月別アーカイブ: 2005年4月

「集団圧力」と「同調行動」

■「うちの会社の常識は、世間の非常識」と自嘲的に語るサラリーマンは多い。今朝の日経新聞三面の「働くということ2005」というコラムは、「集団心理の落とし穴」と題して、次々と発覚する企業不祥事の背景に、米国の心理学者ソロモン・アッシュが実証した「集団圧力」と「同調行動」を見ている。
このコラムによれば同教授は「一人でも違う意見を述べれば同調の圧力は一気に弱まる」と言っているらしく、だからこそ「新鮮な視点を持つ外部からの人材導入はその有力な手段となりうる」とこのコラムは書いている。2004年は全産業で中途採用を実施した企業が50%を超え、10年前に比べて「16~18ポイント高まって」いるらしい。しかし、である。その「新鮮な視点」を活かすも殺すも受け入れ側の組織しだい。歴史の長い組織ほど「新鮮な視点」を、何の悪意もなく無意識のうちに圧殺する性格を抜きがたく有している。

ベテラン社員の文書化・標準化軽視

■科学的プロジェクト管理が日本企業の情報システム開発になかなか根付かないのは、ベテラン社員が標準的なプロジェクト管理業務に慣れすぎてしまい、そこからはみ出した事態に対処することにしか仕事としてのやりがいがを見出せなくなっているからではないか。
日本企業の中間管理職は仕事を複雑化し、自分にしかできない仕事に変えていくことで自己保身している。そのためプロジェクト管理においても、日程遅れや要件定義の甘さなどといった問題が、まるでこれから必ず起こるかのように想定し、当たり前の管理手順をちゃんと踏むことを後回しにして、起こるかもしれない問題に対処することを優先してしまう誤りを犯している。
ベテラン社員たちは標準的な手順をきちっと踏むことをバカにし、必ずしも起こるとは限らない問題に先回りして対処することこそが、まるで中間管理職としての存在意義であり、経験の活かしどころだと勘違いしているのだ。社内の規程類を整備する当事者である中間管理職の彼らが、規程類を軽視することに自らの存在意義を見出しているような状況では、科学的プロジェクト管理手法のような体系的な方法論が根付かないのはむしろ当然である。
ベテラン社員は若手社員のマニュアル至上主義を批判する前に、まずマニュアルこそ最低限の業務品質と業務効率を保つ唯一の手段であることを思い出すべきだ。業務を文書化・標準化すること自体が悪なのではない。業務を文書化・標準化することで初めて、業務のうち文書化・標準化できない部分が明らかになる。逆に言えば、業務のうち標準的な部分が、文書化されてきっちり伝承されないような職場で、それよりもさらに高度な業務、つまり、文書化・標準化することが難しい業務がきっちり伝承されるわけがない。
ベテラン社員は即興演奏的な仕事のスタイルこそが、ベテランたるゆえんであるという勘違いをしているために、若手社員への正確な業務ノウハウの伝承に失敗している。

楽器店のバッハ少年

■先週の週末、暇つぶしに近所の楽器店に入ると、バッハのオルガン曲の旋律が聞こえてきたので、その上手さに思わず音のする方を振り返った。電子ピアノの音色をパイプオルガンに変えて、その短調の旋律を弾いていたのは10歳くらいの少年だった。バッハのオルガン曲といっても誰もが知っている『トッカータとフーガ ニ短調 BWV565』の例の冒頭のフレーズだけではなく、僕が持っている『トッカータとフーガ ジルバーマンの傑作オルガンによるバッハ・コンサート』というCD-ROMに収録されている、それほど有名ではない曲のフレーズも弾いていた。たしかに内向的な感じはあるが、まだ幼い顔立ちと、バッハの重厚な短調の旋律があまりに対照的で驚いた。
しかし今日、それがそのときだけの出来事ではなかったことを知った。
暇つぶしに同じ楽器店に立ち寄ると、同じ少年が今度は携帯型の安いキーボードでバッハの旋律に没頭していたのだ。色あせた暗い灰色の綿パンに、くすんだ紫色のポロシャツを無造作に突っ込んでいる。店にいる人たちに聞かせるというよりも、自分の指先が生み出す音に必死で耳を傾けている様子で、少し近寄りがたい雰囲気さえただよわせていた。店での演奏にのめりこんでいることからして、自宅には楽器がないのだろう。数万円のキーボードさえ買う余裕のない家庭の少年が、どうやってバッハのさほど有名でない旋律を知り、弾けるようになったのか。小学校の音楽の授業で聞き知って、音楽室のピアノで練習したのだろうか。僕自身、もし鍵盤楽器が弾けたらバッハの幾何学的に美しい旋律を弾くことに没頭するに違いない。自分の音の世界に閉じこもっている少年の横顔に、少しシンパシーを感じた。