月別アーカイブ: 2007年11月

梁静茹『崇拜』の歌詞を試訳


YouTubeに梁静茹liáng jìngrúの『崇拜chóngbài』のミュージックビデオとアルバム用写真撮影のための、北海道ロケのメイキング(花絮huāxù=「こぼれ話」という意味)がアップロードされていた。女性カメラマンの誕生日をケーキでお祝いするシーンなど、和気藹々とした現場の雰囲気がよく伝わってくる。
『崇拜』の歌詞を日本語に意訳してみた。以下、参考にした辞書は特に断らない限り『東方中国語辞典』である。
你的姿态 你的青睐
nǐ de zītài nǐ de qīnglài
あなたの姿 あなたの愛する眼差し
(※青睐は中国の故事から。魏の文人・阮籍が気に入らない人を白目で見、好ましい人を黒目〔=青い目〕で見たことから、好意を示す目つきのこと)
我存在 在你的存在
wǒ cúnzài zài nǐ de cúnzài
あなたがいるから 私はいる
(※真ん中の前置詞の「在」はここでは範囲・条件を示し、「あなたが存在する限りにおいて、私は存在する」という意味)
你以为爱 就是被爱
nǐ yǐwéi ài jiùshì bèi ài
あなたは愛していると思いこみ だから愛された
(※「以为」は辞書にはっきり「(事実でないことを事実と)思いこむ」とある。ここですでに愛が偽りだったことが予示される。「就是」は前文全体を受ける場合、範囲を限定する意味になるようなので、「あなた自身が偽りの愛を愛だと思い込んで私を愛してくれたその限りにおいて愛されていた」という意味になる)
你挥霍了我的崇拜
nǐ huīhuòle wǒ de chóngbài
あなたはもてあそんだ 私の深い愛を
(※「挥霍」は「浪費する」の意味だが、意訳した。「崇拜」はフランス好きの彼女が「J’adore」にあてた中国語なので意訳して構わないだろう)
我活了 我爱了
wǒ huóle wǒ àile
私は生きた 私は愛した
(※「活了」で「生き返る」という意味もあるが、ここは過去の恋愛の期間を振り返って、たとえそれが偽りであっても私は生きていたという意味だと解釈した)
我都不管了
wǒ dōu bùguǎnle
全てはどうでもよかった
(※「不」の前に「都」があるので全否定。あなたを愛すること以外は、全てどうでもよかったという意味)
心爱到疯了 恨到算了 就好了
xīnài dào fēngle hèn dào suànle jiùhǎole
狂うほど心から愛して 恨めないほど恨んで それでいいと思った
(※後半の「算了」についてはあまり日本語訳に自信がない。例えば「算了吧」は「もういいじゃないか」の意味なので、「恨むほど愛して、ついにはその恨みさえなくなった」と解釈した。最後の「好了」もやや自信がないが、例えば「吃好了」は「満足するまで食べ終える」という意味なので、ここでは自分の気が済むまで愛して愛し尽くし、恨んで恨み尽くしだと解釈した)
可能的 可以的
kěnéngde kěyǐde
できることも していいこともあったのに
(※形容詞を名詞化する「的」を並列すると「~もあり、~もある」という意味になるらしい。「可能」と「可以」はどちらも可能の意味にもとれるが、「可以」は許可を得る場合に使うことが多いので敢えて訳し分けてみた。「あったのに」については後述)
真的可惜了
zhēnde kěxīle
本当に残念だった
(※「可能」「可以」「可惜」という言葉遊びが訳しづらいが、「可惜」は「残念」「惜しい」としか訳しようがないので、2行先の「不敢了」を残念がっていると解釈し、「まだできること、やっていいこともあったのに、敢えてしようとしなかったことが残念でたまらない」という意味にとってみた)
幸福好不容易
xìngfú hǎobùróngyì
やっとつかんだ幸せだったのに
(※「好不容易」は『東方中国語辞典』に詳しい解説があり、「容易」の前に「好」または「好不」を用いると否定の意味を表し、「好容易」と「好不容易」は同じ「やっとのことで」という意味になるらしい)
怎么你却不敢了呢
zěnme nǐ què bùgǎnle ne
なぜあなたには勇気がなかったの
(※「却」は逆接の副詞。「呢」は「谁」「怎么」などの疑問文の文末で語気を和らげる助詞。「不敢了」を「敢えてそうしない」とすると固いので、「勇気がない」と意訳した)
我还以为我们能 不同于别人
wǒ hái yǐwéi wǒmen néng bùtóng yú biérén
私はまだ思っていた 他の人とは違う二人になれると
(※「以为」については既述。自分たちだけは違うという愛ゆえの過ちを悔いている)
我还以为不可能的 不会不可能
wǒ hái yǐwéi bùkěnéngde bùhuì bùkěnéng
私はまだ思っていた 不可能なことは不可能なはずがないと
(※ここもやはり「以为」。愛があれば不可能な事などないと思っていた、ということ)
风筝有风 海豚有海
fēngzheng yǒu fēng hǎitún yǒu hǎi
凧には風があり イルカには海があるように
我存在 在我的存在
wǒ cúnzài zài wǒ de cúnzài
私がいるから 私はいる
(※冒頭「在你的存在」だったのが「在我的存在」となっている)
所以明白 所以离开
suǒyǐ míngbai suǒyǐ líkāi
だから分かった だからあなたと別れた
(※辞書に「明白」と「懂」の違いとして「明白は自分が抱いていた疑問が解明されることであり(中略)懂は好ましい知識や道理などを身につけていることである」と書いてある。偽りの愛から醒めたから、「明白」なのだ)
所以不再为爱而爱
suǒyǐ bùzài wèi ài ér ài
だから二度と愛のために愛さない
(※「不再」は「もう~しない」の意味。「而」はここでは逆接ではなく、連用修飾語を動詞につなげる接続詞。辞書の例文をそのまま引用すると、「为伟大的理想而奋斗wèi wěidàde lǐxiǎng ér fèndòu(偉大な理想のために奮闘する)」)
自己存在 在你之外
zìjǐ cúnzài zài nǐ zhīwài
自分がいるのは あなたがいるからじゃない
(※「之」は「的」と違って限られた場合にしか使わない。『中国語文法教室』によれば、「之」は古代中国語の生き残りで、「~の~の」と「~の」が連続する場合か、「之」に続く成分が単独で使用できない場合のみに使われるらしい)

