月別アーカイブ: 2013年8月

Baidu BBS Service, Keep Watching Its Compliance!

The largest search engine in China Baidu, Inc. is listed on Nasdaq since May 2005. The compliance with the laws in mainland China is not mandatory for continued listing according to Nasdaq ‘Continued Listing Guide’. However, we should not allow an unlawful company to raise money on any stock exchange outside of China.
Baidu – Wikipedia
Of course, from the viewpoint outside of mainland China, the most serious problem is human rights, such as freedom of speech and ethnic minority problems. However, as long as stock market is concerned, let’s not interfere in their domestic politics.
So we should focus on whether or not Baidu complies with the domestic laws in mainland China. And they actually leave illegal contents as they are in their BBS service called ‘Tieba’.
For example, I recently found a public message which reveals a 16 year old girl’s privacy and defames her. And many users add comments defaming this girl. According to Minors Protection Law in mainland China, it is prohibited to reveal the privacy of minors, people younger than 18 years.
The problem is that Baidu leaves such illegal public messages as they are, even after I claimed several times via their contact in Japan (because I live in Japan). And several days later, I happended to find these illegal messages are deleted without noticing me. Baidu has no transparency in processing customers claims.
On Baidu BBS service ‘Tieba’, there still remain numberless messages revealing privacy of others and defaming them. Baidu seems to be very reluctant to check such illegal contents on their BBS service.
The companies not compliant with their domestic laws should not raise money on the stock exchange abroad. And the investors who put money on such unlawfull companies should also be blamed.
So here I would like to say, “Let’s keep watching Baidu BBS service!”

alanが中国でリリースした『天地問剣』というシングルについて

alanが中国で久しぶりにシングルをリリースしたようだ。『天地問剣』という曲。ネット配信のみでCD発売はなし、宣伝活動はなし。プロモーション・ビデオもなし、といった意味不明の状態。
*)2013/08/23追記:同ゲームのalan特設サイトが出来たようなのでリンクを貼っておく。
問剣 – 阿蘭
この曲は百度が最近新たに開始したオンライン格闘ゲーム『問剣』の主題歌とのこと。
『問剣』についてはこちらの中国ウィキペディア「百度百科」に記事がある。この記事にalanが主題歌を歌っていることも書かれている。
実際のゲームサイトはこちら。Windows用のソフトウェアをインストールしてプレイするらしい。
この手のオンラインゲームには全く無知なのだが、中国の若者の間でオンラインゲーム市場がすでに過当競争になっていることは分かる。
というのは、SNH48(AKB48の上海姉妹グループ)一期生のメンバーに、『League of Legends 英雄聯盟』や『Defense of the Ancients (DOTA)』というオンラインゲームのヘビーユーザーがいるからだ。
一つの指標として、中国2ちゃんねるの掲示板の参加者数を見てみる。「LOL(英雄聯盟)」掲示板は2013/08/22現在で1,886,716人、「DOTA」掲示板は1,280,282人である。
alanが主題歌を歌う『問剣』はまだサービス開始されたばかりということもあり、「問剣」掲示板参加者は、たったの685人しかいない。
すでに過当競争(レッド・オーシャン)状態の中国オンラインゲーム市場で、百度が話題作りのためにalanを起用したのかもしれないが、今から「LOL」や「DOTA」並みの人気ゲームになるのは、まず不可能だろう。
しかし、サービス開始したばかりのオンラインゲームの広告宣伝への参加と言えば、SNH48が昨年2012/10デビューしたばかりの頃、台湾の『闘魂ONLINE』というオンラインゲームのCMキャラクターになった。台湾のテレビCMにも、宮澤佐江とSNH48一期生メンバーの数名が登場した。
このことを考えると、alanは2007/11日本デビューで、すでに芸能活動7年目にもかかわらず、帰国後の中国大陸でいかに苦労しているかがわかる。帰国後に発売したアルバムは1枚しかないのだ。
2013/08/21日本で久しぶりに発売された下記のシングルも、ほとんど売れないだろうことは想像にかたくない。

Baidu, Inc., Listed on Nasdaq, Infringes Minors Protection Law in China

*)On Aug 24, 2013, I confirmed the thread written below is deleted. Here I appreciate Baidu, Inc appropriately solving problems by observing Minors Protection Law in mainland China.
The Chinese largest search engine provider Baidu, Inc. is a lawbreaking company. They even don’t comply with laws in mailand China.
Baidu provides a BBS service called ‘Tieba’ in mainland China. You don’t have to register as long as you only read its contents.
Of course, there is no freedom of speech on this BBS. If you write anything against Chinese government, Baidu will instantly delete it without your permission.
But when you consider that there is no freedom of speech in mainland China itself, you can say that it cannot be helped even if Baidu has a strong censorship. In addition, you can even say that Baidu actually *follows* the laws of Chinese govenrnment.
However, Baidu explicitly infringes Minors Protection Law established by Chinese government.
China has Minors Protection Law amended on Dec 29, 2006. This law defines “minors” as people less than 18 years old. And its 39th article says that any organization or person shall not expose minors’ privacy.
Please take a look at the following very long thread on Baidu BBS. (Sorry but only in Chinese)
http://tieba.baidu.com/p/2171259389
This thread intentionally exposes the privacy of a 16 year old girl. This girl is a member of a girls singer group SNH48. If you have some knowledge about Japanese sub-culture, you can easily find this group is a sister group in mainland China of AKB48.
Anyway, althought this thread on Baidu BBS intentionally exposes the privacy of a minor girl, defames her and infringes Minors Protection Law established by Chinese government, Baidu *would not* delete this thread.
Actually I asked Baidu to delete this thread several times, but Baidu ignores my claim as of now. This fact shows that Baidu has no intention to comply with laws even in their home country.
I wonder why U.S. government allows this illegal entity Baidu to be listed on NASDAQ. Does this mean U.S. government doesn’t care at all whatever the listed companys do?

世界の幾分かは悪意で成り立っている

当たり前のことだが、世界の幾分かは悪意で成り立っている。
いちばん大きな問題は、悪意の源になっている人間がそれを自覚しているかどうかだ。自覚しているなら、まだ周囲の人間には救いがあるけれど、自覚がなければ、その悪意を見世物と思い込んで楽しむしかない。

すべての日本企業に共通の、救いようのない愚かさ

特定の人物の地位やプライドを守るために、複数の人間が、まったくする必要のない余計な仕事をしなければならない。
日本の会社組織であれば、多かれ少なかれどの会社にも見られる現象だが、この非効率性は、救いようがない愚かさだ。
お互いにモチベーションを落とし合い、お互いに業務効率を下げ合って、脚の引っ張り合いで最終的には社会全体の経済的な効率を悪化させている。
日本の会社員には、自分の行動の一つひとつが、組織全体の効率性を左右しているという自覚があまりない。いわゆる部分最適と全体最適というやつ。
自分の生活を守るため、ということを言い訳にして、組織の中で部分最適に走る。
いまだに自分の父親世代の、昭和的サラリーマン社会の価値観、つまり、能力よりも人付き合い、論理性よりも声の物理的な大きさ、組織としての成果よりも個人として無難に定年まで勤め上げることを、日本の会社員はいまだに、ひたすら優先している。
そういうあまりに日本的な会社員たちの、日常の数々の愚行を身近に観察することこそ、サラリーマン生活で最もおもしろおかしいところ。
無自覚な愚か者を傍観することほど、面白い見世物はない。