月別アーカイブ: 2008年10月

素朴な啓蒙主義者の喜劇的生き方

素朴な啓蒙主義者はかなり始末が悪い。自分だけは分かっている。周りは分かっていない。だから周りを教育してやらなければいけない。そう思い込んでいる。
結果、同調圧力の強い日本のサラリーマン社会では反発を招く。すると、正論を言うと受け入れられないと悲劇のヒーローを気どり、ますます素朴な啓蒙主義者としての立場にのめりこむ。
そのくせ、足元にあるやるべき小さな仕事はバカにしてやらない。ますます周囲の反発を招く。そして、そういった状況の全体を理解していない。自分は分かっている。悪いのは分かっていない他人だと思い続ける。
今、僕の身近にはこういう素朴な啓蒙主義者が一人いる。正直言ってはたから見ていると喜劇にしか見えない。
僕は幸い東京大学で、自分よりはるかに優秀な人間にたくさん出会って、「こいつらにはどうあがいてもかなわない」と思い知らされたので、自分だけが分かっていると思い込むほどバカではない。
その代わり、何も分からない、分かりっこないという相対主義に絶望するハメになる。
素朴な啓蒙主義で悲劇のヒーローぶるインテリ北米人的な生き方ができれば、確かに今よりは幸福かもしれない。
しかし、いったん素朴な啓蒙主義の向こう側へ、一線を踏み越えてしまった僕が、素朴な啓蒙主義にもどることは、脳が物理的なダメージでも受けない限り不可能なのだ。
一線を踏み越えたのは、望ましいことだったのか、望ましくないことだったのか。

C-POPは別の売り方があるのでは?

BS日テレの『C-POP World 恋しチャイナ』の放送時間が変わって、個人的には見づらくなってしまった。ただ、最近は徐姉妹(大S・小S)の『大小愛吃』も放送されなくなり、ほとんど飛輪海とF4の話題ばかりたったので、どうでもいい。
しかし、いくら飛輪海やF4を売り出したところで、日本語の堪能なK-POPの東方神起に勝てっこないので、ファン層として重なる女性向けにC-POPの男性アーティストばかり売り出す意味が良く分からない。
他方、かわいい女の子にはとりあえず反応してくれるオタク層は厚いのだから、avexのalanにならって、とにかくルックス重視で女性アーティストを根気良くPUSHしていく方が、はるかに勝算はあると思うのだが。
alanだけでなく、グラビア・アイドル系ではあるが、ローラ・チャンは一定の成功を収めているし、地上波の深夜帯で、ビビアン・スーあたりをレギュラーに、台湾のかわいい系の女性タレントやアーティストを紹介する番組をやれば、そこそこファンは付くような気がするのだが。
いずれにせよC-POPの男性アーティストは、正直言って日本人好みのルックスかどうか、という点では韓流に劣るので、無駄な努力は止めたほうがいい。
...なんて下らない記事なんだろう。

この世界って、何て醜いんだろう

この世界って、何て醜いんだろう。
昨日、押井守監督の『スカイ・クロラ』製作過程を追ったドキュメンタリーが放送されていて、その中で押井守監督が同作品は、初めての試写会を行った横浜国立大学の上映後の講演で、大学生たちに、人生って基本的につらいものだけど、そんなに悪くないんだぜってことを伝えたかった、と話していた。
それはあなたが映画監督として成功したから言えることでしょ。とツッコミを入れたくなった大学生は多かったはずだ。
映画監督のような著名人とは言わないまでも、自分の希望とかけ離れた人生を歩まざるを得ない人間が山ほどいる中で、映画監督にとって人生が「そんなに悪くない」程度のものなら、自分の希望とかけ離れた人生を歩んでいる人にとっての人生は、ただただ醜いものに違いない。
昨年自分が辞めた会社に、自分が辞めた一因を捨て台詞にして退職したはずの人間が舞いもどっている事実を知り、改めてこの世界の醜さを思い知らされた。実に醜い。耐え難い醜さだ。
僕が醜いのではない。世界が醜いのだ。ただ、世界が醜い理由は、世界そのものが醜いからではなく、僕の理想が高すぎて、単に醜く見えているだけかもしれない。
しかし、理想が高いことの、一体何が悪いのか?
自分の信じる理想に背かないためなら、いっそのこと醜い世界を捨てるのも選択肢の一つだ。