企業向けモバイル端末管理製品2017年版「マジック・クアドラント」公開

毎年6月前後に公開されている、企業向けモバイル端末管理製品(Enterprise Mobility Management)の「マジック・クアドラント」2017年版が公開された。

今まで「リーダー」だった5強のうち、AirWatch(VMware社)、Mobileiron、MaaS360(IBM社)、BlackBerryは安泰だが、Citrix社だけが「ビジョナリー」に事実上の格下げになった。

各社の「強み」と「注意点」は以下のとおり。以下の要約はあくまで単なる参考であり、正確な内容については必ず原文を参照のこと。

VMware AirWatch

「強み」
・垂直統合型市場のほとんどで大規模導入実績あり。
・OS新バージョンの即日サポート、管理対象外端末に対する独自のソリューションについて技術革新を継続推進。
・これまでのEMMのみの導入に対して「Workspace One」が対象機能範囲を大きく拡張、競争力のある位置づけ。

「注意点」
・顧客企業から、テクニカル・アカウント・マネージャー(TAM)に直接コンタクトがとれないとの不満を継続して受けている。TAMオプション購入済み企業からは問題の報告なし。大規模導入についてVMware社は「pods」と呼ばれる直接サポートを追加。
・旧版のAirWatch Inboxをまだ利用している顧客企業が機能面と安定性の面で問題を報告している。Boxerの新機能S/MIMEサポートの品質が現時点で検証されていない。
・AirWatchのコード品質について継続的に報告を受けており、広範な互換性を提供しようとしている結果と思われる。

Mobileiron

「強み」
・昨年、顧客サポートの全般的な改善が報告されている。オンプレミス導入の顧客企業にも最新のパッチ適用を積極的に促し、クラウドユーザには定期保守によるサービス停止を適時に通知している。
・セキュリティと使いやすさの両立に焦点を当てている。各種法規制に対応、企業アプリストアやEmail+などの使いやすさも改善。
・クラウド版が、10万端末以上の大規模顧客にも導入されている。

「注意点」
・専業EMMベンダーとして、広範な製品を持つベンダーの競争力からプレッシャーを受けており、長期的に顧客が同社製品の適用範囲を縮小する脅威がある。
・導入直後からすぐ使えるレポーティングや分析機能が管理画面に組み込まれていない。
・AppConnect機能を利用しているユーザ企業が機能制限を考慮しなければならない。Android用AppConnectはiOS同様のSDKをサポートしていない。AndroidのAppConnectはラッパーにしか対応していない。

IBM MaaS360

「強み」
・システム管理者に便利な端末状況把握の機能を提供している。例えばポリシー違反や組織がさらされている脅威情報のダッシュボードなど。
・Windows 7、8、10、macOSに従来のクライアント管理ツールだけでなくEMM機能も提供している。
・この数年間、導入企業から他の製品よりMaaS360は導入が簡単という報告を受けている。

「注意点」
・SaaSのみでオンプレミスの提供がない。ただしメールやその他アプリケーションについてオンプレミスとのゲートウェイは提供している。
・WindowsやmacOSの高度な管理機能は、BigFixと組み合せる必要があり、完全統合されていない。
・MaaS360のiOSアプリは96MBもあり、他のEMM製品のiOSアプリよりかなりサイズが大きい。インターネット回線の遅いユーザは導入時に困難がある。

BlackBerry

「強み」
・個人情報管理(PIM)アプリは依然として強力で、セキュリティや遵法対応のPIMが必要な企業・組織では、EMM製品の中で最も多く採用されている。
・BlackBerry、WatchDox、Goodの歴史的経緯、社会的評価、セキュリティ機能から、セキュリティ重視の企業・組織にとって強力な製品である。
・BlackBerry Dynamicsは機能が豊富、サードパーティーアプリに対して機能が豊富で、セキュアで汎用的なSDKを提供しており、社内でアプリ開発をする企業・組織はSDK方式に価値を見出している。

