音楽」カテゴリーアーカイブ

荒井由実1970年代名曲のコード譜へリンクを張るだけの記事

個人的に荒井由実(松任谷由実)の”鬱曲”と勝手に名付けた名曲集の、コード譜へのリンクを張るだけの記事。

リンクは「白い朝まで」を除きU-FLETへのリンク。

「白い朝まで」のみ「ユーミンコード進行bot」(Twitter)さんへのリンク。


「ひこうき雲」(『ひこうき雲』1.)

「空と海の輝きに向けて」(『ひこうき雲』4.)

「ベルベット・イースター」(『ひこうき雲』6.)

「雨の街を」(『ひこうき雲』8.)

「そのまま」(『ひこうき雲』10.)

「生まれた街で」(『MISSLIM』1.)

「瞳を閉じて」(『MISSLIM』2.)

「海を見ていた午後」(『MISSLIM』4.)

「魔法の鏡」(『MISSLIM』7.)

「たぶんあなたはむかえに来ない」(『MISSLIM』8.)

「私のフランソワーズ」(『MISSLIM』9.)

「旅立つ秋」(『MISSLIM』10.)

「航海日誌」(『COBALT HOUR』6.)

「朝陽の中で微笑んで」(『14番目の月』4.)

「何もなかったように」(『14番目の月』6.)

「晩夏(ひとりの季節)」(『14番目の月』10.)

「9月には帰らない」(『紅雀』1.)

「白い朝まで」(『紅雀』8.)

Studio One Freeの便利なショートカットまとめ(Windows)

自分のためのメモとして。

再生・中断:「スペース」
再生中のゼロに戻す:「,(カンマ)」
自動スクロール:「F」
(再生中にカーソルに追随して画面を横スクロールさせる/させないのスイッチ)
小節単位の前後移動:「Shift」+「-」/「+」
コピー・ペースト:Windowsと同じ
元に戻す:Windowsと同じ
横方向縮小・拡大:「W」/「E」
縦方向縮小・拡大:「Shift」+「W」/「E」
次の1小節にコピー:「D」
ミックスダウン:「Ctrl」+「E」
ピアノロールの表示/非表示:「F2」

ファンキー末吉さんに見えていないかもしれない日中交流

たまたまファンキー末吉さんのブログにあるこちらの記事「中国人による中国人のための中国人のコンサートin東京」を目にした。ツイッターのタイムラインで流れて来たためだ。

中国の伝統芸能である相声の德雲社が来日公演を行ったことは、ウェイボー(新浪微博)の段文凝さんのツイートで知っていた。

ファンキー末吉さんのこの記事は、20年前のアジアブームのとき、中国語圏で人気のアーティストは、どんどん海外進出しているのに、いまだに日本では、レコード会社の「演歌班」あつかいであることを嘆いていらっしゃる。この点は激しく同意。

ただ、今回の德雲社がキャパ5,000人の会場をほぼ中国人だけで満員にしたことが、日中交流の上でとてつもなく大きな一歩だと書いていらっしゃるが、この点は同意できない。

F4やジェイ・チョウ(周傑倫)などポップス系アーティストや、EXOなどの中国人メンバーがいる男性アイドルグループ、中国大陸の地下女性アイドルの動向が、すっぽり抜け落ちているからだ。

中国地下アイドルはやや極端な事例としても、台湾の男性アイドルグループ「F4」と、C-POP界で圧倒的な影響力をもつジェイ・チョウ(周傑倫)が、2008年来日してコンサートを開催している点に言及がないのは、かなり違和感がある。

また、中国、韓国、日本でいま大人気の韓国男性アイドルグループEXO(エクソ)には、ルハン(鹿晗:北京出身)、レイ(張藝興:湖南省出身)という2人の中国人メンバーがいる。

日本公演にも参加したことがあり、EXOの日本公演の会場は、東京ドームなどのクラスだ。

そして、極端な例と言った、中国地下アイドルについては、日本で女性アイドルグループ最大のイベントと言われている「@JAM EXPO 2017」に、中国・上海の地下アイドルグループ「idol school(偶像学園)」が初参加する。会場は横浜アリーナ。

「idol school(偶像学園)」はモーニング娘。の元メンバーで、いまは中国に帰国しているリンリンさん(錢琳)がプロデュースしている。

中国ではEXOや、中国大陸出身で言えば「蜜蜂少女隊」のような、K-POPスタイルのアイドルグループが絶大な人気だが、「idol school」は完全に日本式のアイドルグループで、かなりマイナーだ。

上海ローカルで非常にマイナーなので、逆に、@JAM EXPOに参加できるのだと思う。

上海の日本式女性アイドルグループといえば、SNH48だが、AKB48運営会社と2016/06に決裂した後、逆に中国で知名度が急上昇、事業を拡大して、共産党の下部組織・共産党青年団から「優秀青年」として表彰されるなど、党とのかかわりも出てきた。

そのため、AKB48と決裂している事実に加えて、SNH48は日本公演がやりづらくなっているのかもしれない。

女性アイドルグループを含む、アニメ、漫画、ゲーム、コスプレなど、二次元系の日中交流や、ジェイ・チョウ(周傑倫)のようなポップス系のアーティスト、EXOのようなアイドルグループは、もしかするとファンキー末吉さんの視界に入っていないのかもしれない。

