月別アーカイブ: 2014年1月

企業の健康管理努力について究極の経済合理性を考えてみる

企業が従業員の健康管理に努力することに、経済合理性があるとすれば、その企業の健康保険組合の財政状況の改善、その企業の社員の業務効率が下がることによる機会損失の回避などだろう。

たしかにこれは、一つの企業というミクロの単位で見れば合理的だが、国全体というマクロの視点で見るとかならずしも経済合理性があるとは限らない。

ある人間が死ぬまでにかかる医療費は、誰かが負担しなければならない。

企業が従業員の健康管理に努力することは、その医療費のうち、企業が自分の負担分をできるだけ先延ばしする努力にすぎない。

その企業に勤務している間は健康であったとしても、任意継続などの経過措置があるにせよ、最終的には国民健康保険がその人の医療費を負担することになる。それは国民全体の税負担にはねかえる。

各企業が従業員の健康管理に努力すればするほど、その「元」従業員の寿命は伸びる可能性が高い。

寿命が伸びて社会全体の高齢化が進めば、国民全体の健康状態が確実に改善する見込みがあるのでないかぎり、国民健康保険が負担すべき医療費の総額は確実に増える。

ただし、今の日本で実際に起こっているのは、身体的な健康状態は全体として改善しているが、ある意味、必要以上に身体が健康になったため、自分で自分の身のまわりの世話ができない状態でも生き続けている高齢者の介護コストや、痴呆症などの認知的な健康状態の悪化による社会的コストが増加しているという状況だろう。

昔であれば、寝たきりになる前に、または、認知的な健康が悪化する前に、身体的な健康が悪化して亡くなっていた人たちが、ある意味、必要以上に長生き「させられている」とも言える。

医療の進歩や、在職中の厳しい健康管理によって、必要以上に長生き「させられた」人たちの面倒をみるために、まさに企業で働くべき労働人口が、今後ますます高齢者の介護に時間をとられ、正規の労働ができなくなることになる。

いってみればこの状態は、企業が従業員の健康管理に力を入れれば入れるほど、従業員のうち、自分の両親の介護のために退職したり、フルタイムで勤務できなくなったりする従業員が増えるという、皮肉な結果になる、ということを意味する。

適切な健康管理をすれば、すべての高齢者が「ピンピンコロリ」式に、認知症にも寝たきりにもならず寿命をまっとうできるというのは、実現性を真剣に考えない、単なる理想論だ。

長生きが無条件に「良いこと」だという価値観は、単純すぎる。

どの国家においても、将来のどこかの時点で、健康について根本的に価値観を見直すべきときが来るはずだ。

極端な話、次のような考えが、かならずしも「悪いこと」とは言えないのではないか。

つまり、在職中の不摂生はさせるだけさせて、各企業負担分の医療費は上がるかもしれないが、在職中、または、退職後間もなく当人は亡くなり、結果として国全体の医療費負担は軽減される、という考え方だ。

谷本真由美氏「クールジャパンは誰がターゲットなのか」はヘーゲル弁証法的な自己否定コラム

たぶん「めいろま」こと谷本真由美氏はヘーゲル哲学に詳しいのだろう。2014/01/18付『ワイヤレスワイヤーニュース』のコラム「クールジャパンは誰がターゲットなのか」は自分の主張を自己否定する弁証法的な構造になっている。

谷本真由美氏が英国のハードロックやヘビーメタルを愛しているのは、英国政府の国外向け文化振興施策が原因ではない。個人的に出会ったそれらの音楽が彼女個人をとりこにしたというだけで、英国政府とは無関係のはずだ。

(ちなみに僕にとって最高のロック・ギタリストはLed Zeppelinのジミー・ペイジである)

谷本真由美氏の上記コラム「クールジャパンは誰がターゲットなのか」に登場する、ロンドン中心部の日本料理屋で1万円以上もするランチを食べている人々が、日本食にハマったのは、日本政府の国外向け文化振興施策が原因ではない。

谷本真由美氏がハードロックやヘビメタにハマったのと同じように、あくまで個人として興味を持ち、自分の意志で心酔しているというだけで、日本政府とは無関係のはずだ。

谷本真由美氏が上記コラムで「海外では児童買春と間違われるアイドルの宣伝や、海外では嘲笑される温水便所」などと、糞味噌に非難している日本のサブカルチャーについても形式的には同じことが起こっているだけである。

