カテゴリー別アーカイブ: 音楽

Studio One Freeの便利なショートカットまとめ(Windows)

自分のためのメモとして。

再生・中断:「スペース」
再生中のゼロに戻す:「,(カンマ)」
自動スクロール:「F」
(再生中にカーソルに追随して画面を横スクロールさせる/させないのスイッチ)
小節単位の前後移動:「Shift」+「-」/「+」
コピー・ペースト:Windowsと同じ
元に戻す:Windowsと同じ
横方向縮小・拡大:「W」/「E」
縦方向縮小・拡大:「Shift」+「W」/「E」
次の1小節にコピー:「D」
ミックスダウン:「Ctrl」+「E」
ピアノロールの表示/非表示:「F2」

ファンキー末吉さんに見えていないかもしれない日中交流

たまたまファンキー末吉さんのブログにあるこちらの記事「中国人による中国人のための中国人のコンサートin東京」を目にした。ツイッターのタイムラインで流れて来たためだ。

中国の伝統芸能である相声の德雲社が来日公演を行ったことは、ウェイボー(新浪微博)の段文凝さんのツイートで知っていた。

ファンキー末吉さんのこの記事は、20年前のアジアブームのとき、中国語圏で人気のアーティストは、どんどん海外進出しているのに、いまだに日本では、レコード会社の「演歌班」あつかいであることを嘆いていらっしゃる。この点は激しく同意。

ただ、今回の德雲社がキャパ5,000人の会場をほぼ中国人だけで満員にしたことが、日中交流の上でとてつもなく大きな一歩だと書いていらっしゃるが、この点は同意できない。

F4やジェイ・チョウ(周傑倫)などポップス系アーティストや、EXOなどの中国人メンバーがいる男性アイドルグループ、中国大陸の地下女性アイドルの動向が、すっぽり抜け落ちているからだ。

中国地下アイドルはやや極端な事例としても、台湾の男性アイドルグループ「F4」と、C-POP界で圧倒的な影響力をもつジェイ・チョウ(周傑倫)が、2008年来日してコンサートを開催している点に言及がないのは、かなり違和感がある。

また、中国、韓国、日本でいま大人気の韓国男性アイドルグループEXO(エクソ)には、ルハン(鹿晗:北京出身)、レイ(張藝興:湖南省出身)という2人の中国人メンバーがいる。

日本公演にも参加したことがあり、EXOの日本公演の会場は、東京ドームなどのクラスだ。

そして、極端な例と言った、中国地下アイドルについては、日本で女性アイドルグループ最大のイベントと言われている「@JAM EXPO 2017」に、中国・上海の地下アイドルグループ「idol school(偶像学園)」が初参加する。会場は横浜アリーナ。

「idol school(偶像学園)」はモーニング娘。の元メンバーで、いまは中国に帰国しているリンリンさん(錢琳)がプロデュースしている。

中国ではEXOや、中国大陸出身で言えば「蜜蜂少女隊」のような、K-POPスタイルのアイドルグループが絶大な人気だが、「idol school」は完全に日本式のアイドルグループで、かなりマイナーだ。

上海ローカルで非常にマイナーなので、逆に、@JAM EXPOに参加できるのだと思う。

上海の日本式女性アイドルグループといえば、SNH48だが、AKB48運営会社と2016/06に決裂した後、逆に中国で知名度が急上昇、事業を拡大して、共産党の下部組織・共産党青年団から「優秀青年」として表彰されるなど、党とのかかわりも出てきた。

そのため、AKB48と決裂している事実に加えて、SNH48は日本公演がやりづらくなっているのかもしれない。

女性アイドルグループを含む、アニメ、漫画、ゲーム、コスプレなど、二次元系の日中交流や、ジェイ・チョウ(周傑倫)のようなポップス系のアーティスト、EXOのようなアイドルグループは、もしかするとファンキー末吉さんの視界に入っていないのかもしれない。

