月別アーカイブ: 2012年11月

日経ビジネスのTOEIC「裏ワザ」についてのトンデモ記事

日経ビジネスオンラインには、たまにとんでもなく低品質の記事、いわゆるトンデモ記事が掲載されるが、今日も一つ見つけた。
『TOEIC“裏ワザ”を見て考えたグローバル人材育成 必要性を感じさせるマネジメントこそ近道』 (2012/11/12 日経ビジネスオンライン)
記事を要約する。
前半は、この記事を書いた記者が今年TOEICを2回受験したが、隣席の受験者が、試験の最初、リスニング部分のアナウンス中に、リーディング部分の問題を先に解くという「裏技」を使っため、試験に集中できなかったという、ほぼどうでもいい内容。
後半は、企業がグローバル人材を育成するとき、従業員の動機づけに最も重要なのは、TOEICのスコアよりも、語学学習の必要性を体感させることだ、という内容。
まず前半だが、隣席の受験者を気にしているヒマがあったら、ご自身の試験に集中されてはどうか。
まして、隣席の受験者の受験票をのぞき見して、勤務先の社名をチェックし、その「裏技」のずるさを非難するようなことを、公の記事として書くべきではない。個人のブログならまだしも。
TOEICのリスニング部分のアナウンス中に、リーディング部分を先に解くという芸当は、この記者が自ら書いているように、高い聴解力がないとできない。
これは、その受験者がTOEICを一つの手段として、英語力を伸ばすという目標を達成すべく努力してきた成果だ。
それを「ずるい」だの「裏技」だの「テクニックを磨いてまでTOEICの高得点を目指すというような怪しい方向」だの、まるで悪いことをしているかのように書くのは、この記者の試験中の集中力のなさ、英語力の低さ、何より記者としての良識のなさをあらわしている。
一方、記事の後半だが、企業が「外国語習得の必要性を現場社員に実感させるマネジメント」として、「TOEICを入社や昇格の条件にするより先に、世界を身近に見せる工夫こそ、経営者や人事部門に求められている」とある。
日本人社員を海外駐在させる前に、語学力不足で意思疎通ができないことによるリスクを避けるため、事前に語学学習させるのは企業のマネジメントとして当然だろう。
しかし経営者や人事部が、社員一人ひとりに最適な語学学習法を指導するコストなどかけられない。
したがって、TOEICのスコアなどの形式的な規準を設定し、その形式的な規準を純粋な「手段」として、社員一人ひとりに語学学習をうながす動機づけにするのは、企業にとって経済合理性のあるマネジメント手法ではないのか。
記事に登場する大和ハウスのクアラルンプール事務所の例は、「一級建築士」という特別な資格をもつ日本人社員だからこそ、語学力が大きな問題にならなかった特殊事例だ。
もっとも、厳密な説明を求められないビジネスなら、そもそも中国や東南アジアでは語学力は問題にならないだろう。
赴任先が欧米で、まともに英語さえ話せない状態で駐在すれば、それだけでまず信頼されないだろうが。
この記事の最大の欠陥は、大和ハウスのような特殊事例を普遍化していることだ。
大和ハウスのような事例があるからといって、各企業がTOEICスコアなどの形式的な基準を一つの単なる「手段」として、社員に語学学習を促すマネジメント手法を、否定する理由にはまったくならない。
正直言って、単にこの記者が自分の英語の勉強方法に、疑念を持ち始めただけではないのか。
そういうきわめて個人的な問題意識を、いきなり日本企業における外国語習得のマネジメントという大問題に短絡しているだけではないか。
この記者は、「この1年間、マンツーマンの英会話学校に通った。高度な表現、難しい言い回し、きれいな発音を学ぶ上では良かった。たが、ASEAN諸国では誰もそんな英語は使っていなかった」と書いている。
しかし、もしこの記者が、ASEAN諸国でたまたま欧米人とともに仕事をすることになれば、「高度な表現、難しい言い回し、きれいな発音」は、欧米人から信頼を勝ちとるのに有用だ。
この記者は、自分の英語の勉強方法に、もっと自信を持ってはどうだろうか。あるいは、たった1年間マンツーマンの英会話学校に通ったくらいで、結果を求めるのは早すぎる。
不思議なのは、この記者が本当に「高度な表現、難しい言い回し、きれいな発音」を習得しているなら、なぜ隣席の受験者と同じことをする聴解力がないのか、ということだ。
もし聴解力が不十分で、隣席の受験者のような工夫ができないなら、この記者に対して言えることは、「もっと勉強しなはれ」ということだけである。
しかしこんなトンデモ記事を通した編集部も編集部だと思うが…。