これらダウンマーケットが大好きな、欧米やアジアの若者が、これら日本文化のカスな部分を愛しているのも、日本政府の国外向け文化振興施策が原因ではない。

あくまで個人の趣味として、これら日本のカスのようなサブカルチャーやダウンマーケットを愛し始めたのであり、日本政府とは無関係のはずだ。

つまり谷本真由美氏の論旨は、それが日本のアップマーケットであれ、ダウンマーケットであれ、ひとりの外国人が日本文化に興味を持ち始め、愛するのは、日本政府の政策とは無関係ということ、のはずである。

したがって谷本真由美氏のこのコラムの主張は、日本政府はそうした活動に税金を使うのをやめて、すべて民間企業にまかせなさい、となるはずである。

ところが谷本真由美氏は、日本政府は「遺産で食べている歴史の長い国々の指の間の垢でも飲んでみたほうが良さそう」だと書いている。

つまり、「フランスやイタリアは遺産で食べていく方法を知っている」のだから、そうした国に学んで、ダウンマーケットではなく、アップマーケットを国外向けに売り出すことに税金を使うべきだと書いている。

明らかに谷本真由美氏は、ダウンマーケットではなく、アップマーケットを選好すべきだと主張している。

この主張は、まさにこのコラムに登場する外国の「支配階級」が日本文化にすでに心酔していることが、日本政府のおかげでも何でもないという、谷本真由美氏の事実認定と矛盾している。

もしロンドンの寿司屋に来ている「支配階級」が、日本政府の施策のおかげで寿司屋に来るようになったと、谷本真由美氏が認定しているなら、谷本真由美氏の日本政府非難は誤りで、日本政府の施策は正しかったことになる。

もしロンドンの寿司屋に来ている「支配階級」が、日本政府の施策とは無関係に寿司屋に来るようになったと、谷本真由美氏が認定しているなら、谷本真由美氏が日本政府のサブカル選好を非難するのは、大きなお世話である。

このように、谷本真由美氏のこのコラムは論理的に破綻している。

谷本真由美氏は日本政府にアップマーケットを選好せよとアドバイスしているが、日本政府が余計なお世話をしなくても、海外の「支配階級」は個人の意思で日本のアップマーケットを愛してくれる。

なのに谷本真由美氏は、「日本政府は同じ税金を使うなら、フランスやイタリアを見習ってアップマーケットの国外向け宣伝に使うべきだ」という主張をしている。この期に及んで日本政府の政策努力をあてにしている。

なぜ谷本真由美氏はこのように、自己矛盾した議論を展開しているのか。その理由はかんたんだ。

彼女自身はコラムでは否定しているが、彼女自身がアップマーケット側の「支配階級側」であり、ダウンマーケットをカスだと認定しているからだ。

そして日本政府が「空港(で)出迎えてくれる萌えアニメキャラ」のようなカスに税金を使うことに耐えられないと考えているからだ。

もちろんハードロックやヘビーメタルは、谷本真由美氏にとってはカスではなく、「支配階級」であっても愛する価値のあるアッパーカルチャーと認定されているらしい。

こうした、ハードロックやヘビーメタルを除く、一部のダウンマーケットに対する谷本真由美氏の差別的な認識以外に、谷本真由美氏のコラムの論理的な自己矛盾を説明する方法があれば教えてほしい。

