月別アーカイブ: 2006年10月

小島信夫氏死去

小説家の小島信夫氏が亡くなったらしい。たしか高橋源一郎氏だったかが、ダラダラ書くだけで小説になってしまう奇跡的な小説家なので、皆さんは決してマネしようと思わないように、と書いていた記憶がある。
最近読んだ中では、保坂和志氏との往復書簡集『小説修業』が面白かったように記憶している。例によって、読んだ本の内容は、読む端から忘れるので、漠然とした印象しか残らないのだが、小島信夫氏の不思議な自虐的ユーモアをただよわせる「まったり」系の文章は好きな文章だ。
文庫でも読める作品があるので、未読の方はぜひどうぞ。

YouTubeで『DAICON IV』発見

米国では既に視聴者が減りつつある動画アップロードサイト「YouTube」で、庵野秀明作画の『DAICON IV』がアップされているのを見つけた。庵野秀明公式サイトでは音なしで一部分しか公開されていないので、完全版を観たのは初めてなのだが、恥ずかしながら『DAICON IV』のBGMがELOの「Twilight」で、フジテレビ『電車男』のオープニングテーマ自体が『DAICON IV』の引用だったというのを初めて知った。
「板野サーカス」の引用はもちろんだが、ヒロインのバニーガール姿の少女が、サーフボードのように剣の上に乗って空を飛び回り、宙返りを見せているのが、そのまま『交響詩篇エウレカセブン』で引用されているというのも初めて気付いた。
東大生SNSで現役経済学部生の方から、『エウレカセブン』についての周囲の意見として、引用がみえみえでつまらないというメールを頂いたのだが、この『DAICON IV』の引用もそうなのだろう。やはりアニメーションは1970年代から継続してフォローしないと、パロディーの無限連鎖についていけないものなのだと、よくわかった。

姜尚中と宮台真司のスタンスの違い

姜尚中(カン・サンジュン)と宮台真司の対談集『挑発する知』(双風舎)を読み終えた。先日ご紹介した『網状言論S改』だけを読むと、東浩紀の宮台真司に対する「実存的なツッコミ」ばかりが目立って、肝心の宮台真司のスタンスの変化が、単なる右翼への転向に読めてしまう。
もし本当にそうだとすると、そもそも在日コリアンという出自をもつ思想家である姜尚中のような人との対談など成立しないわけで、この『挑発する知』を読めば、宮台氏の右翼的発言に関する誤解がすっきり解消される。
要するに宮台氏は、国家と国民をはっきりと分けて考え、国家は国民のために奉仕すべきものであり、そうなっていない場合は、国民が国家を操縦しなければならないと主張しているのだ。
ただ、国民が国家をコントロールできるようになるには、今の日本国民(もちろん宮台氏は「日本国民」の範囲についても議論の余地があると留保をつけている)のレベルは低すぎると、国民に対しても厳しい視線を向けている。
そのために学術的・専門的な議論を、一般の国民にかみくだいて説明する役割を担う人々を大学が育成しなければと主張している。宮台氏は今のところめぼしい人がいないので、自分が研究者であると同時にその役割も果たさざるを得ないと告白している。姜尚中もこの議論には賛同している。
実は個人的に、最近、姜尚中が日本テレビのコメンテーターとして登場していることが気になっていて、どちらかといえば左翼系のハードな理論家である姜尚中が、読売新聞系の制約を息苦しく思わないのだろうかと無用な心配をしていた。
しかしこの『挑発する知』を読むと、宮台氏との対談を通じて、姜氏自身も一定のリスクをおかしてでもマスコミを利用してより多くの人たちに語りかける「実践」にコミットする決意をしていることがよくわかる。
一般の国民にあえて「わかりやすく」語りかけることの危険性も有効性も分かった上で、その一歩を踏み出そうとする姜氏のコミットメントが理解できただけでも、この『挑発する知』を読む価値はあった。
また、両氏の方法論についての違いも、本書のまえがきとあとがきでわかりやすく両氏自身の言葉で説明されている。宮台氏は社会状況に応じて技術・道具としての理論を自由に取り替えることの優位性を説き、姜氏は時代を通じて変わらない真理の実在と、時代によって変わる分析枠組みの可変性を両立させることの重要性を説く。
つまり、宮台氏はあくまでルーマンの方法論に忠実であり、それに対して姜氏はハバーマスの対話する理性が受け継いでいる西欧啓蒙主義の伝統と、ルーマンやデリダのような方法論的戦略性を両立させようという、より困難な道を選んでいる。
いずれにせよ、同じ時代に共闘する二つの知性の共鳴・共振が心地よい対談集だ。