ない。よほど「こころざしの高い」alanファンでない限り、他のアジア圏の女性歌手に流れるのは、しょせん「流行歌」の世界なのだから、とどめようがない。
エイベックスはようやく、alanを実力派歌手から「となりの女の子」路線に転換している。
やはりエイベックスは、中国人歌手を日本で売ることについて、リスク管理ができていなかったと言わざるをえない。言い換えれば、alanのプロデュース陣に、アーティストとスポーツマンはいたが、ビジネスマンがいなかったということになる。
alanの日本語力の向上をあきらめて、つたない日本語を逆に売りにせざるを得なくなっている。これは以前から僕が指摘しているように、エイベックスのプロデュース陣が日本語力の欠如リスクを甘くみていたせいだ。
また、「愛と平和」や「音楽は国境をこえる」などの「きれいごと」メッセージを、中国人が日本で発信することや、NHKの環境番組『SAVE THE FUTURE』とのタイアップで、中国人が日本で環境保護をうったえることなどの政治的なリスクも、プロデュース陣は軽くみていた。
理想論を語るあまり、現実のリスクに対応できない、そんなエイベックスの芸術家肌、かつ、体育会系のプロモーション活動が、結果的にalanのコアなファンを確実に減らしつつある。
2011/07/31人見記念講堂で開かれるコンサートのチケットは、3rdアルバム先行予約特典で販売したが、まだ完売しておらず、再度「先行予約」が実施される。
流行に敏感に左右される首都圏のファンが確実に減り、コアなファンが地方都市に残るという「ドーナツ化」現象が進んでいる証拠だろう。
これまで、alanのプロモーションは首都圏中心に行われ、西の首都・大阪のファンでさえ不満を持っていた。首都圏ファンの減少は、alanの日本での活動継続にとって大きな問題となる。
矢継ぎ早にシングルを出すことより、1曲ずつていねいに、地方都市も回って宣伝活動していれば、首都圏の人気に左右されない基盤をつくれたかもしれないが、今となっては遅い。
いろいろな意味でリスク管理が不十分なalanのプロモーションが、そろそろ限界にきているのではないか、という感じがする。
以上、素人による無責任な分析でした。

alan、ただいまイメチェン中

ただいま経済関係書を3冊並行して読書中で、とくに書くこともないので、最近のalanの動向について。

alanはエイベックス所属の中国四川省美人谷を本籍とするチベット族中国人の女性歌手。2007年日本デビューし、2011/03/02に3年間の活動の集大成としてベストアルバム『JAPAN PREMIUM BEST & MORE』を発売する。
デビュー以来、マイナーなイメージチェンジは何度かしてきたものの、ほぼ一貫して映画『レッド・クリフ』の主題歌を担当したり、NHKの環境番組『SAVE THE FUTURE』のテーマソング「懐かしい未来~longing future」を担当するなど、愛と平和という大きなテーマをもつ楽曲を主に歌い、気高さのある美貌と抜群の歌唱力で実力派として活躍してきた。
ただ、デビュー3年を過ぎて、『レッド・クリフ PART II』主題歌の「久遠の河」をピークとし、スマッシュヒットに恵まれず、タイアップは日本の時代劇のドラマや映画に限られ、ゴールデンタイムの音楽番組に出演することも、ほとんどなくなってきた。
その手詰まり感からか、2010/10/13リリース、東映時代劇映画『桜田門外ノ変』主題歌のシングル「悲しみは雪に眠る」のジャケットから、チベット族の出自や、中国人っぽさを全く感じさせない、親しみやすさや、どこにでもいる女の子、といったイメージに、少しずつ路線変更しつつある。
2011/03/02発売のベストアルバムのジャケットも、1stアルバム『Voice Of Earth』の仙女的なイメージや、2ndアルバム『my life』のハードJ-POP路線とはガラっと変わり、愛らしさを前面に出している。
それと並行して、ゴールデンタイムのマスメディアへの露出が難しくなったためと思われるが、同じエイベックス所属のお笑いタレント、古坂大魔王(こさか だいまおう)を司会に、ニコニコ生放送を最近、始めている。
2011/02/15(火)ニコニコ生放送『ニコ生でalanが新曲初公開&音楽サイト「ナタリー」 の取材をのぞいちゃう☆生放送!』
alan ツイッター(Twitter)
古坂大魔王 公式ブログ
ニコニコ生放送中にコメント欄を見ていると、初めてalanを見たらしいニコニコ視聴者が、alanの天然な可愛さにノックアウトされている様子が分かる。
また、たまにTwitCastingで、仕事の空き時間などの様子をiPhoneから生中継してくれることもある。もともと天然ボケなキャラをもつalanだが、今までにもましてファンとの距離を近づけようとしている。
alan TwitCastingライブ
日本デビュー3年で、エイベックスの計画性のなさのせいで、デビュー前に正規の日本語教育も受けさせてもらっていないので、alanの日本語はお世辞にも上手いとは言えない。
ただ、どうやらその日本語の下手くそさも含めて、天然ボケの親しみやすい萌えキャラにシフトしようとしているようだ。それがCDの売上や知名度の向上につながるか、しばらくは要注目。
う~ん、今日はすごく内容の薄い記事で申し訳ない。

alan、タイ王妃に接見。アジア・セレブの仲間入り!