「注意点」
・PCやMacの管理機能の実績がほとんど報告されていない。報告されている反応はおおむねプラス評価だが、少数の事例では、全般的なテストやパイロット展開を計画したいとしている。
・アプリ・ラッピング機能の提供を停止したが、Appdomeとして継続提供される。モバイルアプリ管理を計画している場合、この点を考慮する必要がある。
・IDaaSなどサードパーティーの認証サービスやアクセス管理のサポートは限定的。導入済みのIDaaSと互換性があるか確認が必要。

最後に、参考までにMicrosoftとCitrixの評価も見てみる。両社はEMM分野で2016年5月に広範な提携を発表しているため、その経緯の部分も含める。

Citrix XenMobile

2017年、XenMobileを独立した製品として提供しつつ、Microsoft Intuneの移行を検討している企業や導入済み企業にXenMobileを販売するため、Microsoftと大規模な提携をした。このシナリオでXenMobileは、Intuneが端末登録(entrollment)なし設定の場合の追加ツールと位置づけられる。Citrix社のコンテナ化アプリはIntuneのMAM機能でも管理できる。

「強み」
・Microsoft Intuneの影響力拡大に対応するため、XenMobileとの連携戦略をとることで、防御的なスタンスを取っている。
・Citrix Secure Mailはいくつかの競合他社製品の追加機能と比べてプラス評価を得ている。
・NetScalerのネットワーク管理、ShareFileのデータ処理とデータ保護と密に統合され、Citrixのアプリ仮想化、デスクトップ仮想化との統合で強い製品戦略を示している。

「注意点」
・iOS 10.xとAndroidをサポートする機能に現時点でギャップがある。
・とくに小さな組織でサポート問題が指摘されている。サポートや機能要望に同社経営層との直接連絡が必要になることがあるため。
・仮想化によりデスクトップやデスクトップアプリへの接続機能は強力だが、端末管理機能は他製品より弱い。

Microsoft
2016年に、同社EMS製品への注目が大きく拡大し、機能拡張にともない導入事例も増加。”Intune in Azure Portal Preview”としてAzureへの移行が2016年12月から始まり、2017年5月には一般提供開始。これが過去の同製品の弱みに対処するマイルストーンとなった。EA契約締結ずみの組織や同社を戦略的パートナーとする組織にはよく適合する製品で、Office 365導入組織、Azure AD導入済・導入予定組織に適している。

「強み」
・Office 365モバイルアプリと独自連携が可能、同アプリデータ漏えい保護機能を直接管理可能。
・250ユーザ以上の組織でEA契約が広がっており、Intuneはライセンス面で非常に魅力的。
・Azure ADとAdvanced Threat Protectionとの強力な統合で、豊富な遠隔セキュリティ監視が利用可能。

「注意点」
・初期設定とIntuneインストールの難しさが継続して報告されているため、Microsoft FastTrackから直接支援を受けることが推奨される。
・サードパーティーのIAM製品導入済みの場合、Intuneは現時点でAzure ADの統合のみをサポートしている点に注意が必要。
・Intuneはクラウドサービスとしてのみ利用可能で、オンプレミスやハイブリットのローカルアクセス機能はない。ローカルアクセスの必要な企業は他製品の検討が必要。

グローバルパートナーズという会社からのOCN光への切替えセールス電話への正しい対処法

グローバルパートナーズという会社からセールスの電話がかかってきた件について。今回も下らない記事ですみません(苦笑)。

フレッツ光をOCN光に切り替えて、プロバイダもOCNにすると、月額料金がマンションタイプなら3,600円とお安くなりますよ、というセールスの電話だった。

グローバルパートナーズという社名をグーグルで検索してみると、みなさんも検索するとお分かりだとおもうが、ヤフー知恵袋などで「あやしい業者なので断りました」という主旨の書き込みが複数見つかった。

同名の会社があるので紛らわしいが、かかってきた電話の相手にウェブサイトのアドレスを確認したところ http://www.global-p.com/ このURLで正しいとのこと。

個人向けの光回線の切り替えサービスや、NTTコミュニケーションズの代理店といった記載がどこにもありませんが、と聞くと、ウェブサイトにはありませんが、ということで代理店コードを教えてもらえた。

