月別アーカイブ: 2005年12月

最初で最後の恋

■今日、モスバーガーでお昼を食べていたらかなり面白いことがあった。となりの席に向かいあってすわる、大人しめのファッションの15歳高校一年生の女子ふたり。ひとりが、たまたま同じ体育係になった先輩の男子によせる思いを語る。「ほんと。なんていうか。気づいたら好きになってたっていうか。こういう感じって、今までなかった感じで。何て言ったらいいのかわかんないんだけど。これって何なんだろうね」。するともうひとりが、その告白を聞いて興奮をおさえられない様子で言う。「それって運命だよね。だって体育係にならなかったら、出会ってなかったわけだし」「すごい。ほんとだよね。もし中学のときに出会ってても、たぶんこんな気持ちにならなかったと思うし」。
ひとりの告白を、もうひとりが盛り上げるうちに、ふたりの妄想はエスカレートしていく。「ねぇ、何歳ぐらいに結婚すると思う?っていうか、何歳に結婚したい?」「わかんないけど、30歳までには結婚したいよね」「あのさあのさ、もしその人に『高校卒業したら結婚してくれ』って言われたらどうする?」「『うん』」「うわぁ~」「もうこんな気持ちになることって、ないかもしれない」「それって初恋って言うのかな」「たしかに今までも気になる人はたくさんいたけど、こんな気持ちは初めてだし」「初恋だよね」「うん。最初で最後の恋かも」
他人の会話をとなりの席で高橋源一郎『ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ』(集英社)を読みながら盗み聞きし、書きとめるというのは、あまり上品なことと言えないかもしれないが。

とりとめもなく書きとめる

■男はかつて、頭にふと浮かんだことをよく文字として書きとめたものだった。しかし近ごろでは、そうしたとりとめのない考えは文字どおりとりとめもなく流れ去り、気づいたときには、たしか何かを考えていたはずだという、痕跡のようなものしか残っておらず、書きとめようにも書とめることができないのだった。

Apache+Opensslバイナリサイト復活

■今日、何となくネットサーフィンをしていたら、SSL付きのApache2.0.XがダウンロードできるWebサイトが復活していた。ぜひ今後も継続してSSL付きのApacheバイナリを提供して欲しいものだが。
ちなみになぜここまでSSL機能付きのApacheにこだわるのかというと(ここから先は分かっている方には分かりきったことなので読み飛ばして下さい)、Unix系のOSでApacheを使っている人は、Apacheもmod_sslも自分でコンパイルするのがどうやら常識らしいので、ソースコードさえダウンロードできれば何の心配もない。ところがWindows上でApacheを使っている人は、僕も含めてソースコードを自力でコンパイルするスキルのない人が少なくないので、コンパイル済みのバイナリファイルをどこかから入手する必要がある。そういう理由なのだ。