先日書いたように、alanはタイ旅行中。2011/01/12にNHKのライブに生出演するため、もう帰国するようだ。
中国ツイッター(新浪微博)の方が、alan自身の細かい報告があって状況がよく分かるが、驚いたのは2011/01/08 02:21の以下のつぶやき。
「今回のタイ行きで幸運にもタイ王室王妃momに接見できました、ここ数日は王室警察の皆さんにも感謝したいです。。皆さんご苦労様でした、本当にすみませんでした。mom王妃は中国語も英語も流暢で、親しみやすい方です。。私が携帯電話を二度なくした日も、そのうち一回は探すのを助けて下さいました。。ありがとうございました!」 (2011/01/08 02:21)
なるほど。
いっそのこと、故郷に小学校を建てるというalanの夢も、エイベックスがお金を出して、企業の社会貢献活動の一つとして実現してしまったらどうだろうか。
タイ王室の警察に個人的なお願いができるくらい、alanがすでにアジアのセレブとしてVIP待遇を受けられるなら、日本でスマッシュヒットにさえならないCDを発売し続けて、日本のファンからセレブ生活の資金を徴収する必要はないだろう。
日本のalanファンの中には、中国人歌手が日本で売れるのが難しいことを知った上で、親元を離れて単身で来日し、日本の芸能界の慣習や、日本語の勉強に苦心しながらも、がんばっている彼女を応援したいという人が少なくないはずだ。
そういう動機でalanを応援してきた日本のファンがいれば、もう彼女を応援する必要はなさそうだ。
例えば、レーシック手術もエイベックスからプレゼントしてもらえるVIP待遇を、alanはすでに手に入れている。
alanが日本を拠点にセレブ生活を続けるには、エイベックスが収益をあげていればいいわけで、EXILEや浜崎あゆみや倖田來未や大塚愛を応援しておけば、その収益はちゃんとalanにも分配される。alanを直接応援する必要性はない。
また、ほんの数十秒かけて辞書を引けば訂正できるような日本語の間違いを、依然としてくり返し、そのヘンな日本語を「alan語」と称して開き直っている。
このことは、日本社会に適応するつもりはないという意思表示と解釈されても仕方ない。韓国のSMエンタにスパルタ式の特訓を受けている韓流タレントが、「現地化」の努力を惜しまないのとは大違いだ。
もちろん、alanの歌唱力や二胡の演奏など、音楽の才能は誰もが認めるところだ。
しかし、ポップス歌手ではなく、中国人民解放軍お墨つきの芸術家として活動するつもりなら、ベストアルバムを発売する必要もないし、定期的にシングルCDを出す必要さえない。
中国大陸のalanファンの方々は、彼女の活躍に一種のサクセスストーリーを見いだせるのかもしれないが、日本人はすでにセレブでVIP待遇のalanに、何を見いだせばいいのか。
そういうわけで、alanを応援するのが無理っぽくなってきた日本の一般庶民の皆さんは、ローラ・チャンを応援してみてはどうだろう。
「ローラSMILY日記」ローラ・チャン オフィシャルブログ
ローラ・チャンのデビューシングル『ひなげしの花』の売上は、オリコン・デイリーチャートにすら入らないという惨憺たる結果だ。
ただ、彼女は仕事の合間をぬって地道な勉強をした結果、日本語検定2級に合格している。少なくとも日本語の間違いを放置するほど彼女は怠惰ではない。
また、日本の一般家庭にホームステイ経験があるなど、テレビのこちら側にいる僕らふつうの日本人の生活もよく知っている。
あえて日本人の中国人に対する固定観念に媚びるような、きっと本人にとっては楽しくない仕事も引き受けている。
alanのような音楽の才能もないし、とびぬけて美人というわけでもないけれど、草の根的な日本と中国大陸の交流のイメージにより近いのは、間違いなくローラ・チャンの方だ。
台湾でも香港でもなく、中国大陸出身の中国人が、バラエティー・タレントとして活動するというのは、日本の芸能界で初めてではないか。
(※アグネス・チャン、リンリン・ランランは香港出身。テレサ・テン、ジュディ・オング、欧陽菲菲、ビビアン・スーはいずれも台湾出身)
いずれにせよ、僕自身、alanの何を応援すべきなのか、よく分からなくなってきたというのが実情だ。
それでもalanを応援しつづけるという方は、ぜひ、alanの何を応援すればいいのか教えてほしい。