月別アーカイブ: 2001年6月

NTTのISDNダイヤルアップルータを使いはじめてまだ数か月しかたたないのに

■NTTのISDNダイヤルアップルータを使いはじめてまだ数か月しかたたないのに、もう用済み。今度はNETGEAR社のCATV/xDSLルータで家庭内LAN。ルータといってもセットアップに5分とかからない。高速回線が普及するスピードが中途半端で、無駄な買い物をさせられる。amazon.comでCDの視聴が快適になったのがとてもうれしいのだが、今度のルータはいつまで使えるのだろうか。

生保予定利率引下げで日経のデタラメな主張

■昨夜のテレビ朝日『ニュースステーション』での議論と比較してみると、日経新聞の生保予定利率引下げに関する主張がいかにデタラメかが分かる。
日経の主張は「生保がもっと予定利率を引き下げやすくすることが契約者の利益につながる」というものだが、これは大ウソだ。予定利率を引き下げやすくすれば、生保が横並びで利率を引き下げ、契約者がみんな損するのは目に見えている。
今朝の日経の社説は「生保会社が予定利率引下げの手続きを開始すること自体が解約を招き経営不安の引き金になりかねない。それは結局、契約者にも不利益をもたらす」と書いているが、このくだりはデタラメである。利率引下げの手続きを開始して解約を招き、経営不安の引き金を引いてしまった生保は、経営破たんすればよいのである。
そうすれば解約した契約者はより優れた生保会社に乗り換えられるし、経営者は「破たん」というかたちで責任を問われることになる。さらに破たんした生保は生き残った生保や外資の傘下で再生する可能性もある。そうして経営者の責任が明確になった上で生保会社の淘汰がすすんでいくことが、契約者の利益になるのであって、利率引下げをかんたんにすることは、逆に経営者の責任をあいまいにしたままで本来破たんすべき生保会社を生き残らせ、すべての不利益を契約者に押しつける結果になる。
どうして日経はこんなとんでもない主張を社説に堂々と掲載できるのだろうか?もしかすると生保という業態そのものをブッつぶしたいのかもしれないが...。

農産物や繊維製品に関するセーフガードの発動を純粋に経済的な問題ととらえれば

■農産物や繊維製品に関するセーフガードの発動を純粋に経済的な問題ととらえれば、国内産業の保護という観点から合理的な擁護論を組み立てられるのかもしれないが、実際にはきわめて政治的な問題なのだ。経済学という学問領域の中で合理的に説明できるからといって、それを実行に移したときの政治学上の問題を忘れてはいけない。情報システムの構築や企業の業務改革もこれによく似ている。現行の業務手続きを変更した方が良いことは誰の目にも明らかなのに、実行にうつす段階になって常に問題になるのは政治的な力関係なのだ。やろうとしていることが正しいことであれ、間違ったことであれ、何かをやるということ自体に反対する人々や国家というものは必ず存在する。いずれにせよ中国産農産物に関するセーフガードは、政治学的に即刻解除すべきだということは議論の余地がない。
■NTTのフレッツADSLにして4日目だが、早くもサービス水準の限界が見えてきた。確かにINS64と比較するとめちゃくちゃ高速であることには違いない。下りで実効900kbpsほど、15倍近い通信速度になっているのだから当然だが、FTPやHTTPなどのプロトコルでコネクションが確立するまでの時間が数十秒かかることがある。一つの回線に収容されている利用者の速度が全体的に低下するのではなく、コネクションが張りにくくなるというのがADSLの特性なのだろうか?