つまり、音楽を通じた日中交流は、もはや「とてつもなく大きな一歩」といったような、大げさなものである必要性が、そもそもなくなっている。

たとえば、毎年、夏冬に開催されているコミケは、のべ入場者数50万人らしいが、たぶん中国人を数えれば数千人はいそうな気がする。

いま日本に留学しに来ている中国人の若者の多くが、日本のアニメや漫画がきっかけで日本語を勉強し始めているからだ。

ところで、德雲社の今回の来日公演のエピソードとして、ファンキー末吉さんは中国人スタッフが宣伝トラックを走らせたことを書かれている。

SNH48グループは去年の夏、AKB48と決裂後、2016/07開催の第三回総選挙の前に、同じように宣伝トラックを走らせている。

日本でCDを販売しているわけでもなく、日本のメディアで総選挙コンサートが放送されるわけでもないので、この宣伝トラックはほぼ無意味だ。

それでも日本のアイドルオタクに、AKB48に対抗して存在感を見せつけてくれるところがたくましい。

根っからのロッカーであるファンキー末吉さんには、こういうサブカルチャーの日中交流が、たぶん見えていないんだろうと思う。

Tsukasa Miyazaki’s Tweet About Girls Group Is Not Defendable

Tsukasa Miyazaki, an excellent Japanese violinist, is now bashed by numberless fans of a Japanese girls idol group called AKB48 because of his tweet.
Before he appeared in a popular live music program ‘Kayokyoku’ of Tokyo Broadcasting System Television, Mr. Miyazaki tweeted his complaint by saying that he will play the violin for backing AKB48 which he instinctively dislikes.
This tweet is already deleted by himself. Here is a screen capture by somebody.
Todkm20130904a_2
This tweet is obviously offensive to this girls group AKB48. My question is why he accepted this offer if he dislikes AKB48 so terribly. If he really dislikes that kind of D-class popular music, all he should do was to discline the offer of live backing of AKB48.
The only reason I can find is ‘money’. He accepted the offer and unwillingly played the violin for AKB48 just for money.
By the way, who paid the money to him? Of course, Tokyo Broadcasting System.
Then who paid the money for making this music program? That is the sponsors. It is said that the average sponsorship for this kind of prime time programs is more than tens of millions of Japanese yen.
Why did the sponsors pay so much money for this program? That is because this program has a high viewing rate.
Why is its viewing rate so high? That is because AKB48 appeared on this program almost every week.
As you know, AKB48 exceeded the previous best sales figures of singles in Japan this year. Since their debut in 2006, the total single sales reached 21.852 million. This is Japanese record.
Girl-Group Handshake Fans Push Japanese Music Past U.S. (Jul 3, 2013 Bloomberg)
AKB48 becomes best-selling singles female artist ever in Japan (May 28, 2013 The Asahi Shinbun)
Who made AKB48 one of the best selling contents in Japanese show business? That’s millions of fans. AKB48 fans have ever paid so much money for their singles, albums, concert tickets and merchandise. The expense of fans pushed AKB48 up to one of the best selling popular music groups in Japan.
So we can summarize it like this.
Mr. Miyazaki was paid for his appearance on this program mostly thanks to AKB48 fans. The most part of his wage for this program comes from AKB48 fans.
And he bluntly despised AKB48 by tweeting “I instinctively dislike them”.
Why did he accept this offer? I would like to ask him this question again and again.
I agree that the quality of AKB48’s music is far lower than the classical music like Mr. Miyazaki usually plays.
By the way, my favorite pieces of classical music are ‘Verklaerte Nacht’ by Arnold Schoenberg, Mahler’s symphonies, J.S. Bach played by Glenn Gould, etc… However, I also enjoy the D-class popular music like AKB48 at the same time.
The most disgusting thing for me is Mr. Miyazaki’s misguided ‘elitism’.
Does he mean every idol group like AKB48 has to be eliminated just because its music quality is low? How was he qualified for annihilating the popular music of idol groups like AKB48?
I strongly doubt whether Mr. Miyazaki has ever seriously thought about what the music is for, what is the meaning of the music for ordinary people.

Mika Nakashima ‘If the World Ends Tomorrow’ : Trial English translation

Here I try to translate the lyrics of Mika Nakashima’s new single ‘If the World Ends Tomorrow’. Original Japanese lyrics is written by Katsuhiko Sugiyama.

If the world ends tomorrow
To sleep holding you this way is my best wish
I cannot help feeling sorrow
Because every little thing is worth cherish
I can’t take my eyes off you sleeping in my arms
What can I do but for saying, “I love you”?
If I still have a moment
I want to keep holding you tightly
Even gentle breeze lets flowers fall
This world must also be fragile
But in time I nearly forget
The days with you are kind of miracle
I can’t stop my eyes to drop a tear
What can I do but for saying, “I love you”?
Never promise for the future moment
Just keep holding me tightly
Nobody knows what will happen tomorrow
I cherish this moment with you enough to be in sorrow
What can I do but for saying, “I love you”?
If I still have a moment
I want to keep touching you gently
What can I do but for loving you?
Never promise for the future moment
Just keep holding me tightly