月別アーカイブ: 2007年6月

自殺増を抗うつ剤のせいにするのは厚労省の保身

今朝2007/06/28の毎日新聞に「抗うつ剤:『パキシル』服用の自殺者増加 副作用の疑い」という見出しで、厚生労働省の調査結果にかんする記事が掲載されたらしい。(僕は毎日新聞をとっていないのでWebサイトでしか確認できないのだが)
この見出しと併載のグラフだけを見ると、まるで抗うつ剤のせいで、うつ病患者の自殺が増えているかのような印象を与える。毎日新聞は明らかに、わざとそうしている。
厚労省の外資系製薬会社に対するネガティブ・キャンペーンの片棒を、毎日新聞があっさりかついでしまっているといったところか。
そしてここには、もう一つ見え隠れする意図がある。うつ病による自殺を抗うつ剤のせいにすることで、うつ病の環境的な原因から世論をそらすことだ。
日本のうつ病の環境的な原因で最大のものは「同調圧力」だろう。つまり、みんないっしょに仲良くすることを強制し、突出した個性を嫌い、目立つ人間をつまはじきにする空気のことだ。
都市圏では地域共同体が崩壊し、となり近所の密な付き合いもなくなり、少子化で兄弟が少なくなったこともあり、そもそも同調圧力を利用して組織を維持することに無理が出てきている。
にもかかわらず、日本の学校組織や会社組織は、いまだに個人間の違いをできるだけ目立たせないようにして組織を維持する方法しかとらないので、個人と組織の間にズレが生じる。
企業の人事評価に成果主義のような個人間の違いを前提とした制度をもちこんでも、企業組織そのものがいまだに同調圧力、たとえば、夜の飲み会をベースにした人間関係の構築や、つきあい残業をふくむ長時間労働の半強制などを利用して維持されているので、不具合が起こるのは当然なのだ。
そうした根本的な環境要因にくらべると、医師による抗うつ剤の投与のやり方がまずいなど、部分的な問題でしかない。
厚生労働省としては外資系製薬会社に責任をなすりつけることで、国内の製薬会社の利益を保護できるだけでなく、自殺者の増加やうつ病対策の遅れに対する批判をそらすこともできるので、一石二鳥といったところだろうか。

コムスンもミートホープも制度設計のまずさが原因

コムスンにせよミートホープにせよ、違法行為におよぶ法人が何パーセントか出てくるのは、個人の犯罪者がなくならないのと同じことで、マスコミの報道も、個別企業をたたいて終わりでは無意味だ。重要なのは、違法行為を発見する機能と、それに対して適切な処罰をあたえる制度や機能が、正常に働いているかどうかである。
その意味で、コムスンの場合は介護保険の制度設計そのものの問題、ミートホープの場合は北海道庁や苫小牧保健所への内部告発が放置されたことの問題の方が大きい。
介護保険の制度設計上の問題については、ビデオニュース・ドットコムで第324回マル激トーク・オン・ディマンド「コムスンを叩くだけでいいのか」をご覧いただきたい。国が定める介護報酬が段階的に下げられ、個々人の介護サービスの内容を決めるケアマネージャが、事業者からの独立を保てないなど、介護保険の制度設計に根本的な欠陥があることがわかる。
また、内部告発の放置については、告発の受付窓口が、告発内容の調査をおこなう権限をもつ組織に調査指示の権限をもたなければ、告発制度は機能しないだろう。
企業に対して法令順守の精神論をくりかえすことが、それほど有効な対策とは思えない。結局は適切な制度設計がなされているかどうか。