いずれにせよ、このコラムは結論が誤っているので、何の説得力もない。

谷本真由美氏の論旨に沿った、論理的に整合性のある唯一の結論は、「日本政府は国外向けの文化宣伝に税金を使わず、すべて民間企業にまかせろ」のはずだからだ。

今後は何を書いても一種の「遺書」にしかならない

自分でもなぜこれほど現実に失望しなければならないのか合理的に説明できない。

でも、ともかく僕がいま生活している社会環境には、これから20年も30年も生き続ける意味がなさそうに思える。

なのでこれからは何を書いても一種の「遺言」になってしまう気がする。

たとえば自分が70歳にもなれば、長年服用している安定剤の副作用その他のせいで、健康な人よりも健忘や、悪くすると痴呆が進んでいるのではという不安がある。

それ以前に、この敵意に満ちた世界から毎日受ける圧力に自分の胃腸が耐えられず、ガンになる可能性のほうが高そうな気もする。

それ以前に、あっさり正規雇用から非正規雇用になり、つぶしの効かない労働者になり、最後には路上に放り出され、自分の健康を心配する余裕さえなくなるかもしれない。

僕には自分自身が、英語や中国語、ITのスキルはあるが、「仲良くすること」「波風を立てないこと」がもっとも重んじられる日本企業では利用価値の高くない労働力だという自覚はある。

日々生きていくのに必死という状況にまで追い詰められる前に、病院の管理された環境下で生命を終えるのが、どう考えても最もましな選択肢であることに間違いなさそうなのだ。

周囲の人たちを見ていると、いったい何が面白くてそんなに笑うのか、何を未来に期待して健康管理に精を出しているのか、まったく分からない。

たしかに数か月後くらいに、死ぬよりは生きていた方がいいかもと思えるイベントくらいは、いくつかあるかもしれない。

しかしその日までに毎日経験するイヤなことや日本的組織の同調圧力が、そのイベントを待つのに釣り合わないほど大きいことがほとんどだ。

まして僕が老人になる頃には、日本を含む先進諸国の高齢化が進行して、糞尿垂れ流しのまま放置される恵まれない側の老人になっている可能性が高い。

ふつうの人は物事の暗い側面から目を背けすぎで、明るい面しかみようとしない。その結果、自然災害や病気で突然状況が変わったとき、まさか自分がと思う。

ただこれからの社会は、よほどのお金持ちでない限り、誰もが悲惨な老後を送ることになる。先進諸国の国家単位の社会保障制度が破綻することは目に見えている。最後には国が何とかしてくれるというのは、夢物語もいいところだ。

そういう状況下で、生き続ける意味はどこにあるのだろうか。

…といった疑問を切実に感じずに、毎日を生きられる人たちは幸せでうらやましい、としか言いようがない。

alanの涙は整形疑惑女性タレントの悔し涙と同レベルでは?

alanが2007年で日本デビューしてから2011年に帰国するまで、百度貼吧の達瓦卓瑪掲示板に出入りするなど深く彼女の活躍をフォローしていた僕としては、この「ちべログ@うらるんた」というブログの「alanの涙」という記事を読むと、とっても複雑な気持ちになる。

alanが日本で活動している間、マネジメントをしていたエイベックスは彼女の活動から政治色を消し去ることに腐心していたと思う。ただその政治色とは彼女が中国人であることであって、チベット民族であることではなかった。

美人谷出身という謳い文句は、チベット族としてのアイデンティティーの主張ではなく、どこか知らない異国の地に美人のたくさん生まれる秘境があるといった、非常に漠然としたイメージでしかなかった。

alanは日本での活動中、チベット民族の衣装を着ていたわけでもないし、デビュー曲と『懐かしい未来』以外にチベットフェイクを積極的に取り入れているシングル曲はないはずだ。彼女のプロデューサだった菊池一仁氏の作る曲は基本的に純粋なJ-POPだった。

にもかかわらずalanの活動に政治色が持ち込まれてしまうとすれば、中国人がJ-POPを歌うことへの違和感や反発であり、彼女がチベット族だからではなかった。

alanの活動が低調になり、2011年に帰国することになったのも、2010年秋の中国漁船衝突事件以降、日中関係が回復しなかったからであって、彼女がチベット族であることと関係はなかった。例えば中国政府のチベット民族統治政策を日本政府が非難したとか、そういう背景は全くなかった。

alanが中国に帰国してしばらくの間も、チベット族としての出自を前面に押し出すようなプロモーションはなかった。楽華娯楽と契約した後、第一弾の中国語アルバム『Love Song』も、ビジュアルイメージも含めて普通のC-POPアルバムだ。