つまり、音楽を通じた日中交流は、もはや「とてつもなく大きな一歩」といったような、大げさなものである必要性が、そもそもなくなっている。

たとえば、毎年、夏冬に開催されているコミケは、のべ入場者数50万人らしいが、たぶん中国人を数えれば数千人はいそうな気がする。

いま日本に留学しに来ている中国人の若者の多くが、日本のアニメや漫画がきっかけで日本語を勉強し始めているからだ。

ところで、德雲社の今回の来日公演のエピソードとして、ファンキー末吉さんは中国人スタッフが宣伝トラックを走らせたことを書かれている。

SNH48グループは去年の夏、AKB48と決裂後、2016/07開催の第三回総選挙の前に、同じように宣伝トラックを走らせている。

日本でCDを販売しているわけでもなく、日本のメディアで総選挙コンサートが放送されるわけでもないので、この宣伝トラックはほぼ無意味だ。

それでも日本のアイドルオタクに、AKB48に対抗して存在感を見せつけてくれるところがたくましい。

根っからのロッカーであるファンキー末吉さんには、こういうサブカルチャーの日中交流が、たぶん見えていないんだろうと思う。

Tsukasa Miyazaki’s Tweet About Girls Group Is Not Defendable

Tsukasa Miyazaki, an excellent Japanese violinist, is now bashed by numberless fans of a Japanese girls idol group called AKB48 because of his tweet.
Before he appeared in a popular live music program ‘Kayokyoku’ of Tokyo Broadcasting System Television, Mr. Miyazaki tweeted his complaint by saying that he will play the violin for backing AKB48 which he instinctively dislikes.
This tweet is already deleted by himself. Here is a screen capture by somebody.
Todkm20130904a_2
This tweet is obviously offensive to this girls group AKB48. My question is why he accepted this offer if he dislikes AKB48 so terribly. If he really dislikes that kind of D-class popular music, all he should do was to discline the offer of live backing of AKB48.
The only reason I can find is ‘money’. He accepted the offer and unwillingly played the violin for AKB48 just for money.
By the way, who paid the money to him? Of course, Tokyo Broadcasting System.
Then who paid the money for making this music program? That is the sponsors. It is said that the average sponsorship for this kind of prime time programs is more than tens of millions of Japanese yen.
Why did the sponsors pay so much money for this program? That is because this program has a high viewing rate.
Why is its viewing rate so high? That is because AKB48 appeared on this program almost every week.
As you know, AKB48 exceeded the previous best sales figures of singles in Japan this year. Since their debut in 2006, the total single sales reached 21.852 million. This is Japanese record.
Girl-Group Handshake Fans Push Japanese Music Past U.S. (Jul 3, 2013 Bloomberg)
AKB48 becomes best-selling singles female artist ever in Japan (May 28, 2013 The Asahi Shinbun)
Who made AKB48 one of the best selling contents in Japanese show business? That’s millions of fans. AKB48 fans have ever paid so much money for their singles, albums, concert tickets and merchandise. The expense of fans pushed AKB48 up to one of the best selling popular music groups in Japan.
So we can summarize it like this.
Mr. Miyazaki was paid for his appearance on this program mostly thanks to AKB48 fans. The most part of his wage for this program comes from AKB48 fans.
And he bluntly despised AKB48 by tweeting “I instinctively dislike them”.
Why did he accept this offer? I would like to ask him this question again and again.
I agree that the quality of AKB48’s music is far lower than the classical music like Mr. Miyazaki usually plays.
By the way, my favorite pieces of classical music are ‘Verklaerte Nacht’ by Arnold Schoenberg, Mahler’s symphonies, J.S. Bach played by Glenn Gould, etc… However, I also enjoy the D-class popular music like AKB48 at the same time.
The most disgusting thing for me is Mr. Miyazaki’s misguided ‘elitism’.
Does he mean every idol group like AKB48 has to be eliminated just because its music quality is low? How was he qualified for annihilating the popular music of idol groups like AKB48?
I strongly doubt whether Mr. Miyazaki has ever seriously thought about what the music is for, what is the meaning of the music for ordinary people.

Mika Nakashima ‘If the World Ends Tomorrow’ : Trial English translation

Here I try to translate the lyrics of Mika Nakashima’s new single ‘If the World Ends Tomorrow’. Original Japanese lyrics is written by Katsuhiko Sugiyama.

