素朴な啓蒙主義者の喜劇的生き方

素朴な啓蒙主義者はかなり始末が悪い。自分だけは分かっている。周りは分かっていない。だから周りを教育してやらなければいけない。そう思い込んでいる。 結果、同調圧力の強い日本のサラリーマン社会では反発を招く。すると、正論を言うと受け入れられないと悲劇のヒーローを気どり、ますます素朴な啓蒙主義者としての立場にのめりこむ。 そのくせ、足元にあるやるべき小さな仕事はバカにしてやらない。ますます周囲の反発を招く。そして、そういった状況の全体を理解していない。自分は分かっている。悪いのは分かっていない他人だと思い続ける。 今、僕の身近にはこういう素朴な啓蒙主義者が一人いる。正直言ってはたから見ていると喜劇に 続きを読む 素朴な啓蒙主義者の喜劇的生き方

C-POPは別の売り方があるのでは?

BS日テレの『C-POP World 恋しチャイナ』の放送時間が変わって、個人的には見づらくなってしまった。ただ、最近は徐姉妹(大S・小S)の『大小愛吃』も放送されなくなり、ほとんど飛輪海とF4の話題ばかりたったので、どうでもいい。 しかし、いくら飛輪海やF4を売り出したところで、日本語の堪能なK-POPの東方神起に勝てっこないので、ファン層として重なる女性向けにC-POPの男性アーティストばかり売り出す意味が良く分からない。 他方、かわいい女の子にはとりあえず反応してくれるオタク層は厚いのだから、avexのalanにならって、とにかくルックス重視で女性アーティストを根気良くPUSHしていく方 続きを読む C-POPは別の売り方があるのでは?

この世界って、何て醜いんだろう

この世界って、何て醜いんだろう。 昨日、押井守監督の『スカイ・クロラ』製作過程を追ったドキュメンタリーが放送されていて、その中で押井守監督が同作品は、初めての試写会を行った横浜国立大学の上映後の講演で、大学生たちに、人生って基本的につらいものだけど、そんなに悪くないんだぜってことを伝えたかった、と話していた。 それはあなたが映画監督として成功したから言えることでしょ。とツッコミを入れたくなった大学生は多かったはずだ。 映画監督のような著名人とは言わないまでも、自分の希望とかけ離れた人生を歩まざるを得ない人間が山ほどいる中で、映画監督にとって人生が「そんなに悪くない」程度のものなら、自分の希望と 続きを読む この世界って、何て醜いんだろう

以前勤めていた会社のWebサイトが

今となってはどうでもいいことだが、以前勤めていた会社のWebサイトの動的コンテンツの開発言語が、いつの間にかASP.NETからPHPに変わっている。 文字コードがEUCになったのはおそらくWindowsからLinuxサーバに置換したのだろうが、今さらEUC?という気がする。基幹システムがWindowsベースなら、そのうちunicodeになるのは間違いない。ユーザ登録データを基幹システムに連携するとき、文字化けをゼロにできているのだろうか。 ページデザインはほとんど変わっていないのに、多大な労力をかけてわざわざLinuxにする理由がどこにあったのか理解に苦しむ。 また、あるキーワード(これを書く 続きを読む 以前勤めていた会社のWebサイトが

カテゴリー: IT

急患受入れ拒否で妊婦死亡も国民の自業自得

医療が充実していると言われた東京都内でも、ついに急患受け入れ拒否で妊婦が死亡したというニュース。根本的な原因は産科勤務医の絶対的な不足で、短期的な解決策はないとのこと。 産科に限らず、全般的に大病院の勤務医が不足しているという。 何の裏づけもない推測だが、そもそも医者になるための高額な学費を負担できる裕福な家庭の子女が、合理的な判断をするようになっただけではないのか? つまり、親の後を継いで開業医になったり、歯科医など開業医として成立しやすい科で開業するなら医者になるが、大病院の勤務医では激務に見合う報酬が得られないので、他の職業を選択するようになった、というだけのことではないか。 単純化して 続きを読む 急患受入れ拒否で妊婦死亡も国民の自業自得