月別アーカイブ: 2016年3月

東芝製SSD THNSNF128GCSSのS.M.A.R.T.値がおかしなことになっている件(11)

東芝製SSD THNSNF128GCSSの残り寿命を示すS.M.A.R.T.値のうち「AD 消去回数」値が、なぜかディスクへの読み書きを行わないWMI(Windows Management Instrumentation)のWin32_DiskDrive命令を呼び出すだけで減っていく件。

検証をつづけた結果、どうやらやたらとWin32_DiskDrive命令を高速に呼び出せばいいわけではないことが分かってきた。

下図のグラフをご覧頂きたい。

crystaldiskinfo_4ssdcomparison20160327b

ヨコ軸は、毎秒何回Win32_DiskDrive命令を呼び出すか。

タテ軸は、その結果、Win32_DiskDrive命令の呼び出し1000回あたり、AD値が平均いくつ減るか。

このグラフを見ると、Win32_DiskDrive命令の呼び出し回数は、毎秒6~13回あたりがもっとも効果的にSSDの寿命をすり減らすことができると分かる。

つまり70ms~170msごとにWin32_DiskDrive命令を呼び出すと、もっとも東芝製SSD THNSNF128GCSSの寿命を高速にすり減らすことができるということになる。

しかし、そもそも疑問なのは、呼び出し回数とAD値の減少が一次関数的ではない、ということだ。

呼び出し回数がある範囲におさまるときだけ、AD値が急激に減少している。

Win32_DiskDriveという特定の命令の呼び出しが、AD値減少の「原因」なのであれば、原因の発生頻度が多ければ多いほど、AD値の減少幅も大きくなるのが自然である。

おそらく、Win32_DiskDriveという特定の命令の呼び出しがAD値減少の「原因」なのではなく、東芝製SSD THNSNF128GCSSのファームウェアの方が、Win32_DiskDrive命令の特定の呼び出し回数にしか反応しない「仕様」になっていることの方が原因だと分かる。

なぜわざわざ特定の呼び出し回数だけに敏感に反応するような「仕様」になっているのだろう。

ここまで来るとまったく理由が分からないが、いずれにせよ呼び出し回数とAD値減少が、ミリ秒単位で見ると一次関数的でないことから、ファームウェアの仕様が原因なのであって、Win32_DiskDrive命令を呼び出すプログラムの側が原因ではないと断定できる。

仮にメーカ側が、Win32_DiskDrive命令を数十ミリ秒ごとに呼び出すようなプログラムの側に原因があると主張するのなら、このやや特殊なファームウェアの「仕様」を事前に公開していることが前提だ。

たとえば、24時間稼働で頻繁にディスクドライブの状態を監視するという要件でプログラムを開発するとき、SSDユーザ側としては、その機器に東芝製SSD THNSNF128GCSSを使用してはいけない、という情報を事前に入手しておく必要がある。

事前に情報が公開されておらず、プログラムの稼働後にたまたまその「やや特殊な仕様」が発見されたのでは、SSDのユーザ側としてはメーカ側の情報開示が不十分だと主張せざるをえない。

もし筆者の書いていることに非合理的な点があれば、ご指摘いただければありがたい。

最後に本日時点までの同SSDのAD値の推移。27日間で、初期値の200から155まで減っている。

同じPCに同じくSATA接続しているSanDisk、Crucial(Micron)製のSSDのS.M.A.R.T.値は「温度」を除いてこの27日間で全く変化はない。同じ頻度でWin32_DiskDrive命令を呼び出しを受けているにもかかわらず、である。

crystaldiskinfo_4ssdcomparison20160327a

東芝製SSD THNSNF128GCSSのS.M.A.R.T.値がおかしなことになっている件(10)

同一PCに異なるメーカーのSSDを接続して、東芝製SSDのS.M.A.R.T.値だけが日々寿命が短くなる方向に変化していくことを検証しているが、この連載も10回目になった。

WMI(Windows Management Instrumentation)のWin32_DiskDrive命令を発行すると、なぜか東芝製SSDだけが、寿命が短くなる方向にS.M.A.R.T.値が変化していくという、東芝製SSDの不具合を検証する実験だ。

おさらいしておくと、Win32_DiskDriveはディスクへの読み書きを実行する命令ではなく、単にそのパソコンに接続されている物理ドライブを列挙するだけの命令のため、ディスクの寿命を縮めるのはおかしい。

あくまで検証なので、PowerShellというWindowsのバッチ処理をするプログラミング言語を使って、普通の状態では起こりえないような、毎秒数十回という頻度でWin32_DiskDrive命令を発行している。

PCに接続した東芝製SSDは途中から2台に増やしたのだが、THNSNJ128GCSUの方は1週間以上つづけてもAD値(東芝製SSDのS.M.A.R.T.値のうち残り寿命を示す値)が2しか減らない。これなら致命的な不具合にはならないだろうとみなして、別の目的で流用することにした。

残りの東芝製SSD THNSNF128GCSSの方は、順調にAD値が減りつづけている。つまり、実際にはSSDは「すり減っていない」にもかかわらず、S.M.A.R.T.値の不具合のせいで寿命が短くなっているように「見える」。

crystaldiskinfo_4ssdcomparison20160320a

検証開始20日で初期値の200が160まで減った。東芝製SSDのウェブサイトのサポート情報によれば、AD値が100を切ると東芝製ディスクユーティリティーが入っているパソコンの場合、ディスクを交換するよう警告が表示され、東芝としては交換しなければ品質保証はできないということらしい。