北京の鳥巣のショーに出演したときも、短編映画に出演したときも、『舞林大会』という芸能人ダンス大会的な番組に出演したときも、チベット族の出自が強く打ち出されることはなく、「日本で活躍して映画『レッド・クリフ』主題歌でフェイ・ウォン(王菲)を超えるオリコンランキングの実績を残した歌姫」という売りだったはずだ。

ところが冒頭のブログで紹介されている「中国藏歌会」でalanは母語を奪われたチベット族としての自分を訴求し、涙を見せたため、そのメッセージがチベット語に翻訳されて中国国外のチベット族同胞にまで拡散されることになったようだ。

だがalanは中国人民解放軍の大学で音楽を学んだ、完全に中国政府側の歌手であり、本人も解放軍芸術学院卒であることを誇りに思うとツイートしたり、発言したりしている。

現地のalanファンも当たり前だが、alanをあくまで中国の支配下にあるチベット自治区の異国情緒を体現するチベット族美人歌手としてしか見ていない。チベット族の中国政府の圧政からの解放の象徴とはまったく見ていない。

alanがチベット族ではないのでは?という疑念は、中国国内では単なる芸能スキャンダルだ。日本で言えばアイドル整形疑惑くらいの重みしかない。

ところがそれが中国国外に伝えられ、さらにチベット語にまで翻訳されてしまうと、alanがチベット族の代表として遠回しに中国政府を非難しているかのように解釈されるおそれがある。

これは全くalanの本意ではないし、ぶっちゃけて言えば、alanの知的水準はそこまで高くない。彼女がかなり短気で、しばしば中国ツイッターで20代後半の大人とは思えない幼稚な失言をするのは、現地ファンの間では周知の事実だ。

なので以前alanファンだった僕としては、alanの今回の発言がチベット語に翻訳され、中国国外のチベット族に一定範囲で流布したと聞くと、それは全然alanの本意ではないのにと複雑な気持ちになるのだ。

alanが口にする「歌に国境はない」とか「世界平和」とかいった言葉は、ほぼおとぎ話のレベルで、真剣に取り合う必要はない。

ただ、中国国内のalanファンは、チベット族が中国政府のおかげで経済的に豊かになったと信じているので、alanの理想論を真剣にうけとめているだろうと思う。中国政府の少数民族宥和政策の成功は、alanが世界平和を口にしていることからも証明される、と現地ファンは考えているかもしれない。

この番組「藏歌会」で流したalanの涙には、中国政府の圧政に苦しむチベット族同胞に何もできない自分の無力といったような、高尚な苦悩は含まれていない。

単純に、整形疑惑のある女性タレントが「私は整形していません」というのとほぼ同じレベルで、「私はチベット族です」と悔し涙を流しただけ、というのが真相・・・これが少なくとも僕の解釈だ。

でないと、彼女が一貫して自分が解放軍芸術学院の出身であることを誇りに思っており、かつ、四川省の金持ち地方官僚の娘であることと矛盾する。

なので、alanが今後仮に日本で活動する機会があったとき、僕が心配なのは、日本人が「いよいよalanがチベット族としてのアイデンティティーを主張し始めた」などという誤解をしつつ彼女を歓迎することだ。

あるいは、僕が以上に書いたことはすべて間違いで、alanは本気で中国政府の圧政に苦しむチベット族同胞に手を差し伸べられない自分が悔しくて涙を流したのだろうか?

もしこの僕の記事を読んで不愉快に思ったalanファンがいたら、どちらの方向に不愉快なのか自問自答してほしい。

alanが心の中では中国政府の対チベット族政策に本気で反対しているとあなたが考えるから不愉快なのか、それとも本気で支持しているとあなたが考えるから不愉快なのか。

そしてこの2つのうちどちらかが真実だとあなたが考えるなら、実際に新浪微博でalanにアットマークをつけて質問してみるといい。(きっと間もなく削除されると思うが)

僕はこの2つのどちらもが間違いで、alanは単純素朴な歌手であるという3つめの選択肢が真実だと思っている。

まとめ「めいろま ‏@May_Romaさんを中心として介護の実態を語る経験者達」を敷衍して「自殺パーラー」のことを考えた

正月休みの最終日にtogetterの「めいろま ‏@May_Romaさんを中心として介護の実態を語る経験者達」というツイッターのまとめを読んでテンションが一気に下がったが、めいろまさんの体験者としての主張は全くおっしゃるとおりだと感じた。

