月別アーカイブ: 2012年1月

ツイッターの終わりの始まり

ツイッターがなんと、国別に別々の基準でつぶやきの検閲ができる機能を実装したことが話題になっている。というか、大ブーイングをくらっている。
きっかけはツイッターの公式ブログの記事「Tweets still must flow」(2012/01/26 twitter blog)
以下、試訳してみた。1年前の記事に書かれていたツイッター社のビジョンに比べると、明らかに個人の言論の自由の尊重という面で後退している。
ツイッターが国別のコンテンツ規制に踏み切ったことで、一つ言えるのは、YouTubeに対するDaily Motionのように、よりリバタリアニズム的な同種のサイトが成長する絶好の機会になるだろうということだ。
始まりはお気楽なリバタリアニズム的(=なんでもあり的)発想だったものが、企業として成長すると、事業の継続が最優先事項になり、とつぜん国家権力にひれ伏してしまう。お決まりのパターンだと言えばそうなのだが、まことに残念きわまりない話ではある。

1年前、『つぶやきは流れなければならない』という記事で次のように書いた。
「オープンな情報の交換は世界にプラスの影響をあたえることができる…世界のほとんど全ての国が表現の自由を人権と認めているが、多くの国は表現の自由には責任がともない、制限もあると認めている」
私たちは世界各国で成長しており、表現の自由の範囲にさまざまな考えを持つ国と出会うだろう。中にはあまりに私たちと考えが違いすぎて、とどまることができなかった国もある。私たちと考えが似ているけれども、フランスやドイツのように、ナチス擁護のコンテンツを禁止しているなど、歴史的、文化的な理由で、ある種のコンテンツを制限していることもある。
今までのところ、こうした国の制限を考慮するには、コンテンツをすべて削除するしか方法がなかったが、本日から、特定の国の利用者に対してのみ、要望に応じてコンテンツを制限する機能を作った。他の国の利用者からは、それらのコンテンツは閲覧できる。また、利用者に対してそのコンテンツがいつ、なぜ制限されるのかを、透明性をもって伝える方法も確立した。
私たちはまだこの機能を使っていないが、特定の国で、あるつぶやきを制限するように求められれば、利用者に知らせる努力をした上で、いつからそのコンテンツが制限されるかを明示するつもりだ。この透明性確保の一部として、「チリング・エフェクト」サイトと提携し、次のページ http://chillingeffects.org/twitterを公開している。このページはツイッターについての周知事項を見つけやすくするためのものだ。
ヘルプの中にある、ポリシーについてと、アカウント設定についてのページに、より詳細な情報がある。
企業としての私たちの核となる価値は、利用者どうしの声を守り、尊重することだ。私たちはいつでもどこでも、できる限りコンテンツを守ろうと思っている。そしてそれができない場合は、利用者に対する透明性を確保するつもりだ。つぶやきは流れつづけなければならないから。

客観性を標榜する池田信夫は責任論に口を挟むな

福島第一原発事故による被ばく量を、喫煙や生活習慣病などの他のガンの原因と比べるのは、「客観的な科学者」の常套句だ。
でも疫学的な確率論を持ち出すのは、「どうせガンで死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」と言っているのと同じ。
日本では、福島第一原発事故による被ばくより、自殺で死ぬ確率のほうが高いので、「どうせ自殺するんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」と言っても、同じことになる。
以下、同じ例はいくらでもあげられる。
「どうせ交通事故で死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」
「どうせ通り魔事件で死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」
「どうせ正月に餅を喉につまらせて死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」
「どうせ熱射病で死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」
「どうせ雪下ろし中の事故で死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」
「どうせ新歓コンパの急性アルコール中毒で死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」
「どうせ某宗教団体の某化学物質大量散布事件で死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」
「どうせ医療ミスで死ぬんだから福島事故の被ばくなんて無視できる」
死因に確率論を適用するのは科学的には正しい。しかし、実際に人が死んだ場合、一貫して確率論で死因を語ることによって、科学者は個別の死についての責任を負わずに済む。
例えば、一貫して確率論を持ち出す科学者は、100万分の1の確率とされる事象にたまたま当たって死んでしまった人について、科学的には「運が悪かっただけ」と論じる。これは科学的には完全に正しい。
確率論は、個々の事象の発生について、あらゆる恣意性を排除しなければ成立しない。例えば「神様のせい」など、そういった恣意的な説明づけを一切排除したところに初めて成立する。
つまり、確率論は個々の事象についての「社会的責任」の議論をあえて排除しなければ、客観的な化学として成り立たない。本質的にそういうものなのだ。
なので、客観性を標榜する科学者が、福島事故の被ばくについて客観的かつ科学的な議論をするのは全く問題ないのだが、だからと言って、個々の事象が起こった時に誰が責任をとるかの「社会的責任」の議論が免除されるわけではない。
もっと言えば、客観性を標榜する科学者たちは、原理的に「社会的責任」の議論に参加する権利はない。なぜなら、科学の客観性とは、個別の事象を特定の原因に帰属する恣意性を排除して初めて成り立つからだ。
しかし「社会的責任」を論じるときに、具体的な事象がまだ起こっておらず、起こるかもしれない、というケースがある。福島第一原発による健康被害はこのケースにあたる。
現実の社会は、まだ具体的な事象が起こっていないからといって、その事象が万が一起こった場合の責任者を明確にしておかないと、残念ながら回らない仕組みになっている。
まだ起こっていない事故についても、もし起こったら誰が責任をとるかを明確にしておかないと、現実の社会は回らないのだ。
しかし、純粋に客観的な科学は、まだ起こっていない事象について、誰が原因を作ったかを客観的・科学的に議論することはできない。なので責任の帰属についての議論では、科学者は完全に無力である。
したがって、客観的な科学者は、任意の福島県民が将来ガンにかかった場合、「その原因が福島原発事故である可能性は低い」と言うことはできるが、まず科学の水準で「その原因は福島原発事故ではない」と断言することはできない。
さらに、科学の水準をはみ出して「東京電力に責任はない」とか、「無駄な避難をさせた政府に責任がある」とか、責任の帰属について論じることは、原理的に不可能だ。
客観的な科学を標榜する池田信夫のような人たちが言うことが出来るのは、せいぜい次のようなことだけだ。
「無駄な避難をさせた政府に責任がある可能性が高い」
「原発を運営している東京電力には責任がない可能性が高い」
「大規模な除染事業をした政府に責任がある可能性が高い」
客観性を標榜する科学者たちは、とにかく「誰が責任をとるべきか」という議論に口をはさまないで頂きたい。
彼らは確率論的な客観性しか議論できないので、何一つ断言できないし、断言できないということは自分たちで責任をとるつもりも毛頭ないし、他人に対しても責任を取れという論理的な権利がそもそもない。

