月別アーカイブ: 2014年3月

トヨタ型の時代錯誤な幻想を追い求めつつ緩慢に自殺していく日本のサラリーマン

トヨタ自動車を元にしたTBSの『LEADERS』というヒドいドラマの後半だけ観ましたが、これ観て「やっぱり日本企業の底力は素晴らしい」などと感動する人間は、日本の凋落という現実から逃避したい人たちなのでしょう。

日本の凋落はれっきとした現実。

もはや自動車のような加工輸出型の製造業を経済の基軸にできないにもかかわらず、その典型であるトヨタ自動車をテーマにドラマを作ってしまうTBSの時代錯誤は救いようがありません。

その救いようのない時代錯誤にまんまと「洗脳」されて、あのドラマを見て感動するようなサラリーマンが、日本にまだゴマンといるからこそ、日本はいつまでたっても高度経済成長期の成功モデルから抜け出せないということです。

家族のように情緒的な人間関係を基礎とする従業員の強い団結力は、その「外部経済」として、ドラマに出てきたような男女の性別役割分業に依存しているわけです。

結果、女性労働力は永遠に周辺労働力のままで、知的集約型労働に必要なホワイトカラーの生産性も向上しない。

いまだに個人の能力よりも、組織や上司への滅私奉公が出世の基準になるため、組織の古い価値観をいつまでたっても変えることができないまま、ゆっくりと没落していく。それがほとんどの日本企業の姿でしょう。

まあそれでいいわけです。

AKB48グループのように、日本的サラリーマンの生態を戯画化し、エンターテインメントに昇華している分には、それを横から見て自虐的に楽しめばいいわけです。

ところが、そうやって戯画化する程度の価値しかない日本的企業の組織文化を、何の疑いもなく自ら日々実践しているサラリーマンが、日本には掃いて捨てるほどいます。

昭和の製造業の成功モデルや、昭和のサラリーマンの行動様式を、何の疑問もなく反復しているだけのサラリーマンこそ、現代の日本企業を没落させるガンなのですが、ガン細胞には自分たちがガン細胞だという自覚がないので仕方ありません。

自覚のないガン細胞は、他人から希望を奪い取り、場合によっては直接・間接さまざまな方法で他人を死に追いやり、自分はますます増殖します。

自分たちの方法論が増殖してはいけないんだと、彼らが万一気づいたとしても、そのときにはすでに、この社会は瀕死の状態かもしれませんね。

ベタベタの仲良しにならないと一緒に仕事ができない日本企業の行く末

また日本企業の組織文化について、くだらないエッセーを書いてみる。

日本企業の組織文化そのものがくだらないので、それを論じるエッセーも下らないものになるのは仕方ない。

どの日本企業でも、日本企業の社員は一般的に、プライベートの時間まで同じ会社の社員とつるんでゴルフに行ったりすることで知られている。

プライベートの時間までいっしょに過ごさないと、勤務時間中の意思疎通や合意形成もできないというのは、日本企業の組織内部のコミュニケーションが極めて効率が悪いことを証明している。

まるで中学生や高校生のように、ベタベタとした人間関係を作らなければ、仕事上の意見も交換できない、議論もできない、協力して仕事もできないという、日本企業の組織文化の効率の悪さは、いい加減、限界に来ているのではないか。

あのソニーでさえこの記事に見られるように、社内の「仲良しグループ」からはみ出した人間を公然と非難するような、同調圧力の強い、内向きの組織になりつつらしい。

企業組織で行われる業務は、たとえ心の中で感情的に腹立たしいことがあったり、自尊心を傷つけられることがあっても、あくまで経済合理性にもとづいて粛々と行われるべきものだ。

しかしほとんどの日本企業では、大の大人が感情をむき出しにして、非合理的かつ感情的な対立をいかに丸く収めるかという、子供のケンカのような非生産的なことに多くの時間をムダに費やしている。

そのために、意思決定に時間がかかる上に、いちど決まったことの実行にも時間がかかるようになっている。

以前は、事前の根回しに時間をかける代わりに、いざ意思決定がされると日本企業の組織は動きが速いと言われていた。

しかし今の日本企業の組織は、意思決定にも業務遂行にも、協調性、要するに幼稚園児レベルの「みんな仲良く」という人間関係の圧力が働くため、時間的なコストがますますかかるようになっている。

日本のマクロ経済がもはや高い成長率を期待できなくなり、前進さえすれば結果が出せた時代が終わったためだろう。

そういう時代になれば、当然、より深く考え、より複雑に考えて戦略を立てることが求められる。

ところが、いま日本企業の主力である年齢層は、悲しいことに親の世代の影響をうけて、高度経済成長期の組織文化をそのまま受け継ぐという、完全な間違いをやらかしている。

もちろん彼らがその誤りに気づくことはないし、気づいたとしてもその代替になる行動原理を持っていないので、行動を改めることもできない。

かくして日本企業は海外市場で、欧米や新興国のより機敏で合理的な企業との競争に少しずつ敗れるようになり、ゆっくりと内需依存型に転換し、国内の少子高齢化の進行とともに内需が縮小するため、必然的に没落していく。