If the world ends tomorrow
To sleep holding you this way is my best wish
I cannot help feeling sorrow
Because every little thing is worth cherish
I can’t take my eyes off you sleeping in my arms
What can I do but for saying, “I love you”?
If I still have a moment
I want to keep holding you tightly
Even gentle breeze lets flowers fall
This world must also be fragile
But in time I nearly forget
The days with you are kind of miracle
I can’t stop my eyes to drop a tear
What can I do but for saying, “I love you”?
Never promise for the future moment
Just keep holding me tightly
Nobody knows what will happen tomorrow
I cherish this moment with you enough to be in sorrow
What can I do but for saying, “I love you”?
If I still have a moment
I want to keep touching you gently
What can I do but for loving you?
Never promise for the future moment
Just keep holding me tightly

ニコニコ生放送でできるだけ安くギターの弾き語りを放送する機材一式

ニコニコ生放送で自宅からギター弾き語りぐだぐだ放送ができないかと、あまりにもヒマすぎた年末年始の6連休に思いついた。
もちろん最重要ポイントは、いかに安くすませるかだ。本当にやるかどうか分からない生放送のために、大金をかけるわけにはいかない。
インターネットでいろいろな音楽制作用機器を検索して、店頭でも迷った挙句、ようやく結論が出た。その結果、下記のセットになった。
・ARIA サイレントギター(ガット弦) Sinsonido AS-101C SBK
・Roland USBオーディオインターフェース UA-33
・audio-technica マイクアンプ AT-MA2
・音声チャット用の安いヘッドセット(ただしUSBではないもの)
・BEHRINGER ギター用エフェクター DIGITAL REVERB DR600
まずギターについては、マンション住まいなので近所迷惑を考えてサイレントギター、弾き語りの伴奏で、ピックを使ってコードをジャカジャカ鳴らすような弾き方はせず、ピックなしで分散和音を弾くだけなので、ガット弦を選んだ。

本当はヤマハ製のサイレントギターがほしかったけれど、価格がおよそ倍になるのでやめた。
次は最重要のUSBオーディオインターフェース。
昔は同じRolandから「UA-4FX」という便利な製品が出ていたが、なぜか販売終了になって、中古市場では3万円弱の高値で販売されているのであきらめた。
そこでループバック・モードがついている最安価な「UA-33」を選択した。
ループバック・モードがあれば、いざとなればパソコンでGOM Playerのボーカル消去機能をONにし、リアルタイムでカラオケ化した伴奏で歌うこともできるから。実はGOM Playerにボーカル消去機能があるのを知ったのは、つい最近なのだけれども。

次にマイクアンプ。
UA-33のマイク入力端子はXLR型コネクターだが、付属品として標準PHONEプラグへの変換アダプタが付いてくる。UA-33はオーディオインターフェースなので、入力レベルを上げればアンプとしても使えると思っていたが、ここが落とし穴だった。
手持ちのaudio-technicaのダイナミックマイク(非プラグインパワー方式)に、ミニプラグを標準プラグに変換するアダプタをかませて、UA-33に差し、入力レベルを最大にしても全く音が入らない。仕様書の規定入力レベルは-60~-30dBuなので、問題ないはずなのに。
仕方なく、かなり以前に購入したaudio-technicaの「AT-MA2」をまた引っぱり出すことになった。
このマイクアンプを通したところ、ダイナミックマイクでも、プラグインパワー方式の音声チャット用ヘッドセットのマイクでも、十分な入力レベルになった。
AT-MA2は裏面のスイッチで、プラグインパワー方式マイクの場合の電源供給の入/切を切り替えられるので便利だ。

次はヘッドセット。
なぜ普通にボーカル用マイクを使わないのかと言えば、弾き語りをすると机の上に見にマイクスタンドで置いたマイクと、口の距離が遠くなり、いちいち大きなマイクスタンドで口元にマイクを設置する必要があるからだ。
一応自立式のマイクスタンドもあるので、できないこともないのだが、狭い部屋で常時マイクスタンドを出しておくのは、とっても煩わしい。
なので、返りの音を聴けるし、マイクを口元にセットできるし、ということで、音質より利便性重視で音声チャット用ヘッドセットを使うことにした。
そこで家電量販店の店頭で、スポンジのウィンドシールド付き、かつ、周囲の音を拾わないように単一指向性、かつ、UA-33に入力するので最近増えてきているUSB接続式ではなくステレオミニプラグ、かつ、周波数特性が10,000Hzを超えるもの、という条件でいろいろ探した。
ところが、この4つの条件をすべて満たすヘッドセットは、ヨドバシカメラ錦糸町店には存在しなかった。仕方なく無指向性よりはマシだろうと思い、双指向性で妥協した。

