月別アーカイブ: 2003年6月

『日経コンピュータ』に富士通特集記事

■Until today I received 323 e-mails from my dear readers which request for access to member’s only area. I can’t express my appreciation too much.
■『日経コンピュータ』の最新号に大手コンピュータメーカF社はどうすれば復活できるか、という記事があった。毀誉褒貶の激しい企業について、誰の言うことを信用すればいいのかというのは難しい判断だ。僕のように会社員の社会ではまだ底辺からの方が近い位置にいる人間は、一般社員や現場担当者の見解しか正当に評価できない。逆にF社経営陣や、その顧客企業の経営陣は互いの見解しか正当に評価できないだろう。
この記事の中で最近まで社長だったF社会長は、はからずも基本的な物の考え方を披瀝してしまっている。つまり、うちの会社は顧客企業の経営陣に理解してもらえればそれでいい、現場の担当者レベルの意見は聞くに値しない、という考え方である。これは以前、同じ人物が、うちの社員はあまり働かないとこぼしていた事実と一致する。
さらに同誌の記者がF社への提言として書いている3点のうち1点、もっと社員の満足度を真剣に考えるべきではないか、という点とも一致する。F社は社員のモチベーションの平均値を引き上げることに失敗している。たしかに一部には高い動機付けを維持している社員がいるかもしれないが、製品やサービスの品質を左右する現場のシステム技術者も含めた組織全体としての動機付けの水準は高いと言えるだろうか。にもかかわらず経営陣はその失敗を認めず、経営をしつづけているということだ。
上ばかり見る管理職がそろっていた日本的企業が、いきなりトップダウン型の経営に転換したときに、おちいりやすい誤りだ。上ばかり見る管理職の群れと、現場社員を軽視する偽のトップダウン経営は、実は相性がいい。トップダウンとは現場社員を軽視することではない。おそらくF社の経営陣はそれを分からないまま苦しんでいる。

三浦俊彦『論理パラドックス』

■今日、三浦俊彦『論理パラドックス』を読み終えたが、残念ながら後半ほどつまらなくなる。ほとんど詭弁としか読めない一人芝居の議論が延々と続くので辟易した。前言撤回で、みなさんはこの本を読む必要はない。あるいは、最初の30ページくらいだけ立ち読みするのもいいかもしれない。
やはり形式論理学の本は定義上、純粋に形式的な本であって、時間をかけて考える必要のある事柄は何も含まれていない。論理学は一度誰かが妥当な結論を導き出せば、その問題について別の人が考える必要はない。他方、形而上学は考える人によって思考の形式が異なるが、結局は同じことを論じているように見える。

岩波文庫今年の夏の重版

■岩波文庫の今年の夏の重版は、なぜが外国人の日本滞在日記ものがやたらと多い。イラク戦争、北朝鮮と外交問題が頻繁に取り沙汰されているので、この際、100年前の外国人が日本をどう見ていたか振り返ってみようという趣旨だろうか。また、春の重版に引き続き、尾崎紅葉の小説がまた1冊出る。『伽羅枕』で、紅葉初の長編小説とのことだが、明治二十年代前半の作で文語文なので今はちょっと読む気がしない。連休など仕事が完全に頭を抜ける時期に読むことにしよう。