Nexus7によるコモディティ化はWindows機の「いつか来た道」

Nexus7を購入して1週間になる。ネットメディアでもiPad、Nexus7、Kindle Fireの比較記事がたくさんあるが、そもそもiPhone/iPadのようなiOS端末とAndroid OS端末を比較するのは無意味だ。
PCについても、Windows95が登場して本格的にインターネット対応した頃、MacintoshとWindowsの比較記事がたくさんあったが、結果的に無意味な比較だった。
Windows機や、Android機が目指しているものは、端末のコモディティ化である。
どのメーカーが作っても、一定の規格を満たしている限り、同じような使用感があり、取り替え可能である。そういう没個性的だが汎用性のある端末が、Windows機やAndroid機の目指すところだ。
それに対して、Macintosh機や、iOS機は、その端末でしか味わえない体験を目指している。アップル社にしか作れない機能、外観、使用感などなど。
そういうわけで、Nexus7についても、Nexus7でなければならない理由は特にない。
僕自身もその独自性からNexus7を購入したわけではなく、クアッドコアの7インチAndroid端末では、いわゆる「中華パッド」を除いて最安値だから購入したまでだ。
他の消費者のみなさんも、Nexus7と同じくJelly Beans(Android 4.1)を搭載し、液晶が7インチサイズで、重さが300g前後で、CPUがクアッドコアで、内蔵メモリが同じサイズで等々なら、あとは付加機能とそれによる価格差で、Acer製であれ、SONY製であれ、東芝製であれ、富士通製であれ、何でも好きな端末を選べばよい。
基本的な規格が同じなら、さまざまな選択肢があるという点こそ、Android端末の最大の利点である。
その中でも、Nexus7の唯一の存在意義と言えば、おそらくグーグル社自ら、低価格路線のAndroidタブレットの標準を作ったことだろう。Nexus7の登場で、Kindle Fireも含めて、2万円以下のAndroidタブレットという製品カテゴリが確固たるものになった。
こうなると、日本メーカーがAndroidタブレットで競争力を持つには、よほどの付加機能が必要になる。しかしその際、自社製品との連携機能を強化しすぎると、Android端末本来の汎用性が失われる。
例えばSONY製タブレットなら、SONY製のブルーレイHDDレコーダーとの連携ができるかもしれないが、Androidタブレット側が陳腐化すれば、遅かれ早かれ買い換えざるを得ない。なら最初から汎用性のある他社製Androidタブレットを買おうということになってしまう。
Android端末は、Windows機と同じようにコモディティ化していく。グーグルによるタブレットをコモディティ化する戦略は、今のところ成功している。
タブレット分野では今までアップルが圧倒的なシェアを占めていたが、Nexus7やKindle Fireなど、Android端末が急速にシェアを伸ばしているからだ。
『iPadシェアは8割から5割に低下:米国ユーザー』 (2012/10/03 WIRED.jp)
『タブレット端末がデスクトップPCを抜いた!…BCN調べ』 (2012/11/08 BCNニュース。日本国内の動向)
スマートフォンでもタブレットでも、Android端末が圧倒的なシェアを握り、Windows機と同じような地位になれば、企業向けだけでなく、一般消費者向けでも、Android端末が事実上の標準(デファクト・スタンダード)になり、iOS端末はMacintosh同様、クリエイティブ向けの「ニッチ」な製品になる。
残る問題は、単価が安すぎるタブレット市場で端末メーカーがどう採算を維持するかと、Android端末のいわゆる「断片化」問題の2つだ。
後者の「断片化」は、各ハードウェア・メーカーが独自開発している機能を、Android OS自体が標準機能として取り込んでいくことで、ゆっくりと収束していくだろう。
むしろ前者の、メーカーがAndroid端末を売っても利益が出なくなる問題の方が難しそうだ。
ただ、これもWindows機のこれまでを見れば、ある程度は予測できる。完全にコモディティ化した端末は、端末を売ること自体が目的ではなく、その背後にあるソリューションが重要になる。
ある意味、各ITベンダーがWindows機をめぐって経験済みのことであり、同じ努力が求められるということだ。ここに新規性はない。Android端末だからといって、過去経験しなかったような全く新しい試みが求められている、というわけではない。
逆に、Android端末の「断片化」という短期的なリスクを、iOS端末に特化した事業によって回避してしまうと、中期的にはiOS端末をめぐる隙間市場の過当競争に陥ることになる。
Nexus7から見えてくるのは、Windows機の「いつか来た道」であり、特に革新性のある風景ではない。

