月別アーカイブ: 2015年2月

僕がZoffのPCレンズを返品した理由

メガネのフレームが購入して4年もたち、汚れが目立つようになったので、Zoffの度付きPCレンズをインターネットで買ってみた。以前、Zoffの店舗でレンズをつくったときの処方をスマホで撮影して残してあったから、わざわざ店舗に行かなくてすんだ。

メガネは3~4日で届いて、フレームはサイズをみて注文したので全く問題なかったんだけれど、PCレンズは実際に1日かけてみて問題が発覚した。

最初かけたとき、視界が全体がうっすら黄色っぽくなったのが気にはなったが、それは買う前から分かっていたことだし、意外にかけているうちに色目の違いはほとんど気にならなくなった。色調に敏感になる必要のない、フツーの会社員だからということもあるだろう。

ところが、予想外なところで問題が出てきた。

PCレンズのメガネを掛けて家の玄関ドアを出た瞬間に、強烈な違和感。

何だろうと思ったら、レンズの内側に映り込んでいる外光は鮮やかな青色なのだ。

これはよく考えなくても当たり前で、ZoffのPCレンズは液晶画面から出る青色の光を、レンズ表面で反射することで、目に入らないようにしている。

なので、レンズの色自体は黄色っぽく見えるが、白い光(つまり全波長が含まれているような光)を反射させると青色に反射する。

これがとっても気になることに気付いてしまった。

ふつうのレンズなら、レンズの内側の映り込みは、肉眼で見た通りの色で映り込むので、特に違和感はない。ところが、これが家の外だけでなく、家の中でも、例えば蛍光灯の白色光が常に視界の周辺にあざやかな青色の反射光として映り込むのだ。

これは無視しようと思ってもムリ。イヤでも視界の中に青色としての存在感を主張してくる。見ているものの中に青色のものがないのに、視界に青い光が入ってくるんだから、当然といえば当然。

これでは目の前のレンズ越しの液晶画面にあまり集中できないので、残念ながらふつうのレンズに交換してもらうために返品した。

Zoffのフレームとふつうのレンズ自体は、ここ8年くらい愛用しているので全く問題ないのだが、PCレンズを買おうと思っている方は、レンズの内側の映り込みが気になる性格かどうか、自分でよく考えてから購入されることをおすすめする。