なのでこのペースで行けば、あと30日で交換が必要な状態まで、この東芝製SSDのS.M.A.R.T.値を減らすことができる。

少なくともディスクドライブ列挙の命令で寿命が短くなるように見えるという「不具合」のあるSSDについては、東芝は製品回収(リコール)をすべきだろうと、個人的には考えている。

もちろん、東芝がそうしないことは分かっている。

電子デバイス事業は今の東芝にとって業績回復の切り札、唯一の2ケタ営業利益率を誇る優良事業だ。その事業でわざわざ損失を発生させるようなリコールをする余裕は今の同社にはない。

それでも日本のあちこちで使われている東芝製パソコンの一部には、東芝製SSDが入っていて、そのうち一部の型名は、上述のように余命を示す数値がSSDの実際の余命とは無関係に減っていく。

最後にSanDisk製、Crucial(Micron)製のSSDでは、まったく同じ条件、つまり同時にWin32_DiskDrive命令を毎秒数十回発行しても、検証開始時点からS.M.A.R.T.値全体が「温度」を除いてまったく変化していないこと示しておく。

↓SanDisk製のSSDはシステムドライブ(C:ドライブ)なので、読み書きが頻繁に発生する。それでもS.M.A.R.T.値に変化はない。
crystaldiskinfo_4ssdcomparison20160320b

↓Curcial製のSSDは、ダウンロード先ドライブ件、動画編集用データの保存ドライブとして使っているので、こちらも大きなサイズの動画データの読み書きが発生する。それでも余命を示すAD値「97」は、検証開始時点から変化はない。
crystaldiskinfo_4ssdcomparison20160320c

↓問題の東芝製SSDには、データの読み書きはまったく行っていない。この検証のためだけに購入して、アイドル状態でSATA接続してあるだけである。それでもAD値が200から160まで減りつづけている。
crystaldiskinfo_4ssdcomparison20160320d

いま試されているのは、歴史ある大企業としての「良心」が同社の従業員に残っているかどうか、かもしれない。

(偉そうなことを書いてすみません。筆者にこんなことを書く権利がまったくないことは分かっています)

東芝製SSD THNSNF128GCSSのS.M.A.R.T.値がおかしなことになっている件(9)

その後もWin32_DiskDrive命令を毎秒数十回のペースで発行し続けているが、東芝製SSDの状況は変わらない。

やはり同じPCにSATA接続したSSD 4台のうち東芝製SSDのAD値だけが減りつづけている。

つまり東芝製SSDの寿命だけがすり減り続けている。

そして東芝製THNSNF128GCSSの方が、東芝製THNSNJ128GCSUより、AD値の減りが速いという傾向も変わらない。

下のグラフを見れば一目瞭然。2016/03/10からの東芝製SSD 2台のグラフの下がり方を比べてほしい。

crystaldiskinfo_4ssdcomparison20160318a

そして4台のSSDの数値まとめはこちら。東芝製以外の2台のSSDのS.M.A.R.T.値にまったく変化はない。

crystaldiskinfo_4ssdcomparison20160318b

ショーンKが見たWindows 10の進化とマイクロソフトの変化!!

記念に、ショーンKがWindows 10の素晴らしさを語っている、日本マイクロソフトの特集ページの、Googleキャッシュの画面キャプチャを貼っておきます(笑)。

ただし日本マイクロソフトは2016/03/18 21:10時点で2ページ目をWebサーバからさくじょするのを忘れているようです(笑)。あなたがこの記事を見つけた頃にはIISが404エラーを出していると思いますが、リンクを貼っておきます。

http://campaign.live.jp/msn/feature/windows10/special/special_02.htm

SeanK_Windows10a

SeanK_Windows10b

東芝製SSD THNSNF128GCSSのS.M.A.R.T.値がおかしなことになっている件(8)

ひきつづき筆者のPC内臓の4台のSSDに、Win32_DiskDrive命令を毎秒数十~数百回、発行しつづける検証をしている。

4台のうちSanDisk製、Crucial(Micron)製のSSDのS.M.A.R.T.値のうち「温度」以外はまったく変化がない。

しかし東芝製のTHNSNJ128GCSU、THNSNF128GCSSの2台の「AD 消去回数」は減りつづけている。つまり、見かけ上は残り寿命がどんどん短くなっている。

下図が今日の状態。古い型名のTHNSNF128GCSSの方が、AD値が減るスピードがはるかに速い。

crystaldiskinfo_4ssdcomparison20160314a

東芝製のSSDの2台の間でも、これだけ差がはっきり出てきたのは、ファームウェアのせいなのだろうか?

THNSNF128GCSSの「AD 消去回数」値は289時間で33減少したので、このまま行くと今月2016/03末までには「AD」値はゼロになりそうだ。

いずれにせよ、東芝製SSD THNSNF128GCSSの「AD」値がゼロになるか、東芝がこのSSDのファームウェアの更新版をリリースするまで、この検証はつづけたい。