また、短期的な問題解決が不可能であることも事実だ。

めいろまさんの挙げている例では、海外ではフィリピンなどから安価な外国人労働者を介護要員として積極的に受け入れて、問題を緩和している国もあるとあったが、日本では既得権益をもつ圧力団体だけでなく、日本語の壁や、そもそも移民を受け入れる素地が社会にないという限界もあるだろう。

ただ一点気になったのは、途中の議論で、子供に手がかかるのは期限付きで、かつ、成長していくという希望があるが、老人の介護は当人が亡くなるまで終わりなく続き、衰えていく一方で絶望しか無い、という論旨の部分だ。

このまとめの一連の議論は、ほぼ老人の介護に論点がしぼられているが、難病患者など他の例も少しだけ触れられている。

当人が亡くなるまで終わりなく続き、衰えていく一方の、何の希望もない介護は、老人だけでなく、治療方法のない難病や、同じく治療方法のない心身の障害を持つの患者さんも含まれる。

うつ病など再発の確率が高く、結果的に無職に追い込まれる神経症も、他人に金銭的負担を強い、自身は何も生産できなくなるという意味では同じだろう。

めいろまさんご本人が意図しているかどうかにかかわらず、この議論の射程には、老人だけでなく、そうした人々も必然的に含まれてしまう。

するとこの議論は、自分は何も生産せず、将来も生産可能な状態に回復せず、他人に金銭的負担を強いるすべての病人について、その存在意義を疑問に付すことになる。

僕自身は、めいろまさんよりもラディカルな考え方で、高齢化が進むすべての先進諸国は「尊厳死」どころか、カート・ヴォネガットJrの小説に登場する「自殺パーラー」を制度化すべきだとさえ考えている。

自分が老人になったときの介護問題を悲観して、死にたくなったら若くても自分の意思で安楽死を選択できる「自殺パーラー」を作れば、自殺したいと思った健康体の人間が、自殺未遂で社会のお荷物になるリスクなく確実に自殺できる。

もちろんその結果、ますます社会全体として高齢化が進むおそれはあるが、それは単に過渡的な現象で、「それでも生き続けたい」という生産意欲の高い人間だけが生き残り、全体として経済規模は縮小しても、単位人口あたりの生産性は確実に上がる。

もっと直接的に言えば、「社会のお荷物」は「自殺パーラー」で安楽死するのが、上記のツイッターのまとめで展開されている議論に対する、もっとも抜本的で身も蓋もない解決策だ。

しかし一方では、どんな生命でもこの世に生まれた以上、生き続ける価値がある、という道徳的価値観がある。痴呆症で暴れまわる老人の命にも、治療不可能な難病患者にも、生きているだけで価値があるという考え方だ。

めいろまさんは、どんな生命にも生き続ける価値があるという価値観を、ばっさり否定するだろうか。この点が個人的に非常に興味がある。

僕はばっさり否定する。少なくとも本人が死にたければ、安楽死の権利と具体的手段(自殺パーラーのようなもの)を与えるべきだと以前からずっと考えている。

他人がどう評価するかにかかわらず、本人が自分のことを社会のお荷物で何の生産性もないとか、生きている意味が無いと考えれば、いつでも安楽死できるような制度をととのえるべきだ。

いや、それは間違っている、痴呆老人にも難病患者にも生きる価値があるというなら、老人介護の実態の悲惨さをさらけ出して悲観的に論じるのは、単なる露悪趣味でしかない。

悲観するなら徹底的に悲観すべきだ。そうやって徹底して悲観した先にたどり着くのは、「自殺パーラー」という解決策以外にないはずだ。

無理やり兵役に行かされるとか、原発事故の後処理に駆り出されるとかではなく、自分の意志で安楽死を選択し、実行できる「自殺パーラー」こそが、徹底した悲観の先にある、ある意味もっとも「道徳的」な解決策のはずだ。

僕自身、仮に「自殺パーラー」が実現したら、ためらうことなく安楽死しに行く。

以上の僕の意見に誤りがあれば、どこがどう間違っているのか指摘してほしい。