中学時代のギター演奏録音

■ついにMDラジカセを購入。今ごろMDラジカセを買って喜んでいるなんて我ながら慎ましい生活だ。そこでカセットで持っているLED ZEPPELINなどの音楽資産をこの際すべてMDに落とすことを計画。カセットの山をあさっていたら高校二年生のとき文化祭で演奏したドヴォルザーク交響曲第9番『新世界より』第4楽章の生録テープが出てきた。オーケストラ譜から自分でクラシックギター用に編曲して演奏したのだ。まずはこのテープからMDに落とすことにした。 で、自分の危なっかしい演奏を懐かしく聴きながら、アンコールに演奏した坂本龍一作曲『ラスト・エンペラー』のテーマ(これも自分で編曲した)を聴き終わったとき、信じら 続きを読む 中学時代のギター演奏録音

昼休みにサントリーホールの無料コンサート

■昨日の昼休みサントリーホールのパイプオルガン無料コンサートに行った。サントリーホールも本格的なパイプオルガンの生演奏を聴くのも初めて。演目はリスト作曲のコラール『アド・ノス、アド・サルタレム・ウンダム』による幻想曲とフーガ。個人的にはメロディーが高音部と低音部を往来するフーガの多声的な展開を堪能した。パイプオルガンはオーケストラのように多様な音の表情を見せる。もちろんシンフォニックな和声の響きも圧巻。昼休みの30分間、日常の世界から完全にトリップできた。今度はお金を払って交響曲でも聴きに行きたい。

クルーグマン教授のニューエコノミー批判

■日本の各種メディアではIT革命によって日本は不況から脱出できるというニューエコノミー論者がいまだに人気だ。しかしMITのクルーグマン教授はそんな楽観論をバッサリと切って捨てている。インターネットでマイクロソフト分割関連の記事を読んでいて『New York Times』紙に連載されている教授のコラムが無料のユーザ登録で読めることを知った。 2000/05/14に掲載された同紙のコラムで、題名も「Nihon Keizai Shambles」と日本経済新聞をもじった気の利いたものになっている。日本は大規模な財政出動によってどうにか全面的な不況からは逃れたが、こんなことを永久に続けられるわけはない。 続きを読む クルーグマン教授のニューエコノミー批判

東京タワーの近くを歩きながらウォークマンを聴いているとビーンという雑音が入る

■東京タワーの近くを歩きながらウォークマンを聴いているとビーンという雑音が入る。おそらくタワーから出ている高出力の電波が原因だ。比較的低いPHSアンテナの近くを自動車が通過すると、カーステレオのCDプレーヤーが停止してしまうというトラブルがあると聞いたことがある。ウォークマンに雑音が入るくらいは問題ないが、僕の健康に影響はないのだろうか? ■個人的に2社の生命保険と契約している。転職に伴う変更手続で、三菱系の方は担当者が会社の総務部門と直接調整してくれるのでこちらはほとんど何もしなくて良かったのだが、住友系の方はこちらで総務に照会したり、移行期間の保険料を指定口座に振込んだりしなければならない 続きを読む 東京タワーの近くを歩きながらウォークマンを聴いているとビーンという雑音が入る

千葉すずは生意気な発言をしたために五輪A標準記録を突破したにもかかわらず日本代表…

■千葉すずは生意気な発言をしたために五輪A標準記録を突破したにもかかわらず日本代表に選ばれなかったというわけではないようだ。他にもA標準記録を出したのに選考から漏れている選手がいる。問題は日本水連の選考基準が公表されていないことらしい。「密室での議論」。紋切り型だが、いくら言い古しても日本からなくならないということか。 ■カサヴェテス『LOVE STREAM』(1984年アメリカ・141分)を観た。最高傑作を観ていなかったというのも変な話だがベルリン国際映画祭グランプリ作品。出演・脚本・監督の三役。役者としてのカサヴェテスを観たのも初めて。共演は彼のパートナー、ジーナ・ローランズ。すべての問題 続きを読む 千葉すずは生意気な発言をしたために五輪A標準記録を突破したにもかかわらず日本代表…