月別アーカイブ: 1999年2月

太陽とシスコムーンの最終選考で漏れた・山口香緒里

■この日記に何度も書いてるが、今読んでいるBrealey & MyersのPrinciples of Corporate Financeは面白い。sunk costというのは経済学のごく基本的な概念だが、それさえ分かっていない管理職はきっとみなさんの周りにもゴロゴロいる。会議の席で「このプロジェクトにはもう1000万円近く投資してるんだから、今更やめるわけにはいかない」などと言う管理職がいたら、その人は企業財務の「き」の字も分かってない。
■今日の日本経済新聞に「ケラチナミンコーワ」というハンドクリームの広告があった。うつむき加減ですべすべ手肌の感触を確かめているモデルの女性は、まぎれもなく『ASAYAN』のつんく新ユニット「太陽とシスコムーン」最終選考で漏れてしまった女優・山口香緒里。どうせなら山口香緒里がスタジオで激しくダンスして、「お疲れ様でした」とか言って洗面所で顔を洗ってから、おもむろにバッグから「ケラチナミンコーワ」を取り出して「すべすべぇ~」とか言うCMを作ったら大ウケなのになぁ。
■会社で4本も傘を盗まれるので、3000円以上の傘を買うのがバカらしくなってきた。同じように、盗まれるのを前提で買わなきゃいけないものに、自転車がある。駅前の自転車置き場なんかに置くつもりなら、盗まれるのを前提にできるだけ安い自転車を買うべきだ。でもナショナルが盗難防止のためにサドルを倒せる自転車を売り出してる。もちろん普通の自転車より高い。高いので盗まれる確率も高い。これは一種のジレンマだ。そういや『自転車泥棒』って映画があったな。

このWebサイト向きでない人の共通点

■どうやら僕のHP向きでない人には共通点があるようだ。「人間は感じたままに生きるのが正しい」と思っている人。そもそもこのHPの主旨と正反対なので、メールをよこさないで欲しい。サッカーファンのHPに「ガーデニングのことが書いてないじゃないか!」と文句を言う人はいないだろう。それと同じで、僕に向かって「感じたままに生きろ!」と言われても一体どう答えていいのやら...。こちらはまともに議論しようとしてるのに、洋服や髪型に文句をつけられているような感じで全然話がかみあわないのだ。反論は大歓迎。ただしちゃんと議論する気がないなら最初からメールを送って来ないようにね。

お見舞いメールありがとうございました

■ある方から風邪についてお見舞メール頂きました。ありがとうございます。5連休するわけにもいかないので今日は出社したけど、おかげで強烈な頭痛になってしまった。丸一日プログラミングをしてると、ただでさえ知恵熱が出るのに、その上風邪の熱で頭が痛いっ!

インフルエンザでセフェム系抗生物質

■昨日「危ない」と言っておきながら、今日は抗生物質を飲んでいる。朝からインフルエンザで会社を休んで医者に行ってきたのだ。本当は自然に治した方が絶対いいのだが、そこがサラリーマンの悲しいところ、2日も3日も休むわけにはいかないので仕方ない。
処方されたのはセフェム系抗生物質というもので、三重県薬剤師協会のホームページによれば「抗生物質は血液中に一定の濃度が保たれていないと、効かないばかりか耐性菌(薬に抵抗を示す菌)をつくる恐れが」あるとのこと。症状が軽くなっても勝手に服薬を止めず、主治医の指示に従う必要がある。「絶対に、2回分を一度にのんではいけません」とある。ただの風邪薬だからって、みんなも安易なのみ方をしないようにね。これ書いたら寝ます。

所沢のほうれん草騒動、JA所沢の情報隠蔽

■所沢のほうれん草、騒ぎになる前にJA所沢が近辺の野菜のダイオキシン濃度を調査していたにもかかわらずそれを公表していなかったらしい。これじゃ「疑って下さい」と言ってるようなもんだ。テレ朝だけを悪者扱いして騒ぎを収めようとするのは完全に間違ってる。