そしてNTTコミュニケーションズのどの窓口にこの代理店コードを教えれば、正規の代理店と教えてもらえるでしょうか?と質問すると、一般問い合わせ窓口しかないとこのと。

では、電話だけで移行手続きが完了するとのことですが、書面でやらせてもらえないでしょうか?と質問すると、できないとのことで、その段階で断って電話を切った。

そこでじっさいにNTTコミュニケーションズのOCN光の公式サイトに行ってみると、たしかにOCN光に切り替えて、プロバイダーも今のものからOCNに切り替えると安くなると書いてある。

しかもオンラインで手続きできると書いてあるので、自分でやってみた。

営業の電話で話のあった、NTTからの光回線の転用番号の取得も、オンラインの手続きですぐに発行された。

その転用番号をOCNの申し込み画面に入力して、ものの10分くらいで、NTTフレッツ光+現在のプロバイダーから、OCN光+OCNへの切り替え手続きは完了。

手続き完了時に表示されたPDFファイルの契約内容どおり、自宅のモデム兼ルータの設定画面から、OCNへの接続情報を入力すると、するっとOCN経由でインターネットに接続完了。

あっけないほど簡単にプロバイダの移行も完了した。

要するに、ある程度知識のある人なら(ちなみに筆者はIT関係の仕事をしているのでかなり有利なことには違いないけれど)、10分間くらいで、オンラインだけでできてしまう手続きなのだ。

じゃあグローバルパートナーズという会社は、自分でできる手続きなのに、なぜわざわざ電話をかけてきたのか?

あのまま筆者がこの会社に切り替えをお願いして、その場で電話でやり取りしながら手続きをしてもらったとしたら、どういう問題があるのか?

たぶん、個人情報だと思う。

すでに自宅に電話はかけてきているので、筆者の電話番号がどこからか漏えいして、この会社に伝わったんだろうと思う。

いや、違う。

よく考えてみると、グローバルパートナーズという会社の電話の相手は、電話をしている最初から最後まで、筆者の名前を一度も言わなかった。「旦那さん」と呼んだだけ。

つまり、筆者の自宅の電話番号が漏えいしていたわけではなく、NTTひかり電話管轄の電話番号に、かたっぱしから電話をかけているのかもしれない。

そして非常に落ち着いた声で、自分ひとりでできる手続きを、NTTコミュニケーションズの代理店でなければ出来ないかのように、ひとこともそう明言せずに、結果的にそういうニュアンスでこちらに伝わるように、案内してきたわけだ。

あのまま電話で手続きをしてもらっていたら、こちらの氏名、住所、携帯電話番号など、いろいろと個人情報を教えていたはず。

今回の電話で失敗したのは、「お使いのフレッツ光はマンションタイプでしょうか?」という質問に、「そうです」と答えてしまったこと。

うちが集合住宅だという情報だけは伝わってしまったが、その他の個人情報は伝えずにすんだ。

仮に個人情報を伝えていたら、使いみちはいろいろあっただろう。

個人情報と住所からある程度こちらがどういう人物かを推測して、たとえばマンション経営の営業をしかけるとか、単に個人情報を転売するとか。

ただ、これらは筆者の憶測にすぎない。

というわけで、グローバルパートナーズという会社が信用できるかどうかは重要ではない。

重要なのは、フレッツ光をOCN光に切り替えて、月額通信料金を少し安くする手続きは、インターネットで自分で10分くらいでできるという事実。

そしてその事実を、このグローバルパートナーズという会社の営業さんが、電話で教えてくれなかったという事実。

以上。

自分でできることは、面倒くさがらずに自分でやりましょう(汗)。

自分のブログのURLの最後にヘンなURLが追加されて404エラーが続発しているときの解決策

自分で運用しているブログ(筆者の場合はWordpress)について、突然Googleさんから「404エラーが急増していますよ」という注意メールが届いた。

確かにメールにあったリンクをクリックして、Google Search consoleのクロールエラー画面を確認すると、404エラーの発生回数が急増していた。

自分のブログのURLの末尾に、特定のドメインの完全名(いわゆるFQDN)が追加されており、それらがすべて404エラー(ページが見つかりませんエラー)になっている。