日本企業の「サラリーマン」の行動パターンや思考パターンが変わらない限り、その運命は誰にも変えられない。

alanに対する忌憚のない意見はSNH48の応援と矛盾しない件

じゃあSNH48を応援する理由は何かと聞かれそうなので、前もって答えておく。

その理由はSNH48が中国大陸でalanの水準の知名度を獲得するのは不可能だと、最初から分かっているからだ。せいぜい中国大陸の日本のサブカルチャー愛好者の間で広範な支持を獲得する。それがSNH48の限界である。

SNH48はAKB48同様、専用劇場をもっており、定期公演を行っているので、あと数年は常連ファンがいる限り日銭を稼ぐことができる。そのためビジネスとして地元の上海で破産せずにやっていくことはできる。定期公演で日銭を稼げるという点が重要なのだ。

その代わり、上海ローカルのタレントの域を出ようとするや否や、必要になる資金のケタが違ってくる。

なので広州コンサートでは中国移動と、上海大舞台の紅白対抗歌合戦ではスズキ自動車と提携するなどしないと、数千人規模のコンサートさえ開くことができない。

また、SNH48が上海東方メディアグループのテレビ番組や音楽賞に露出できているのは、SNH48運営会社の親会社の社長が、上海東方メディアグループの社長と、上海復旦大学の同窓という人脈があるからだ。この人脈も上海ローカルというわけだ。

SNH48がAKB48の姉妹グループであるという事実は、中国大陸の一般人には説得力が全くないので、中国での活動に何のプラスにもならない。

このように、SNH48の中国大陸での活動には最初から限界が見えている。

ただし、alanと決定的に違うのは、もともとAKB48をフォーマットにしているので、日本側に数十万単位で存在するAKB48グループのファンの中で、SNH48への支持が広がる可能性があることだ。AKB48系グループのファン層という母数だけでも、alanより有利なスタートラインに立っている。

僕がSNH48の応援に見出している面白さは、中国大陸側でSNH48の知名度がどこまで上がるかという点にはない。右傾化している日本で、しかも政治的に右寄りの多いAKB48系グループのファンの中で、どれだけSNH48が受け入れられるかという点にある。

alanの日本人ファンの人数を、SNH48の日本人ファンの人数が超える日は、遠からず来るだろう。

そうなったときに、SNH48が中国大陸側でどういう扱いを受けるか。日本に媚びたグループだと叩かれてあっさり潰れるか、上海ローカルのタレントとして日銭を稼ぎながらほそぼそとやっていけるか。

そこに民間交流レベルでの日中関係の一つの「症状」が出てくるはずなので、それを目撃したいがために、SNH48の知名度を日本側で高める努力をしているところだ。

alanの場合は逆だ。

alanはまず日本でデビューして、avexという大型レーベルが膨大な資金をつぎ込んで売り出したが、映画『レッド・クリフ』とのタイアップが最大限だった。その後、中国へ帰国するまでの人気の下降は悲惨としか言いようがない。

これは決して日中の民間交流ではない。avexという大型レーベルの大失敗の物語である。

SNH48の場合は、たしかにAKB48系グループに大きな資金源はあるが、その資金はSNH48運営には流れていない。現地のSNH48運営は自前の資金繰りでSNH48を回している。現地制作スタッフのお粗末さを見ればそのことはすぐにわかる。

SNH48運営が制作する公式映像や公式写真よりも、現地ファンが音響をミックスするライブ映像や、現地ファンの撮影するライブ写真の方が出来が良いという場合さえある。

そういう日本側の資金に頼らない、また、avexのような大型レーベルの大きな資金に頼らない、手作り感あふれるSNH48が、日本のAKB48系グループのファンの中で新たなファンを獲得できれば、こちらの方こそ本物の日中の民間交流に近いと言えないだろうか。

以上のような点で、SNH48の方が断然面白いのである。

alanの日本での活動再開について忌憚のない意見

alanのFacebookが開設されて、日本での活動を再開すると予告されている。

Alan 公式フェイスブック

日本のalanファンが喜ぶのは当たり前だ。僕も以前alanファンだった人間として、alanが日本で再び活動できることは喜ばしい。ただし「まともに」活動できる限りにおいてだ。

ご承知のように中国に帰国して以降、alanが日本で発売した唯一の日本語曲は『DREAM EXPRESS ~夢現空間超特急~』という、テレビ東京系放送の日中共同制作アニメ『トレインヒーロー』主題歌。

この『トレインヒーロー(高鉄英雄)』は中国本土では全く話題になっておらず、話題になるときには必ず酷評されるというCGアニメだ。じっさい中国大陸の上質なアニメ作品と比べると、このCGアニメの映像やストーリーなどあらゆる面でヒドい出来である。

そんなアニメの主題歌を歌うのと同じ程度の活動しかできないのであれば、alanに日本での活動を再開してほしくないというのが、僕の個人的な意見だ。そんなことをして一定の実績をあげた日本での過去に、わざわざ泥を塗る必要はない。

そして中国大陸のalanファンの反応も微妙だ。

続きを読む