松浦社長の時代遅れの著作権観。だからCDが売れないんですよ

昨日たまたま、明石家さんまと所ジョージが司会の『金プラ さんま&所世の中を動かしているのは誰だ会議』という番組を見ていたら、エイベックス社長の松浦勝人氏が出演していた。 CD市場が大幅に縮小したことについて、松浦勝人氏もやはり、インターネットでの違法ダウンロードや、中国などでの海賊版の横行が最大の原因であるかのように、しつこく繰り返していた。 CD市場の大幅な縮小が、単に音楽の聴取形態が多様化していることと、CDの主な購入層の人口減が主因であることに、レコード会社の社長自身が全く触れないのは、フェアではない。 仮に違法ダウンロードや海賊版の流通規模が、松浦勝人社長の言うように、そのま 続きを読む 松浦社長の時代遅れの著作権観。だからCDが売れないんですよ

「センカクモグラを守る会」って冗談なんですよね

今日いちばん笑ったのは、「センカクモグラを守る会」設立会見を取り上げた産経新聞の記事。 『【集う】「センカクモグラを守る会」設立会見(7日、東京・霞が関の環境省)』(産経新聞 2010/10/26 07:51) 喜多由浩という記者が、これは尖閣諸島に上陸する名案だ、日本人を覚醒させる突破口になるだろうかと絶賛しているのだが、何を考えているのか。 この「センカクモグラを守る会」の発起人の一人である、アルピニストの野口健は「これが『日本の領土内』で起きている問題だ。竹島のようになってからでは遅い」と、設立会見の場でしゃべってしまっているではないか。 本当にこの「センカクモグラを守る会」が、日本が尖 続きを読む 「センカクモグラを守る会」って冗談なんですよね

何が「病気」で何が「健康」かは社会の要求水準による

ふと思ったのだが、上野玲氏の「うつは薬では治らない」という主張には、2つの政治的文脈がありそうだ。 一つは、社会的権威である医師が病名をつけることで、逆に、患者が差別されるおそれがあるという考え方。 もう一つは、薄毛や禁煙まで健康保険を適用して医者が治療する流れに対して、単なる金儲け主義じゃないかと非難する考え方。 まず前者の考え方は、国家の権威による管理・支配からの弱者の解放という、いかにも左翼的な図式だ。個人的に大学生の頃かじったフランス哲学で言えば、J・P・サルトルやミシェル・フーコーなどをイデオロギー的に解釈した考え方。 例えば、ハンセン病患者が長らく隔離政策によってうけてきた差別など 続きを読む 何が「病気」で何が「健康」かは社会の要求水準による

学区制は誰のため?群馬県桐生市の小6少女の自殺

群馬県桐生市で小学校6年生の女の子が、自室で母親のために編んでいたマフラーで首を吊って自殺した事件。 ご両親は彼女が学校でいじめにあっていた事実をつかんでおり、学校側に改善を求めたけれど、全く対応してくれないばかりが、担任が無理やり少女を校外学習に連れていった事もあったらしい。 この事件でいちばん不幸だと思うのは、この家族に「転校」という選択肢がなかったことだ。 桐生市役所のホームページで見る限り、群馬県桐生市の小学校には学区制があり、特別の事情がない限り他の学区の小学校へ転校することはできないようだ。 こうした学区制には、大きな疑問を感じる。 小学校は一義的には子供の教育のために存在するので 続きを読む 学区制は誰のため?群馬県桐生市の小6少女の自殺

宇多田ヒカルの「ベスト買わないで」は単なるワガママ?

宇多田ヒカルが、2010/11/24EMIから発売される『Utada Hikaru Single Collection Vol.2』にぶつけて、同日にUniversalが『Utada the best』を発売するということで、お怒りらしい。 宇多田ヒカル 公式ツイッターアカウントより Universalのベストアルバムは買わないでと、Twitter(ツイッター)でファンに呼びかけているが、個人的には自業自得としか思えない。 どうやらこれは、レコード会社の持つ「原盤権」なるものによって発生する問題で、特にベストアルバムの発売をめぐって、歌手とレコード会社の間でたびたび起こる対立らしい。 ウィキペ 続きを読む 宇多田ヒカルの「ベスト買わないで」は単なるワガママ?