たとえばこんな感じ。(下記ドメイン名はダミー)

http://myblog.com/2017/1234/www.example.com

http://myblog.com/2017/1234/ でアクセスすると正常だが、末尾に変なURLがついているので404エラーになる。

どうして勝手に変なURLが付いてしまうのか、Googleで調べたら答えが見つかった。

https://webmasters.stackexchange.com/questions/104346/weird-404-url-problem-domain-name-is-being-placed-at-end-of-urls-in-wordpress-s

自分のブログのソースコードを見て、「href=」で指定されたリンク先をすべて調べれば、その中にプロトコル(http://https://)が書かれていないwww.example.comへのリンクがあるはずです、とのこと。

それをhttp://www.example.com/ や https://www.exmaple.com/ など、ちゃんとプロトコルを付けたリンクに修正すれば問題が解決するらしい。

そこで自分のブログを探してみたら、ありました。Wordpressのウェジェットの中に自分で記入した「href=」のリンク先に・・・

<a href=”www.exmaple.com”>

・・・という、まさに上のページに書かれてある不具合が。

そこでちゃんとプロトコルをつけて・・・

<a href=”http://www.exmaple.com”>

・・・と書き直したところ、問題は解決。

以上、とてもつまらないサボりで、ウェブサイトのクローラーに大量の404エラーを発生させてしまっていた、というお話と解決法でした(汗)。

オンライン生放送の悪い音質をリアルタイム・エフェクトで無理やり高音質っぽくする

上海SNH48の姉妹グループ広州GNZ48の劇場公演オンライン生放送の音質が非常に悪くて、ほぼモノラルにしか聞こえない。

そこでソフトウェア的に左右の音振りを大きくして、さらにリバーブを掛けられないかと思ってグーグル検索すると、VSTHostというものを見つけた。

VSTHost

要するにパソコンの音声入力と音声出力の間に、このVSTHostを噛ませ、このVSTHostにエフェクトを追加することで、パソコンの音声出力にエフェクトがかかった状態にするソフト。

パソコンの音声入力⇒VSTHostの音声入力⇒VSTHosのエフェクト⇒VSTHostの音声出力⇒パソコンの音声出力

筆者はWindows 10 64bitなので、上記VSTHostのダウンロードページからdvsthostx64.zipをダウンロードし、C:ドライブの適当な場所に解凍。

日本語の使い方説明はこちらの「VSTHost と ASIO4ALL で PC の音声出力に対してリアルタイムにイコライザーをかける」(『すぐに忘れる脳みそのためのメモ』2011/01/23)にある。

筆者のパソコンのCPUはIntel Core i7-6700Kのせいか、動画と音声にズレが起こることはなく、リアルタイムで正常にエフェクトがかかった。

VSTHostに追加したエフェクトはこちらの無償のMo’Verbというリバーブ・エフェクタ

ダウンロードしたZIPファイルのうち、DLLファイルだけを、先ほどVSTHostを解凍したフォルダ内にコピー。どこに置いてもいいのだが、分かりやすいようにVSTHostのフォルダ内に置いたというだけ。

そして筆者はYAMAHAの簡易ミキサーAG03をパソコンにUSB接続して、AG03のモニターからイヤホンで聴いているという特殊な環境だが、それでも問題なし。

VSTHostのメニュー[Devices]==>[Wave]の[Select Wave Devices]画面で以下の設定をする。

Input port MME: ライン(AG06/AG03)
Output port MME: ライン(AG06/AG03)
Sample Rateは44100のまま
Bufferはよく分からなかったが4410 samplesにしてみた。