梁静茹『崇拜』DVD・カレンダー付きを購入


YesAsia.comに注文していた梁静茹の最新アルバム『崇拝 J’adore』が届いた。いくつかのバージョンが発売されているが、僕が購入したのは、カレンダー付き、DVD付き、ブックレット付きのもの。YesAsia.comではこちらから購入できる
※YesAsia.comは時間帯によってやや不安定なので、Amazon.co.jpから購入したい方は右の画像リンクからどうぞ。ただしこちらはブックレットのみが付いている平装版。
カレンダーは彼女のライブツアー「爱的大游行」の写真6枚のカードからなるもの。DVDは同じツアーから「原来你也唱过我的歌」の歌唱部分の約9分間を収録したもの。映像信号はNTSC方式なので日本国内の通常のDVDプレーヤーで再生できる。
ブックレットはアルバム5曲目の「101」にちなんで101ページあるが、半分以上は黄色いページの無地のノートになっており、前後が写真集になっている。
前半の写真集はアルバムジャケットと同じクリエイティブで、さまざまなファッションの彼女の写真で、後半は『崇拝』のミュージックビデオを北海道にあるトマム駅近くの「水の教会」で撮影したときのオフショットなどが含まれた写真集になっている。そう、『崇拝』のミュージックビデオに登場する教会、どこかで見たことがあると思ったら日本にある教会なのだ。
おまけDVDの表紙
101ページのブックレットの表紙
CDのカバー
肝心のアルバムはこれからじっくり聴くので、とりあえずは購入のご報告まで。

シーテックのテレビCMがついに「潤滑に」を訂正

コムスンの不祥事以来姿を見せない折口会長のグッドウィルグループが擁するシーテックという会社だが、以前からテレビCMのナレーション「プロジェクトを潤滑に進めます」という日本語が「プロジェクトを円滑に進めます」の間違いではないのかと話題になっていた。
どうやらついに撮り直したらしい。今日たまたまシーテックのテレビCMを目にしたら「プロジェクトに最適なパフォーマンスを」といった内容に変わっていた。さすがに恥ずかしくなったのだろうか。

まだ続けるつもりか?DoCoMo2.0

DoCoMo 2.0のテレビCM、まだ続ける気か?あれだけ豪華タレント陣をそろえておきながら何の成果にもつながっていないのに、NTTドコモの経営陣には広告宣伝についてまともな判断力があるのだろうか。
ただただ、あきれる。

NTTグループもAsteriskベースのお手軽IP電話交換機を発売していた!

他にもAsteriskをベースにしたIP電話交換機があった。NTTデータがハードウェアといっしょに発売している「astima」だ。
NTTデータの製品紹介ページはこちら。
astimaの開発責任者インタビューはこちら。
日経BP社「ITPro」掲載のastimaの評価記事はこちら。
さすがNTTグループの発売だけあって、無線LAN機能つき携帯電話への対応や、コールセンターシステムへの発展性など、機能が非常に充実している。また、NTT製のIP電話機にしか対応していないのかと思いきや、逆にサクサ株式会社のIP NetPhone SXのみに対応と、なかなか渋いメーカーの電話機を狙っている。
Webブラウザによる設定画面が分かりやすそうな点も評価できる。専用のソフトフォン(Skypeのようなもので、パソコンを電話機として使うためのソフトウェア)もデザインがすっきりしていて使いやすそうだ。
IP電話交換機はなかなかFAXには対応しづらいそうだが、このastimaは何とFAXサーバ機能も持っており、G3カラーFAXの送受信までできるのがすごい。
ただし、接続可能なIP電話機の数が250台に限られており、故障時に予備機に自動的に切り替わるなどの機能はないようだ。本体はハードディスクがなく、フラッシュメモリカードに設定情報を保存する仕組みになっているので、そもそも故障が少ないということもあるだろう。
もちろんIP電話機は別途購入する必要があるが、本体価格はハードウェア込みで60万円程度と信じられないくらいお手軽。端末数が250台を超えない中堅・中小企業にとっては、非常に魅力的な製品である。