月別アーカイブ: 2007年1月

流行を追うことが時代遅れな現代

キャンディーズについての記事が多いのをお読みになって、もしかすると読者の中には、過去への郷愁にひたっている僕の甘さを批判したくなる方がいらっしゃるかもしれない。
しかし、ご注意いただきたいのは、僕はリアルタイムでキャンディーズの全盛期を体験したわけではないということだ。むしろ今、キャンディーズというアイドルグループを再発見している、と言った方が正確だ。
最近、米国アーサーS.デモス財団が無償で配布している「パワー・フォー・リビング」という冊子のテレビCMに登場している(枕詞が長くて申し訳ない)久保田早紀についても同じことが言える。『異邦人』が大ヒットしたとき、僕はまだ10歳にもなっていない。『異邦人』の収録されている『夢がたり』というアルバムを「発見」したのは二十代半ばになってからだ。
僕らの世代は流行を追い求めることを無条件に良しとする傾向が強いが、こういう傾向自体が一つの「流行」に過ぎない。「新人類」以降の世代には、この流行追求の傾向があまりに自明なため、自ら相対化することが難しい。
流行に敏感であることを誇ること自体が、「新人類」世代の遺物であり、時代遅れであるという逆説がここにある。新しさを誇ること自体が古い、という逆説がここにある。
例えば、梅田望夫氏がグーグルという会社の新しさをあちこちで説き回っているのが、非常にダサく見えるのは、新しさを追い求めて米国西海岸なぞに行ってしまうという行為そのものが、いまや時代遅れになっているからだ。
現代は流行を追い求めることが時代遅れになってしまっている時代なのだ。

刑事裁判への被害者参加でますます「えん罪」増加懸念

法務相の諮問機関で、犯罪被害者が刑事裁判に参加し、被告や証人に質問したり、求刑に意見を述べられるようにする「被害者参加精度」を導入する要綱をまとめたようだ。
日本経済新聞の朝刊によれば、ドイツ、フランスには同様の制度があり、米国では求刑に意見を述べる制度だけ存在するという。
しかし刑事裁判の有罪率99.9%で、「疑わしきは罰する」、「十のえん罪を出すとも、一人の犯罪者も逃すなかれ」の日本で、被害者が刑事裁判に参加すれば、ますます「えん罪」が増えるのではないか。
被害者感情を考えるなら、とくに重い犯罪について、終身刑の導入など、刑法の量刑を見直すのが、近代司法制度としては本筋だろう。米国はその前提があって、量刑に意見を述べる部分のみ被害者の参加が許されているので、合理的である。
日本のように、量刑の見直しをする前に、被害者を刑事裁判に参加させてしまったのでは、前近代的な日本の刑事裁判がますます「リンチ(私刑)」色を強めて、さらに前近代的になってしまうではないか。
法務相の諮問会議が、このように優先順位を間違った意見を出してしまうこと自体、日本の司法制度がいかに前近代的かの証拠である。

不二家の不祥事に便乗する食品メーカ

不二家の賞味期限切れ原料使用の不祥事が明らかになった直後、さまざまな食品メーカが続々と同じような品質管理上の問題を発表した。これらの食品メーカにとって、不二家という大事件のかげに隠れて目立たない今は、自らの膿を出してしまう絶好の機会だったわけだ。もし不二家の一件がなければ、これらの食品メーカが問題を発表することはなかっただろう。
民間企業の経営者の倫理観というのは、この程度のものだ。そしてそういう非倫理的な組織に労働力という商品を売らなければ生きていけないのが、サラリーマンという職業である。