シャープの轍を踏む東芝の「BookPlace」

東芝が発売する電子書籍端末「BookPlace DB50」、この強い既視感はいかんともしがたい。
シャープが芥川賞作家の平野啓一郎を招いて、電子書籍端末「GALAPAGOS」を大々的に発表したのは2010/11/29のことだった。
『シャープ、作家の平野啓一郎氏を招き「GALAPAGOS」イベントを開催』(2010/11/29 PC Watch)
正確にはもう少し前に「GALAPAGOS」は発売されていたが、それを平野啓一郎という若手純文学作家をダシに、端末機器の性能だけでなく、配信されるコンテンツ面からも力を入れますよ、というシャープのアピールだったと思われる。
しかし、純粋な電子書籍端末としての「GALAPAGOS」が大失敗に終わったのは、周知の事実だ。
そして東芝は、あれから1年強しか経っていないのに、同じ過ちをくり返そうとしている。
『東芝、電子書籍専用端末「BookPlace DB50」リリースの理由』(2012/01/26 19:00 IT Media)
さすがに純文学作家の平野啓一郎では、「平野啓一郎。誰それ?」という一般人に訴求しないと思ったか、「キレイどころ」の東京大学卒女性タレント・三浦奈保子と、より柔らかい作風の大衆小説家・井沢元彦の二人をそろえた。
東大卒の女性タレントと大衆小説家をゲストに呼ぶ時点で、すでに「電子書籍はコンテンツ次第で端末機器はどーでもいい」ということを、東芝は完全に見誤っている。
まず、この「BookPlace DB50」が情報端末としてどこまでのことができるかは、以下のGIGAZINEの記事が詳しい。
『東芝の電子ブックリーダー「ブックプレイス(BookPlace)DB50」で何ができるかまとめ』(2012/01/26 15:46:17 GIGAZINE)
Android端末としては使えないので、せっかくのWSVGA液晶やmicroSDカードスロットが、ほぼ完全にムダなスペックであることがわかる。まさにシャープが大失敗した最初の「GALAPAGOS」と同じ考え方で作られた製品だ。
では東芝は何で差別化しようとしているのかといえば、価格であって、価格しかない。
実売価格はネットの各種記事によれば22,000円前後になり、BookPlace専用の電子書籍販売サイトの5000円分ポイントが付いてくるらしい。それでも米国Kindle Fireより高い。
しかし、そもそもシャープの「GALAPAGOS」が大失敗し、ソニーの「Reader」がヒットしない根本原因は、価格ではない。日本の書籍流通が旧態依然たる構造になっていて、電子化される書籍にろくな本がないからだ。
「GALAPAGOS」発売のときにも同じことを書いたような気がするのだが、ゴミみたいな本しか読めないことはBookPlace専用のコンテンツ販売サイトに接続して、例えば「文学」や「ビジネス・社会・IT」、「ノンフィクション・ドキュメンタリー」をクリックしてみるといい。
まず、池田信夫氏に敬意を表して池田信夫著の書籍を検索すると、4件しか出てこない。あの多作の宮台真司にいたってはたったの5件。なんじゃこれは。
しかも、例えば最近、書店で平積みになっている池田信夫氏の新刊『イノベーションとは何か』は1,600円。
Amazon.co.jpで紙の『イノベーションとは何か』を注文すれば2,100円で翌日に届き、読み終わったら同じくAmazon.co.jpで古書として売り払えば、差し引き実質500円くらいで読めるだろう。ブックオフに売っても実質1,500円くらいでは読めるはずだ。
それに対して、BookPlaceで同書を購入してしまうと1,600円かかり、古書として売りさばくことさえできないどころか、自分のPCやスマホで読むことさえできない。
同じことは、現在日本国内で販売されている全ての電子書籍端末に当てはまる。この状況で電子書籍を購入する人は、金があり余ってどうしようもない人か、経済観念のまったくない人だろう。
いい加減、シャープ、東芝、ソニーなどなど、国内の電機メーカーは、日本国内の紙の書籍流通の現状を無視して、電子書籍がビジネスとして成立するという大いなる勘違いをし続けるのはやめたらどうか。