最後に、エフェクトをどうするか。
Roland UA-33には音楽制作ソフト「SOLAR X1」の限定版が付いてくる。限定版とは言え、これを使えばエフェクトは自由自在にかけることができる。
具体的には、プロジェクトを新規作成し、Audioトラックを2つ作り、1つをUA-33のマイク入力、もう1つをUA-33のギター入力に割り当て、ミキサー側でエフェクトをかけ、パソコンのサウンド設定の「再生」をUA-33の「IN」にしてやる。
そして、UA-33のPHONE出力端子にヘッドホンをつなげば、「SOLAR X1」のエフェクトがきれいにかかった状態のミックス後の出力をモニタできる。SOLAR X1を使えば、ボーカルとギターそれぞれに異なるエフェクトをかけられるので、完璧といえば完璧だ。
しかし、SOLAR X1 LEのようなソフトウェアでエフェクトをかけると、自分の演奏とモニタ音声がどうしてもズレてしまうので、生演奏には適さない。パソコン経由ではなく、UA-33で直接出力を返すこともできるが、当然これではエフェクトなしの生音しかモニタできない。
これでもSOLAR X1 LEで音を作っておいてから、あとは生音のモニタで生演奏すればいいのだが、どうも気持ち悪い。
そこで仕方なく楽器屋に行って、ギター用のエフェクタを探すことにした。実際にはボーカル用のエフェクタや、マルチエフェクタもあるが、値段が1万円を超えてしまう。
また、ボーカルとギターに別々のエフェクトをかけることや、リバーブ以外のエフェクトはあきらめ、ボーカルとギターに同時にリバーブをかけることだけを考えて、ベーリンガーのDIGITAL REVERBを購入した。
このエフェクタは入力×2、出力×2なので、ボーカルとギターに同じリバーブをかけることができる。そんな安直な考え方でいいのかと言われそうだけど、お金がないんだから仕方ない。
しかし、実はRoland UA-33を買うのと同じ金額で、ベーリンガーのエフェクタ内蔵、USB端子付きアナログミキサーが買えることを知った。しかも錦糸町の島村楽器に現物が展示されているではないか。

ただ、このミキサーを使いこなす自身がなかったので、まあいいかと思って、ギター用のDIGITAL REVERBエフェクタで満足することにした。
このエフェクタはAC電源アダプタが別売りなので、忘れずに購入する。また、エフェクタの出力×2とUA-33のマイク入力、ギター入力を接続するためのパッチケーブルも忘れず購入する。
以上でリアルタイムでエフェクト付きの返りをモニタできる環境がととのったことになる。
結線をまとめると下記のとおり4種類となる。
ボーカル:ヘッドセット マイク出力
⇒ AT-MA3 ステレオミニプラグ入力(プラグインパワーON)
⇒ AT-MA3 RCA(赤白)出力をステレオ標準プラグへアダプタで変換
⇒ DIGITAL REVERB 入力1
⇒ DIGITAL REVERB 出力1
⇒ UA-33 マイク入力(ファンタム電源はOFF)
ギター:サイレントギター
⇒ DIGITAL REVERB 入力2
⇒ DIGITAL REVERB 出力2
⇒ UA-33 ギター入力(ハイ・インピーダンスをON)
モニター:UA-33 PHONE出力端子(ステレオミニプラグへのアダプタが必要)
⇒ ヘッドセット ヘッドフォン入力
パソコンとの入出力:UA-33(USB端子)
⇒ パソコン USB端子
以上で、音量もエフェクトもすべてダイヤルで調節するという、なんともアナログで低予算なギター弾き語りニコニコ生放送用PAのできあがり。
で、いつ生放送するんだ?
やるとすればこちらです⇒「歌うペンギンのgdgdひとりカラオケor弾き語り(超過疎)」コミュニティ