弾き語りフォーユー

NHK FMラジオで平日朝5時から「弾き語りフォーユー」という番組が放送されている。小原孝というピアニストが、リスナーからリクエストのあった誰もが知っているPOPSやスタンダードを、甘ったるくピアノでアレンジして演奏するという番組だ。
「弾き語り」と言っても小原孝氏が歌うわけではない。あくまで氏のピアノ向けアレンジが聴きどころの番組である。
早朝、目が覚めたときは、イヤフォンを耳に突っ込んで、いつもこの番組を聴いている。早朝の番組だからか、滑舌が悪すぎるせいか、小原氏の語りはほとんど聞き取れない。ただ、とにかくアレンジが甘ったるいので、二度寝するための子守唄がわりには最適な番組なのだ。
氏は1986年に国立音楽大学を首席で卒業しているらしい。すばらしい音楽家に違いないのだが、前衛的なものが好みの僕には、残念ながらその良さがよくわからない。とにかく寝入るには最適な音楽ということだ。

鄧麗君のコスプレ・ビデオ?

鄧麗君(テレサ・テン)について近所の図書館で『テレサ・テンが見た夢―華人歌星伝説』(平野久美子著・晶文社)を借りて読んだ。この本からわかったこと、そしてネット上で見つけた彼女の台湾、香港時代のほぼ完全なディスコグラフィーについては後日まとめてみたい。
台湾、香港で十代前半から活躍していた彼女が、なぜ主に国語(北京語)で歌ったのか、今までよく分からなかったのだが、上掲書を読んで、彼女の家族が第二次大戦後、大陸から台湾に逃れてきた「外省人」で、大陸の中でも北方の北京語を話す地域の出身であることがわかった。
それはそれとして、YouTubeでなんと彼女のコスプレ・ビデオを見つけてしまった。「コスプレ」などという単語を入れると、いかがわしいトラックバックがついて、いちいち削除するのが面倒なのだが、事実なので仕方ない。
「説一説、笑一笑」というポップな曲のプロモーションビデオで、ウェイトレス、看護婦(お約束の極太注射器を持っている)、婦人警官(カメラにむかってウィンクまでする)、ビリヤード選手、タクシードライバー、プロカメラマンと、次々に衣装を換えて登場するおどけた感じの彼女は、やはり1980年代の日本での、しっとりした演歌歌手というイメージとかけはなれた明るさだ。
ただ、こうした自分自身の活躍を、単なるコマーシャリズムだと冷めた目でふり返る一面が、鄧麗君にあったことも忘れてはいけない。
今日は他にもネット上で、彼女が台湾の宇宙唱片と契約して1967/09、14歳で発売したデビューアルバムの一曲、中国安徽省の民謡「鳳陽花鼓」も入手できた。こうなったら徹底的に鄧麗君の楽曲を渉猟してみたい。
ちなみに同じく宇宙唱片から発売したセカンドアルバムのタイトル「心疼的小宝宝」とは、日本では梓みちよが歌ったヒット曲「こんにちは赤ちゃん」のカバーである。

ウィルスセキュリティZEROは「安かろう悪かろう」

約4年前の2003/09/08、この「愛と苦悩の日記」で、ソースネクストから購入したMcAfeeのウィルス対策ソフトのパターンファイル更新ができない不具合で、同社に問い合わせたが、まともな回答が得られなかったことを書いた。
先日、同じソースネクストからウィルスセキュリティZEROを購入したのだが、これがひどい製品だった。インストール完了後、再起動した直後にWindows XPがいきなりブルースクリーンになった。Windows XPのブルースクリーンを見たのは何年ぶりだろう。
これでパソコンのデータもすべておしまいかと思ったが、電源を強制的に切って再起動したところ無事復旧し、ウィルスセキュリティZEROも稼動し始めた。
ところがこのウィルスセキュリティZERO、初期設定値が異常に厳しく、SSLで暗号化された単なるWebフォームの送信さえできない状態だった。最初はネットワーク障害かと思ったくらいだ。
その原因がようやくウィルスセキュリティZEROだとわかったが、どの部分の設定を変更すればよいのかを探し当てるまでに、また時間がかかった。完全に時間の無駄である。
これ以上ウィルスセキュリティZEROに振り回されるのはもううんざりなので、シマンテックのNorton AntiVirusに戻した。「安かろう、悪かろう」といったところだろう。