月別アーカイブ: 2002年1月

NGO参加拒否問題で日経の驚くべき不見識

■今朝の日本経済新聞『春秋』を読んで愕然とした。今回のNGO参加拒否問題で「大損したのは鈴木氏」「同情を集める真紀子氏の損は小さい」と書いてある。この『春秋』の記者、今回いちばん損をしたのがNGOであることにまったく触れていないのだ。これで日経の記者がつとまるなら日経はきっと御用新聞なのだろう。信じがたい不見識である。
ピースウィンズ・ジャパンの大西氏が鈴木氏とのやりとりのメモを2002/01/30に発表した。メモの真偽はどうでもいいが、メモについて鈴木氏は読売新聞に対し「自分が言ったのは『君たちは国民の税金を使うので、国民に感謝しなくてはだめだ』という趣旨だ」と述べたという。
この鈴木氏の発言がいかに的を外しているか。命の危険を冒して難民救援活動をおこなうNGOに感謝しているのは、むしろ国民の方なのだ。NGOが国民に感謝するのではなく、国民がNGOに感謝しているのだ。いったい国民の誰が「税金を使わせてやっているのだから、NGOもちょっとは感謝しろ!」などと不遜なことを思うだろうか。
そんな不遜なことを思うのは鈴木氏のような政治家だけだろう。彼はまるで自分が国民の意見を代表しているかのような口ぶりだが、国民の支援を受けているのはNGOの方ではないか。鈴木氏を擁護する『春秋』の記者も同罪、今回の問題で国民の善意をもっとも反映しているのがNGOであり、その次が田中外相であるということをこの記者はまったく理解していない。
たしかに田中外相の人気はポピュリズムの部分もあるだろう。だがワイドショーが鈴木氏を悪役にしたのは厳然たる過半数の「民意」だ。いったい日経はいつから御用新聞になったのだろうか。外務省が鈴木氏の影響力に左右されているように、日本経済新聞も隠然たる権力の奴隷になってしまっているのかもしれない。

田中外相、野上事務次官

■田中外相、野上事務次官、鈴木委員長の三方一両損で小泉首相の采配に快哉している場合ではない。もう一人の当事者であるNGO「ピースウィンズ・ジャパン」(大西健丞・統括責任者)が完全に忘れられている。NGOが排除された真の原因はついに藪の中。小泉首相は非政府団体の原因究明要求を無視して、政府のメンツを救ったわけだ。国会運営正常化のためと言うが、国会は誰のためにあるのか。非政府である国民の声が無視されたまま、政府・国会の内部事情ですべての事が丸くおさめられる。小泉首相といえども政府や国会がたんなる国民の代表者でしかないことを忘れている。それでも小泉首相を支持する必要があるだろうか?
■会社の現状にいろいろと不満はあるけれど、理想論を言えばきりがない。人的資源、金銭的資源などすべての資源においてそれぞれの企業は制約条件を負っているなかで最善の努力をしようとしているだけなのだ。

組織の成長にしたがって業務は複雑化し

■組織の成長にしたがって業務は複雑化し、従業員に要求される業務の水準も高まる。組織としてそれに追随するには教育制度の充実が必須だ。いくら金や資産があっても企業はそれを構成する「人」以上にはなれない。それを忘れて事業の拡大ばかりに目を向けていると、組織は足元から崩れる。現に僕の身近なところから、組織の成長に人が追いつかず、人が組織の成長の足をひっぱっている様子が見える。

頼まれた仕事を後先考えずに何でも引き受けることは無責任以外の何物でもない

■頼まれた仕事を後先考えずに何でも引き受けることは無責任以外の何物でもない。仕事を安請け合いする会社員は一見上司にとって都合の良い部下のようだが、その実、部下に適切な仕事の配分ができない無能な上司と無責任な部下のお似合いのペアというだけのこと。部下も部下だが上司も上司で、職場での責任の重さから言えば上司に改善の責任があることは言うまでもない。しかしそういう二人がお互いの非を責め合っている場面に出くわしたらあなたはどうするだろうか。もう笑うしかないだろう。もちろん彼らは愛すべき二人である。僕も含めて世の中に完璧な人間など一人として存在しないのだから。
■近所のTOWER RECORDSで購入したアストラッド・ジルベルトの『The Silver Collection: The Astrud Gilberto Album』は大当たりだった。ジャケット写真は彼女の『おいしい水』というアルバムと同じだが、この海外版のコンピレーションは何と25曲入りで1690円でありながら、彼女の主要作品をひととおり聴けてしまうというボサノバ入門者必聴のアルバム。ボサノヴァ女性ボーカルといえば日本では小野リサのような「ささやき系」でビブラートやファルセットのないボーカルをイメージする人が多いと思うが、アストラッド・ジルベルトがその原形になっているのかもしれない。というのは彼女にボサノヴァのボーカルを教えたと言われているナラ・レオンの『美しきボサノヴァのミューズ』が大ハズレだったのだ。1曲目からボサノヴァじゃなくて60年安保時代の日本のフォークソングみたいじゃないか。僕がボサノヴァに期待しているのは南国の涼しい木陰で遠くに聴く波音であって、街中の地下の薄暗い酒場にくゆるタバコの煙ではない。ビブラートの効いた渋い声でボサノヴァを歌われた日にゃぁ、って感じ。舌足らずな声のささやき系がお好みの方には初期のアストラッド・ジルベルトがおすすめ。

某食品会社で輸入牛肉を国産牛肉と偽って業界団体に買い取らせた事件

■某食品会社で輸入牛肉を国産牛肉と偽って業界団体に買い取らせた事件、発覚したのはおそらく社内関係者からのリーク、偽装工作の動機はおそらく輸入牛肉在庫増への対応を迫られ、窮地に追い詰められた47歳のセンター長の会社への意趣返しだろう。そもそも牛肉の在庫が積みあがったのは政府の狂牛病対策が後手に回った責任である。しかしその責任を問われるのは食品業者のしかも現場の責任者。輸入牛肉の在庫増は数字で社内にガラス張りになっていたはずで、センター長は経営陣からもその責任を直接・間接に追求されていたに違いない。経営陣は輸入牛肉の在庫増に対して全社的な対策を講じることなく、センター長に全責任を負わせ、必要であれば人事的な処分をするつもりだったはず。人間、いくら困った状況におかれたとしても、センター長とて偽装工作などすれば社会的な大問題となり、同社グループの再建が事実上不可能になることは予想できたはず。それでもなお偽装工作というあきらかな違法行為に出たのは、現場の長である自分が狂牛病騒動の全責任を負わされる理不尽さに対する意識的な「反乱」だったにちがいない。同社経営陣が昨年11月の社内調査で偽装工作を徹底的に調査しなかったのも、そこで偽装工作が明らかになれば自分たち経営陣の責任が重くなるためだろう。あえて不十分な調査にとどめることで問題の表面化を回避し、さらに追い詰められた現場責任者がより直接的な違法行為に出るように誘導、自分たち経営陣を対外的に「被害者」の立場に演出する意図があったのではないか。センター長はいずれにせよ路頭に迷うが、経営陣は事件後もそこそこの生活を送れる。そうはさせまいと偽装工作に関係した一社員がリークし、問題が発覚した。そう考えるとすべてが納得できる。全員が保身を目的に合理的に行動すれば、そのしわよせは少しずつ下へ下へと降りていく。いかにも日本的な組織ではないか。