次にメニュー[File]==>[New Plugin…]をクリックして、先ほどのMo’VerbのDLLファイルを開く。

これだけで即、リバーブがかかった音がパソコンから返ってくるようになる。

あとは中央のエフェクトの小さなウィンドウにあるダイヤルアイコンをクリックして、各種パラメータを調節するだけ。

リバーブはとりあえず[WET level]のレベルの大小が重要。あとはネットでReverbの解説を調べて下さい(汗)。

Mo’Verbのプリセットはメニュー[PlugIn]==>[Program0-15]や[Program16-31]や[Program32-47]から選べる。

自分で設定した状態の保存はメニュー[PlugIn]==>[Save Program As…]で適当なファイル名をつけて保存できる。

リバーブの前に低音を強調するためのイコライザーを追加したくなったので、LinearPhaseGraphicEQ 2をダウンロード。

同様にVSTHost配下のサブフォルダとして解凍。メニュー[File]==>[New PlugIn…]からダウンロードしたLPGEQ2_1.dllを開く。

このままでは、パソコン音声出力に、イコライザーの出力と、リバーブの出力が両方入るという奇妙な設定になる。

いちばん右にあるパソコンの音声出力の小さなウィンドウの左上隅にあるチェーンのアイコンをクリック。

Mo Verbだけを緑色のチェックマークをつけて有効にし、他の[Engine Input]、[LPGEQ2.1]のチェックマークを外す。

これでパソコンの音声出力に入力されるのはリバーブだけになる。

次にリバーブの小さなウィンドウの左上隅にあるチェーンのアイコンをクリック。

[LPGEG2.1]だけに緑色のチェックマークをつけて、入力をイコライザーだけにする。

最後にイコライザーの小さなウィンドウの左上隅にあるチェーンのアイコンをクリック。

[Engine Input]だけしか緑色のチェックマークで選択できないはずだが、念のため確認する。

以上で、パソコンの音声入力==>イコライザー==>リバーブ==>パソコンの音声出力という順になる。

イコライザーのパラメータ変更も、イコライザーの小さなウィンドウの小さなダイヤルのアイコンをクリックすればOK。

こちらもメニュー[PlugIn]==>[Save Program As…]で自分の設定を保存できる。

VirtualDubでmpeg4ファイルを開く方法

何の脈絡もなくいきなりの内容の記事ですが、動画編集ソフトVirtualDubは本来AVIファルしか開けないが、最近よく使われるmp4コンテナの動画を読み込めるようにする方法を、自分自身の備忘のために記事にしておく。

VirtualDub本体はこちらのSourceForgeのプロジェクトサイトからダウンロード可能

そしてmp4を読み込めるようにするプラグイン FFInputDriver は下記のサイトからダウンロード可能。
この記事を書いている時点ではVersion 1.8.4.8が最新。

http://codecpack.co/download/FFInputDriver.html

このFFInputDriverのStandalone版をダウンロード、解凍。

VirtualDubが32bit版なら解凍したフォルダ内のplugin32フォルダ、64bit版ならplugin64フォルダ内のファイルを、VirtualDubをインストールしたフォルダ配下のplugin32またはplugin64フォルダ内にコピーすればよい。

参考にしたページ: How to open .MP4 files in virtualdub? (i want to sharpen mp4 – VideoHelp Forum

VitrualDubからMP4を出力するためのCodecは下記ページからダウンロードできる。

http://www.xvidmovies.com/codec/

VirtualDubでASS形式の字幕ファイルを読み込むためのVideo Filterファイルtestsub.vdfはこちら。
正式なダウンロードサイトが不明だったため、このブログ自体にアップロードしておいた。

testsub.vdf

このファイルはVirtualDubのpluginまたはplugin32フォルダ内に単にコピーするだけで、VirtualDub起動時に自動的に字幕処理フィルタとして認識される。

ちなみに何をやろうとしているのかと言えば、下記のリンクです(汗)。

Aegisubでカラオケ字幕作成

テキスト字幕ファイル(SRT, SSA, ASS)の利用方法

Aegisubで作成したassファイルをVirtualDubに読み込ませて、最終的にavi形式で書き出す方法は下記のとおり。

1) VirtualDubを起動し、File->Open video fileでAegisubで字幕をつけるのに使った動画を開く。

2) Video->Filtersを開き「Add…」で「TextSub」フィルターを追加。「ファイルを開く」ダイアログが出るので、作成しておいたassファイルを選択。

3) VirtualDubの左下隅にある右向き三角に数字の「0」があるボタンで、完成後の字幕付き動画をプレビューできる。

4) File->Save as AVI…でファイル名を付けて保存すると、エンコードが始まるので、終わるまで待つ。

以上