ビデオニュース・ドットコムで元検事・郷原氏が緻密な検察批判を展開

ビデオニュース・ドットコムのマル激トーク・オン・ディマンド第416回に元検事の郷原信郎氏が出演し、民主党小沢代表の公設秘書が政治資金規正法で起訴された件について厳密な議論を展開している。 詳しくはぜひ、この放送回をじっくりお聴きいただきたいのだが、やはり検察は今回の起訴で、致命的な政治資金規正法の法解釈上の誤りを犯したようだ。 そしてその誤りを糊塗するために、政治資金規正法の立法趣旨を曲げて、無理やり公設秘書の起訴に踏み切った。 政治資金規正法は、もともと政治活動には政治献金が必要だという前提に立っている。 ところが、元検事で財団法人さわやか福祉財団理事長・堀田力(ほった つとむ)氏の意見に代 続きを読む ビデオニュース・ドットコムで元検事・郷原氏が緻密な検察批判を展開

シャンソンのカバー曲集を再生リストにしてみた

気が向いたので、カラオケボックスでお気に入りのシャンソンを3曲連続で録音してみた。これでフランス語曲のカバーが5曲になったので、再生リストにしてみた。ぜひ聴いてみたいという奇特な方はどうぞ。 ところでカラオケボックスという場所は、録音環境としては最悪だろう。湿度は低いし、タバコの臭いが残っているし、エアコンを入れるとフィルターに付着したニコチンたっぷりの風が顔を直撃するし。趣味で歌ってるんだから仕方ない。

柴田淳の透明なブルーノートについて

柴田淳の曲の特徴について一つ書き忘れた。多くの曲でブルーノートが使われているのに、まったくR&Bっぽくない。ブルースっぽくない。 中島美嘉のために作詞・作曲した『声』のサビにも、ブルーノートが多用されているが、どこまでも透明なメロディなのが不思議だ。 僕は中学、高校時代にエレキギターをやっていて、唯一何とかアドリブを弾けるスケールがブルーススケールだし、当時Culture Clubのファンだったりで、ブルーノートの気持ちよさにはかなり敏感だ。 ただ最近のJ-POPはR&Bの真似事が多すぎて、ブルーススケールのメロディーを聴くと、もうお腹いっぱいという感じだ。 ところが、柴田 続きを読む 柴田淳の透明なブルーノートについて

中国ドラマ『地下鉄の恋』字幕で中国語をマスター77

中国大陆电视剧《地下铁》的字幕翻译。 二十一集电视连续剧《地下铁》 第十一集 晶晶:姐 你是不是有什么好消息要告诉我啊 姉さん。何かいい私に知らせがあるんじゃなかったの。 明明:对啊 所以我才要跟我亲爱的妹妹一起庆祝啊 あるわよ。だから可愛い妹と一緒にお祝いしなきゃって思ったんじゃない。 晶晶:是不是又升职加薪了 昇進してお給料が増えるんじゃないの? 明明:答对了 正解! 可是这个职位把我吓了一跳 行政副总 でもこのポストには跳び上がるほど驚いたわ。副社長よ! 你知道什么叫连升三级吗 说的就是我 三級昇進って知ってる?それが私のことよ。 晶晶:太好了 恭喜你 すごい!おめでとう! 我想啊 你一 続きを読む 中国ドラマ『地下鉄の恋』字幕で中国語をマスター77

局アナが番組を終えることを「卒業」と呼ぶテレビ局の自己満足

局アナが何年か担当していた番組を終えることを「卒業」と称し、初登場から始まって過去の放送回をふり返り、花束をわたして、女子アナは号泣して、そういう単なる自己満足の演出を民放各局はいい加減やめたらどうか。 そんなことをやっているから、視聴者の可処分時間をYouTubeに奪われるのだということを、テレビ局の社員たちは一体いつになったら気づくのだろう。下らなさの極みだ。 以上、今朝『めざましテレビ』をたまたま見ての感想。