Nexus 7にKindleアプリをインストールしたら困ったことに

秋葉原のヨドバシカメラでNexus 7 32GBの在庫があったので購入した。
Android端末のセットアップは、もう何度やった分からないくらいなので特に問題なかった。
バッファローのBluetoothキーボードBSKBB06も問題なく接続できる。キー配列はUSキーボードになってしまうが、iPad3に接続した時と違って、全角・半角の切り替えキーがちゃんと動作するので、日本語ローマ字変換モードと、半角英数入力モードの切り替えがやりやすい。
iBUFFALO 【iPhone5対応】Bluetooth3.0対応コンパクトキーボード 【節電モデル】 ワイヤレス 電池寿命2倍 ブラック BSKBB06BK
また、Androidのホーム画面のアイコンを、キーボードの矢印キーで渡り歩け、TABキーでドックのアイコンにも移動できることを、今日はじめて知った。
そしてアイコンがハイライトされた状態でEnterキーを押すとアプリが起動し、Escキーはバックキーのタップの代わりになる。たぶん知らなかったのは僕だけだろうけれど。
さて、Nexus7の性能面でかなり致命的な問題があるとすれば、液晶が色の明暗のグラデーションをなめらかに表示できないことだ。
例えばKindleアプリの起動画面の背景は、グレーから黒へのグラデーションになっているが、年輪のような縞模様が浮き上がってしまうのだ。フルカラーの写真をきれいに見たい時は、あまりNexus 7を使わないほうがいいかもしれない。
実は今回いちばん困ったのはそのKindleだ。日本でKindle端末が発売になった後、初めてAndroidアプリをAndroid端末にインストールしたのだが、インストール後KindleアプリからAmazonにログインすると、日本のAmazonにログインしてしまう。
日本のAmazon.co.jpの登録メールアドレス、パスワードと、米国のAmazon.comのそれらを同じにしていたため、どうやっても米国Amazon.comから購入していた洋書のデータがダウンロードできない。
仕方なく日本と米国のAmazonアカウントを統合する手順を踏んだのだが、エラーになってしまった。おそらくメールアドレスが同一だったためと思われる。
そこで、米国のAmazon.comの登録メールアドレスを変更して、Nexus 7にインストールしたKindleアプリから米国Amazon.comに登録したメールアドレスでログインしると、無事、洋書データを同期することができた。
そのかわり米国のKindle Storeとひもづけられてしまったので、日本のKindleストアの電子書籍は購入できなくなってしまった。
毎回、米国Amazon.com、日本のAmazon.co.jpとログインしなおせば、両方のストアが使えるのかもしれないが、Kindleの洋書の価格がいつの間にか高くなった件といい、日本でKindle Fireが発売されてしまったために、かえって電子書籍データの管理が不便になるとは、一体なのか。